上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月に実家にあった本を借りてきました。

登山家山野井泰史さんの“垂直の記憶”という本です。


山野井泰史さんは無酸素で8000m級の山に登る世界でも有数の登山家です。

2002年秋、ヒマラヤのギャチュンカン北壁の単独登頂に成功されました。しかしその帰路に雪崩に遭い奇跡とも思える生還を果たされましたが重度の凍傷のため両手及び右足の指計
10本を失いました。

山野井さんのすごいところは

それからまたなくした指でトレーニングを始められ

2005年にはボタラ北壁完登を果たされました。

http://www.evernew.co.jp/outdoor/yasushi/yasushi1.htm


世の中にはすごい人はいっぱいいますが

この人は本当にすごいの一言です。

他に言葉が見当たりません。

この本は7章で世界の難関と言われる山の登頂記録が記されていますが

第7章ギャチュン・カン北壁の記録はすさまじいです。

夫妻で何回も雪崩に巻き込まれ

悪天候の中、最後はほとんど飲まず食わず

というかもはやからだが何も受け付けず嘔吐しながら

一時は視力まで失いながらも奇跡的に生還されました。

ザックを担ぐ体力も無くなり

最後の日はツエルトもシュラフも無いビバーグ!

二人で胃液を吐いている、と淡々とした筆致

死と隣り合わせと言うか

もうすでにからだの一部が死んでいる状態とも言えます。

生への執着が生還させたのか?

しかし本の中で彼は

自分は山で死んでもよい人間の一人と語っています。

多くの著名な登山家は山で死んでいますが

彼も 覚悟が出来ている と毅然と言い放っています。














スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
私も、垂直の記憶はもっています。山野井さんはすごいですね。丸山直樹さんが書かれた「ソロ」も山野井さんを客観的に描写していて興味深かったです。単独、アルパインスタイル。本当にすごい人です。山野井氏が高校を卒業していったアメリカのヨセミテに私も学生のとき、観光でいったことがありますが、(スタンフォードに短期留学したとき)すごい岸壁がそびえたっていました。単独行というのは実力がないと、生死の問題に山ではすぐ発展してしまいます。その中で、8000メートル無酸素登山をしてきた山野井氏には敬意をもっています。一番好きな登山家です。
2007/08/31(金) 22:18 | URL | aizankei #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/69-bc22c6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。