上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月初旬とは思えない暖かさ!

いつものように美しい山を横目にレッスンに行ってきました。

今日はベートーベンの32の変奏曲から弾きました。

いよいよ終盤、28変奏から32変奏までを弾きました。

28変奏、現在の先生に変わってからすでに数年が経過しているので

最近はレッスンで言われるであろうことがある程度予想できるようになって来ました(考えもしなかったことを言われることも多々ありますが)。

この変奏では絶対言われるであろう事が2つありました。

右手は伸びやかに(伸びる音で)弾く。

左手はなにげに難しい、なにげに超絶技巧

(跳躍後の音が強くならない、跳躍でリズム乱れない)

と予想し練習したはずでした。

そしてだめ出しもそこから始まりました。

でも伸びやかに練習したつもりがまだまだでした。

せっかく予想して練習してきたのに(テストの山を当てたような気分なのに)

山が当たっても答え間違ったみたいな気分です。

左手、予想していなかった指使い

5121 5125 5125

と弾いていったのですが

5121 4121 4121

に直されました。

5で弾いた音が1小節伸びているような気持ちで弾くための指使いと教わりました。その方が1小節を一つと感じやすいということで。

29変奏

数日前までペダルつきで弾いていたのに

数日前にやっぱりない方がいいと考えペダルなしで弾きましたが

あったほうがいいと

エネルギーをもっと感じてとのこと

30変奏

音が少ない曲

思い切り歌いたいと思おうとテンポが遅れると指摘。

極力テンポは保つようにと

イ音がはっきりしているのでちゃんと感じて弾いたつもりですがもっと深くと。

31変奏

右手のリズム

上向きの音と下向きの音のことなど

32変奏

クレッシェンドは最初からやり過ぎない。

途中から重くならない。気楽な音にならない。

19小節からのイ音と解決の関係をもっとはっきりする。

スラーでつながっている音をすべて12で弾くと言う方法を教わりました。

これだと1で深く入り2で抜けるので。

ただ1で黒鍵を弾くところがあるので私は不得意です。

全体にちょっと安全運転のように聞こえ重すぎると言うことでした。

じゃあ次回は全曲弾いてきてください、と恐れていたいつかは来る日を迎えてしまいました。

次にラフマニノフ楽興の時4番を弾きました。

かなり練習したのに全然楽になりません(特に左手)。

弾いている方もしんどいし、聴く方も疲れてしまいそう。

最近ひそかに発表会の曲変えようかと思っています。

ラフマニノフに熱烈ラブコールを送ってるのに振り向いてくれないといった感じです。ラフ様、少しでもこっちを向いてって思います。

今日は左手の弾きかた中心にレッスンしてもらいました。

変えるなら早く決めた方がいいし、もう少しあがいてみたい気もするし複雑です。



今日はレッスン室で久しぶりにYさんにお会いしました。

少しですが彼女の演奏も聴いちゃいました。

お会いできてうれしかったですよ。


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
なんとなくお会い出来そうな予感はしてたものの、本当にお会い出来て嬉しかったです!!
「ジンクスが・・・」とか言った時、先生も一緒に笑ってはったんですけど・・・絶対意味わかってないはず(笑)

あの後、玄関に居座ってちっこい子たちと遊んで、ドア開けたら「おー! まだおったんかぁ!!」っていうのも面白かったかなぁ~とちょっと後悔(?)
2007/03/06(火) 12:38 | URL | Y #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/94-d580544f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。