上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイミクの皆さんの日記で何回も登場されているディーナ・ヨッフェ氏のリサイタルに行って来ました。

数日前今日のリサイタルのことを知り

当日券もまだあるとのことで余裕かと思ってたら

結構残席少なくあせりました。



ショパンイヤーという事でショパンプロジェクトという企画

今年は芸文にショパン弾きが大挙して押しかけています(必見!必聴!)



今日のプログラムもオールショパン

前半は

ノクターン OP15-1

ソナタ3番

後半は

即興曲1番4番

マズルカ OP59 OP67

バラード4番



アンコールは

バッハパルティータ2番からサラバンド

そしてショパンに戻ってノクターンのOP55-1

でした。



まず

音が美しかったですね。

やわらかいのに もにょもにょ こもった音でなくって

明るく暖かい感じであふれていました。



どの曲もすばらしかったのですが私は

ピアノソナタ3番

バラード4番

美しすぎて絶句です。



アンコールのバッハも良かった。

家に帰って一番にパルティータの楽譜を出して弾いてみました



上手な人の演奏を見ていると

簡単そうに見えて自分にも弾けるんじゃ?と思わせられます。

今まで何度だまされたか!



でも今回もだまされましょう。

ソナタ2番か3番弾いたら?

と言われていますが

やっぱり3番にしよう!

と思いました。

2番は

キライじゃないけど

3楽章は葬送だし

4楽章はわけわからないし・・

ちなみに

今日の連れは

大学受験時

お姉さんが大学の卒業演奏でこの2番を選んで

延々と練習するので

この曲が嫌いになったと話しておりました。

あとバラード4番も永遠の憧れの曲です。

やっぱり弾きたい!



コンサートのあと元町のヤマハに立ち寄って

その後なんとなく吸い寄せられるように中華街に

今日は和食にしよか と言っていましたが

久々中華も美味しかったです。



ちなみにショパンプロジェクト

このあとは

5月26日 ダン・タイ・ソン ← 平日7時はきびしい~

5月30日 クリスチャン・ツイメルマン 完売

6月26日 仲道郁代 完売

9月25日 シプリアン・カツアリス

10月17日 仲道郁代

10月23日 アレクサンダー・コブリン 小林愛美

と続きます。





スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
ヨッフェ先生 優しい 珠玉の音色でした。

ソナタ3よかったですね バラ4もよかった

ショパンプロジェクトに 11月のショパニスト関西が載ってないと 怒っていたたけちゃんでした。(笑)
2010/04/29(木) 22:39 | URL | たけちゃん #79D/WHSg[ 編集]
No title
ヨッフェ先生、評判どうりの演奏で
バラ4は本当に背筋ゾクゾクものでした。

あの美しいバッハにも打ちのめされました。
名古屋、東京ではバッハも弾かれるようですね。
2010/04/29(木) 23:09 | URL | p子 #79D/WHSg[ 編集]
No title
行くかどうか・・迷った結果、今回見送りました。
行けばよかった・・。
今回は、コブリンと関本昌平さん、仲道郁代さんのショパンを聴きましたが・・・。
私はコブリンさんが好きなので、10月を楽しみにしております。
仲道さんのショパンはクセがありすぎで・・・。
あまり好きな演奏ではありませんでした。
2010/04/29(木) 23:24 | URL | おんぎい #79D/WHSg[ 編集]
No title
昨日はお会い出来て嬉しかったです。
今度はピアノの会でお会い出来たらな・・と思います。

あの暖かい音色はお人柄も反映されているんでしょうかね(^^)
2010/04/30(金) 12:42 | URL | バルカローレ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/668-9cbf5ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。