上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約1か月後に迫った芸文コンサートに備えて

今日はベーゼンドルファーのあるミニホールでの練習会

ドキンちゃんのお世話で

Kateさん、ポプラさん、私、遅れてぷーりんさんジュニアという顔ぶれ

順番に弾いていきます。

ベーゼンドルファーは重厚で渋い音ですが

ちょっと弾きにくくて最初は戸惑いながら探りながら弾きます。

みんな芸文の曲をひたすら弾いていきます。

カレポロ、バラ1、バラ3、スケ3

頭の中がショパン一色に染まりそうです。

途中ホールを出た時に気付いたのですが

このピアノはホール内より外の方がきれいに聞こえます。

というか

ピアノに比べてホールのキャパが小さすぎるのかもしれません。

時間が余ったので

最後の1回はみんな違う曲を

私はシマノフスキーとベートーベンを弾いてみましたが

このピアノとの相性はベートーベンが一番良いような気がしました。

最後はプーリンさんジュニアの ショパンの華麗なる変奏曲で締めていただきました。

さすが毎年金賞を受賞されている実力者です。

締めにふさわしい演奏をありがとうございました。



練習会後はバイキングへ直行

お腹はち切れそうなほど食べちゃいました。

お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。









スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/752-5729e889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。