上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も暑そう

と言うことで予定を変更して滋賀県立美術館へ向いました。

常設展示と特別展示 ”ロトチェンコ+ステパーノワ─ロシア構成主義のまなざし”を見てきました。

はっきり言って私はそれほど絵に興味はないのですが

美術館は涼しそうでいいなあと言うことで皆の意見に賛同してついていきました。

午後は講演会「ウラジーミル・マヤコフスキーとロシア・アヴァンギャルドの運命」がありました。

ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」の新訳やロシア・アヴァンギャルド研究で知られる亀山郁夫氏の講演で偶然この場に居合わせたラッキーに感謝しました。

会場は満員、ロシア文学ブームと言われて久しいですが熱心な聴衆ばかり。

亀山先生の講演も私の全く知らない世界の話でしたが

引き込まれ最後までとても楽しめました。

夜は神戸に帰って

同級生による同級生のための講演会

多くの同級生に会ってさらにパワーアップして帰って来ました。







スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/717-f0626836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。