上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はぶてるさんのお世話になり山本貴志氏のリサイタルに行ってきました。



山本氏といえば5年前のショパンコンクールで4位入賞され

ショパンのピアノ曲への深い造詣が認められ活躍されている若手のピアニストです。

5年前のショパンコンクールで 初めてネット配信で映像が見られる事を知り

その時びっくりした演奏がこちら

第1次予選での演奏 エチュード10-4です。

http://www.youtube.com/watch?v=fh0NyH3VUy8&feature=related

残念ながら演奏だけですが

顔が鍵盤に付くのでは?と思うような独特の演奏フォームとともに

このすばらしい演奏が頭から離れませんでした。



ショパンイヤーと言う事でオールショパンプログラム

前半

ノクターン遺作

エチュード革命

バラード1番

ワルツ6,7,8

ノクターン13番

ポロネーズ英雄

後半は

前奏曲雨だれ

マズルカ18~21

そして!

アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ



と言うなんとも豪華なプログラム

しっとりショパン、華やかショパン、かわいいショパン、激しいショパン、美しいショパン、楽しいショパンなど

いろいろな面のショパンが楽しめました。



舞台に登場されて来てびっくり

思っていた以上に童顔で

まだモーニングも似合わないような年に見えます。

でも演奏が始まると空気が変りました。

ものすごい集中力で弾き進めていきます。

音は柔らかく丸い玉のようなイメージです。



アンコールは

ワルツの2番と

そして再度ノクターンの遺作



ノクターン遺作で始まり終わると言う構成



皆さんについて行ってサインもしてもらっちゃいました。

とっても礼儀正しい好青年でした。


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
お疲れ様でした!久々にお顔を拝見できてうれしかったです。
またビール飲みながらピアノ談義しましょう~。
2010/03/01(月) 00:38 | URL | はぶてる #79D/WHSg[ 編集]
No title
以前はこの音色に物足りなさを感じておりましたが、昨日はタッチについて勉強になったな!と感じることができました。鍵盤の近くから打鍵しているんです。そう!それですよ!私は叩いてる時があるので見習わなければです!

またご一緒できること、楽しみにしています。いろいろお話聞かせてください。むふ♪
2010/03/01(月) 21:13 | URL | かおる #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/640-0ae0d250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。