上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の初レッスンですが

前回レッスンから一週間でしかも実家に3日帰っていたので練習があまりできていませんが、とりあえず出かけました。





今日もツエルニー8小節から弾きました。

今日は26から30番まで

今日も全部上がりました。

どこまでやりますか?まだやりますか?

と聞かれて

どっちでもと適当な答えを

子供のころはツエルニーが大嫌い

100番、30番、40番、50番の真ん中くらいまでやりましたが

いい思い出はなく

弾けなくてしかられていたことばかり思い出します。

今は8小節ですし

分析も一緒に教えてもらえるしそんなに嫌いではないのですが

もうそろそろと言われてしまいました。

それで全部することないから後は抜粋でと言うことになりました。

残った中から10曲ほど選んでもらって

これ終わったら次の練習曲にしましょうと言われました。

ショパンに戻ったらいやだな

10-4も10-11もすごく苦労したのでまだツエルニーのほうが気楽でいいのに・・とか思ってしまいますね。



次にベートーベンの32のバリエーションを変奏1から8まで弾きました。

8×4=32 と言う計算です。

一応これも発表会の候補曲ですが

字面(譜面)より弾いて見ると難しいです。

いかにも難しいところと

地味に難しいところが随所にあります。

でもとっても美しい曲で気に入っています。

きれいに弾けたら発表会これでもいいかも?とひそかに思っています。

(長いのがちょっといや)

変奏1,2の同音連打を普通は1,2の指使いで弾きますが(ヘンレ版もそうなっている)先生は3だけで弾くように言われます。

特に左が難しいです。

教えてもらった練習法は

はすに構えて適当にいい加減に練習するというユニークなもの

前にオクターブの連打の時にもそういう練習を勧められました。



次に月光の1,2楽章を弾きました。

前回バッハが上がったのでちょっとバッハ休んでる間に月光をと言うことになったのでした。

レッスンもしてもらって次は3楽章をと言われたのですが

良く考えたら発表会の曲の譜読みをすすめないともうやばいかも

と言うと

それもそうかもということに

なんせ譜読み遅い(しかも間違い多い)

暗譜も遅い

のでとにかく早く譜読みを終えて曲を決めたいのです。

今一番弾きたいのはラフマニノフの楽興の時4番でそれを言って

弾けるでしょうか?

と問うと

3ヶ月くらいレッスンしてだめなら他にしたらと言われました。

それはその時のダメージ大きすぎなので

だめだった時の滑り止めも読まないといけないし

とても時間がないので

ラベルと月光は後でもいいですか?

と質問形の宣言をしてきました。

あとシューマンのソナタも候補であげてもらいました。

昨日買って来て楽譜だけちらっと眺めました。

これも素敵な曲だと思います。



スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/66-72b45245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。