上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに歌のレッスンへ

(といってもサボっていたわけではなく超多忙な先生と私の日が合わなかっただけですが)

前回が12月だったので3ヶ月近く開いたことになります。

昨日も仕事を終えて7時からの神戸での研究会にダッシュで向かい(15分遅刻)

帰ってきてさあ練習と意気込むも

とりあえずとまずピアノ弾いてから、とのことで

深夜に練習(1回だけ通しで)

ただ前回のレッスンで丸がもらえた曲がなく譜読みはなし(しめしめ)

と今度もほとんど練習せずにレッスンへ。

あまり練習できてなくてもレッスンにいけるのが声楽のいいところです。

(ピアノではありえない)

去年私が伴奏を勤めたEちゃんは全く家で練習しないでレッスンに行くという(この情報はほんとらしい)。



とりあえずコンコーネ50番の7番から

この曲は高声用ではGdurで始まって途中で転調し

17小節目でまたGdurに戻りますが

その前の16小節の伴奏なしのメロディー Cis C AのC の音でGdurを感じておいて

17小節のGの音で帰ってきたことを意識した音作りをすると

曲が立体的に音楽的になるとのこと。(確かに無意識に歌いすぎ~)

続く8番は声が出た後の腹筋の使い方がまだ足りなくて棒になるところを指摘されました。それでも2曲ともあがり。

イタリア歌曲(変奏つきバージョン)は

2曲とも変奏が下手でまたまた持ち越し。

元歌を意識して歌ったつもりですがまだまだ精一杯歌ってるだけで

音楽に聞こえないとの理由で。

今日先生と話していてなるほどと思ったこと

歌は歌詞が付いているのでそれだけで表現しているつもりになりやすい。

歌詞なしの状態で歌ってみて音楽になっているかどうかを確認する作業が必要とのこと。

コンサートでもプログラムの歌詞や解説を最初に読まずに先入観なしに音楽を聞いて

まずどういうふうに感じるか

そしてそのあとから歌詞を読んで自分の感じ方と合うかどうかを考える。

そういう聞き方をするといろいろなことが見えてくるといったような内容でした。



パーセルの歌曲は

1曲あがり、1曲持ち越し

大好きな I attempt  from Love's sickness

があがっちゃいました。次回は久しぶりに新曲です。





午後からとある会で

なんと小学校時代の塾の友人に○十年ぶりに再会

本当にびっくりしました。


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/96-1cee8c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。