上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芸文までPAC(兵庫県芸術文化センター管弦楽団)の演奏会に行ってきました。

今日のプログラムは



モーツアルト ピアノ協奏曲第22番

バッハ バイオリン協奏曲第1番

モーツアルト 交響曲41番 ジュピター



ピアノソロは ベルリン時代から安永氏と協演されている市野あゆみさん

バッハのソロはもちろん安永氏ですが

びっくりしたのは今日の演奏会は指揮者がいないという事です。

しかもピアノ協奏曲はピアニストの弾き振りではなく

コンサートマスターを務められた安永氏の弾き振りです。

今日のお目当ては安永氏のソロですが

市野氏のピアノもすばらしかったです。

バッハのバイオリン協奏曲は特に3楽章が良かったです。

安永氏とオーケストラのテンポ感が微妙に違うところがあるのではと感じられるところもあって

やはり指揮者がいた方がいいのではと思ってしまいました。

ジュピターは大好きな曲です。

音楽が進んで行くほど熱気に包まれ会場全体が熱く一体になっていました。

安永氏の挨拶でも

若いエネルギーに圧倒されました。エネルギーやインスピレーション、そして集中力のせいでこのようなすばらしい演奏が生まれた。

という内容で

若いオーケストラのこれからの可能性を感じさせる演奏でした。

アンコールは

ウォーロック キャプリオル組曲から第5番

 


ウォーロックについては全く知りませんでしたが

とても暖かい音楽でこのキャプリオル組曲も中世のダンスのためのリュート組曲を原典に作曲されて物らしいです。

思わず帰りにCD買ってしまうほど良かったです。

ウォーロックについてはこちらをご覧ください。

http://www.peterwarlock.org/



キャプリオル組曲4~6

http://www.youtube.com/watch?v=G25Ezx_R_lg



スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/672-41f39df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。