上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンクーバーオリンピックもあっという間に終わっちゃいました。

いろいろ見所はあったのですが

なんといっても

浅田真央選手とキムヨナ選手の対決

これは見ごたえありました。

採点についていろいろなブーイングもあったものの

今までこれほどれベルの高い争いがあったでしょうか?



浅田真央選手はこの1年ほどとても苦しそうで見ているのもつらかったです。

最後の最後にオリンピック代表を掴み取って本番でトリプルアクセルを決める。

心からすばらしいと思いました。



選考会で不調な頃

解説者が

”無心で跳んでいた頃の気持ちで跳んでほしいですね”

などど無邪気に言っておりましたが

無心でどうやったら跳べるのか ちゃんと考えて喋ってるのか?

と突っ込みたくなりました。

無心になるほど難しいことはありません。



ちなみに無心で跳んでいた頃の真央ちゃんの映像です。

http://skating.livedoor.biz/archives/50693589.html

2005年のグランプリファイナル優勝の時の映像

もう跳べちゃって跳べちゃって、うれしくってうれしくって

と言う表情です。

見ている方まで楽しくなります。

まだ優勝とかオリンピックとか頭の中にない頃の彼女

そして

当然の結果として勝つことによって

本人も回りも金メダルを意識することになるのです。

15歳で優勝した時まだ子供だった心も体も

大人になることで無心ではいられないはずです。

どうしても勝ちたいはずです。



昨日の山本貴志氏のリサイタル

ちょっと鬼気迫るものを感じました。

やっぱり音楽家はすごいなと思いました。

あれだけたくさんの曲を少しも気を抜くことなく弾き切るのですから。



先日すけきよさんのブログを読ませていただいておりました。

すけきよさんの先生がとても面白い事をおっしゃっています。

以下無断で少し引用(すみません!)

「そうねぇ~、私はね?ピアノに一番似てるのは、相撲だと思うんですよ」・・す、すもう?!「そうそう♪準備に大変時間がかかるのに、ほんとに一瞬で決まるところとか、メンタルな部分がすごく大きいところとか♪」



確かにピアノもスポーツも練習は長時間で

本番になったらあっという間に終わってあっけにとられるっちゅうか?

ほんとに恐ろしい世界です。



私も学生時代はスポーツでならした身(相撲はやったことありませんが)

多少のメンタルトレーニングもして本番にも強い方と自負していましたが

ピアノの本番は未だに恐ろしいのです。

試合の100倍くらい恐ろしいです。

学生時代にやっていたのはバスケとテニスです。

バスケットは不調であれば容赦なく交代させられますから

どちらかと言えば自己完結型のテニスの方がピアノに近いかもしれません。

コートに登場したら不調であろうとなんであろうと最低でも2セット12ゲームは戦わなければなりません。

でも

テニスは1セット目が不調で捨ててかかっても

きっかけをつかめば挽回可能ですが

ピアノは途中からなかなか挽回できなくてあっという間に終わってしまう感じです。

一瞬の立会いに命をかける相撲と確かに似ているかもしれません。

昨日の演奏はずっと立会いで最後の最後まで命かかっていました。



だんだん何が言いたいのかわからなくなってきました。

読んでくださっている皆様、申し訳ありません。

テニスの試合ではこのポイントを取れば試合運びが楽になるターニングポイントというものが必ずやって来ます。

(サービスめちゃうまい相手と戦った時のめったにないブレークポイントなど)

その時に無心で戦おうと思ってもどうしても意識します。

(これはチャンスだ、これ取ったら楽になる)

それが人間です。

そしてその意識がいい方に向くか悪い方に向くかで試合の行方が決まっていきます。

プロ野球の選手でも

9回裏ランナー1塁でバントを命ぜられて内野フライに討ち取られる場面など見ることがありますが

(甲子園では罵声を浴びせられる、多分私もアホ~とか叫んじゃう)

その打者の気持ちがとってもよくわかります。

プレッシャーを力にするかマイナスにするかの違いは何でしょうか?

今いろいろと本を読んでいますが

何かつかむ事ができたら報告いたします。















スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
私はたぶん人ほどは緊張しないタチみたいです・・・。
大昔ピアノの発表会でどうしても続きが思い出せず同じところを繰り返したことがありましたが、諦めて飛ばしました。

「無心で飛んでいた頃の気持ちで飛んでほしいですね」
なんとなくわかります。
余計なことに気を取られているときほど失敗する。
クラリネットでも、もうすぐ難しいとこが来る!とか思うとそれまでのところで失敗します。
もうすぐトリプルアクセルだと思うと、その前のステップで失敗するというような・・・(フィギュアをやったことはないですが、苦笑)。
さっきのピッチはイマイチだった!とかそういうのも気にせずに、今目の前の一音一音に無心になれてるときのほうが良い演奏が出来る気がします。ここは丸くとか、歌うようにとか、そういうことを思いながら。無心とは違うかもしれませんが、私の中で無心とはそんな感じです。

あら・・・思いがけず、長文失礼いたしました。
2010/03/02(火) 00:01 | URL | ☆hachi☆ #79D/WHSg[ 編集]
No title
無心とは極度の集中ではないかなと思います。

一流ダンサーはレッスンでさえも、全ての動きに神経を行き渡らせてコントロールしています。

たった16小節の曲に異様な集中力で、身体をコントロールしています。
でも力が入っているわけではなく、重力から解放された感覚になり、回転しながら休んでいるような、気持ちよさがあるそうです。

そういう人の動きを側で拝見しているととても綺麗です。

私も無心になりたい。
2010/03/02(火) 01:03 | URL | ギエム #79D/WHSg[ 編集]
No title
ご紹介、ありがとうございます♪まさか、あそこを引用していただけるとは(笑)。

あ、でも。aizankeiさんの日記でわかりました。多分ね、私が考えてるより、先生のほうがピアノに対する時間の密度が濃いんでしょうね・・長時間弾いてれば後から挽回できる・・と思う私に対して、一瞬でも乱れたらすべてのバランスが崩れる・・みたいに厳しく考えてらっしゃるのかも・・と思いました。

ほんと、フィギュアの中継は・・しょうがないけど、いろいろ言いたくなりますね。無心で・・って、じゃあオマエがやれよ!!って言いたくなっちゃう。プレッシャーと期待から逃れられなかった悔し涙の真央ちゃんに対して、「残念だったけど、納得いく演技が出来た♪」っていう安藤みきちゃんのほうが幸せそうでしたね・・。でも私は、真央ちゃんは充分やったと思うし、気迫のこもったいい演技だったと思います~。

そういえば、母が昔テニスをやっていたんですが、ピアニストの人も来ていたらしく。試合で緊張する母に、「こんなの!ピアノの本番に比べたらどうってことないわよっ」って言われたそうです(笑)。そりゃ私達も舞台で緊張するはずですよね・・。

私も昔は怖いもの知らずで、舞台楽しい!って思って弾いてましたけど、大人になって一度怖さを知ってしまうと、そこからが大変ですよね。チビちゃんたちは発表会で平気で弾くけど、大人だとそうはいかないってこういうことでしょうね・・。真央ちゃんも必ず通らないといけない道だったんだと思います、これを克服してからがスゴイことになるでしょう、きっと♪

注目されるからしょうがないけど、自分のために滑ってほしいなって思います。私も自分のために弾いてるな・・っていつも思います。
2010/03/02(火) 10:18 | URL | すけきよ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/641-90dc0989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。