上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もびわ湖ホールまで行ってきました。

今日も男性主要パート二人が代役

フローレスのアルトゥーロが聴けるはずだったのにかなわず。

その代わりと言ってはなんですが

エルヴィーラ役を歌ったソプラノのランカトーレという方が非常に素晴らしかったのです。

まだまだお若い方ですが

技巧的にも感情表現も声の美しさも最高でとっても美しいコロラトゥーラでした。

清教徒のオペラと言えば

知っているのはこの2曲だけですが

http://www.youtube.com/watch?v=8_POMJVNNKY&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=s7VDaVEyG3M&feature=related

この美しいアリアがこんな悲しい場面で歌われる曲だとは今日まで全く知りませんでした。

ランカトーレの歌を聴きながら久しぶりに泣いてしまいました。

感動的にこの2曲を歌い上げ

超絶技巧の2曲目も軽々とさらにヴァリアンテを加えてしまう凄さ。

狂人を演じながら鬼気迫るものがありました。



やっぱり声は最高の楽器であることを再認識した次第です。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
オペラづいてますね。
声楽をされていると、歌い手さんの妙技の凄さ、よくわかりそうですね。

あと、本題に関係ないコメントでごめんなさい。
この日はニアミスだったのですね。
aizankeiさんが楽しまれてる頃、浜大津にいましたよ。
2011/09/15(木) 23:19 | URL | そらみみ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/886-85bc4c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。