上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日毎日、被災地で被災者のために眠る時間も削って働いておられる自衛官、警察官、消防隊員、行政関係者をはじめとして多くの方に敬意を表したいと思います。

福島原発に命がけで放水作業を行って下さった方たちにも敬意を表したいと思います。

また被災地にあって自ら被災しながらも医療活動を休む間もなく行っておられる医療関係者の皆様にも敬意を表します。



しかし確認もなくこんな報道がされました。



高齢者残し、医師ら避難か=原発圏内の病院-福島

事故が相次ぐ福島第1原発(福島県大熊町)の10キロ圏内にあり、避難指示が出た同町の双葉病院で、患者を避難させるため自衛隊が到着した際、病院内は高 齢の入院患者12 8人だけで、医師や病院職員らがいなかったことが17日、分かった。県災害対策本部が明らかにした。

同病院の患者のうち14人は、避難途中や避難先の県立いわき光洋高校(いわき市)で死亡した。

対策本部によると、官邸危機管理センターは14日未明、原発の10キロ圏内に取り残された住民について「明け方までに避難させること。避難しない場合は責任を取れない」と 県に指示したという。

県は自衛隊に救助を要請。隊員が15日、双葉病院に向かったところ、300人を超える患者のうち、寝たきりの高齢者ら128人が病院にいたが、病院関係者はいなかったとい う。

自衛隊は16日までに、バス3台を使って病院から搬出。被ばく状況を調査した上で、避難所に移動させた。

県の担当者は「病院職員がいないことはあり得ない。放棄ととられても仕方がない」と批判。同病院を運営する医療法人「博文会」関係者は取材に対し、「理事長と連絡が取れず 、事実関係は分からない」としている。(2011/03/17-19:04)



しかしこれは事実誤認です。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.kotono8.com/2011/03/18futaba.html



被災地で頑張っている医療者の方々への名誉棄損であり報道姿勢に疑問と言うか悪意まで感じてしまうのは私だけでしょうか。



スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
こんばんは。

マスコミの性質の悪さは何も今回に始まったことではありませんよ。阪神淡路の際にも県や市町村の方が頑張っていたのに,誤った情報を流して,彼らに更に多数のクレームの電話対応をさせる結果になっています。

国の記者会見などを見ていても,コメントの一部を切り取って恣意的に誤解を生むように改変するというマスコミ関係者の質の悪さが顕著に現れているように思います。

何様のつもりなのか知りませんが,事実確認すらきちんとできないばかりか,害意のある報道が数多くなされています。これで表現の自由を語るのですから,馬鹿にしていると思いますね。

事実のみをありのままに正確に報道しているのは,NHKくらいのものじゃないですかね。
2011/03/19(土) 23:00 | URL | NY #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/826-c267c50a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。