上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


姑が亡くなりました。



恐ろしく近代化された斎場で

棺がオートマティックに扉の向こうに引き込まれ

ドアが閉められます。



私たちはこのドアが閉まるまで

こちらの世界で頑張って生きることが求められます。



お骨上げの時にはどうしてもまだ30代の若さで亡くなったいっしんのお骨上げが思い出されます。

身内でもないのにお骨上げまでお付き合いしたのはあの時が初めてでした。

あの時は斎場の煙突から立ち上る煙を見て“天に召された”感がふつふつと沸いてきましたが

ハイテクの斎場では煙突もなく全てがマニュアル通りにすすめられていました。

次から次へと運ばれてくるお棺

あちこちからいろいろな宗派のお経が聞こえ

遺族の列が移動していきます。



人はいつか必ず死ぬということは頭では良く理解しているはずなのですが

やはりこういう場所に来ると生と死について考えてしまいます。




スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
入院されたのは1年ほど前でしたね。ご冥福お祈り申し上げます、
2011/09/25(日) 23:55 | URL | おひさしブリ子 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/888-f0f71991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。