上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の事です。

仕事が終わってから研究会があり発表する予定になっていました。

遅れるわけにいかないのでタクシーで

しかも混雑しない山陽自動車道を通ってもらう事にしました。

何とか時間通りに仕事を終えてほっとしてタクシーに乗り込み

行き先を告げ

”行き方わかりますか?”と問うと大丈夫との返事でした。

さらに

”何時までにつけばいいんですか?”

と親切に聞いてくれたので

”最悪でも7時、できれば7時15分前に”と答えました。

そしてそのまま安心してうとうと眠っていました。



目が覚めると

なぜか地道を走っている!!

しかもなぜか神鉄六甲駅が見える!!

ここはどこ状態に陥りしばらく考えこれは有馬街道ではないか?と気づきました。

そして当然有馬街道は渋滞!!

時計を見ると私の発表開始時間まで後20分くらい!!

運転手さんを後ろから眺めてどう声かけたらと考えていると

”この道であってますかね?この道行くとどこへ出ますか?”

と運転手さんから声がかかります。

どっか~~~ん

と切れます。

”あなたはプロでしょ!

道がわからなかったら最初から言ってもらえばわかるタクシーに乗ったのに!

時間通りにつかないと困ると言ったのに~

もうどう考えても大幅に遅刻です”

とか何とかいっているうちにどんどん時間はたち

7時も過ぎ

会場責任者に携帯で連絡して少し待ってもらうように伝えます。

結局20分ほど遅刻でした。

何とか冷や汗物でしたが発表を無事終えました。



とんでもタクシーと言えば忘れられない思い出

ホテルオークラで遅くまで飲んでいてタクシーに乗り込みました。

運転手さんは女性でしたので ちょっとほっとしたんですが

しばらくして大間違いであった事に気づきます。

”阪神高速で行ってください”

というと

”一番近いインターまでの道順を教えてください”

とのこと

あきれていたのは序の口

まず

初心者のようにハンドルから身を乗り出すような前傾姿勢で運転します。

これはひょっとしてタクシー運転手初日?と思い聞いたところ

”いいえ、長く乗っています。

いつもは西宮で流してるのでこの辺はちょっと知らないだけ”

と言う返事が

そして圧巻が須磨の料金所での出来事

(まだETCのなかった頃です)

料金所をお金払わずぶっちぎりました!!!!

料金所の係員の方もびっくりして大声で叫びながら走ってきました。

そして運転手は

”ここって止まってお金払わないといけないんですか?”

と私に聞きます。

その後も恐怖の運転は続き

無事家に着いたのが奇跡のようで思わず神に感謝を捧げました。



今でもこの運転手さんは

急病になった方の代理でこっそり営業してたに違いないと信じています。









スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
うわ~~~。
初心者タクシー運ちゃんは怖いですね~~。
私はいつも怖い思いをするのが、ワンメーターとわかって乗らないといけないとき・・。
嫌がらせか、荒い運転でいつもヒヤヒヤします。
2010/01/17(日) 21:28 | URL | おんぎい #79D/WHSg[ 編集]
No title
大変でしたね。とても近くまでいらしてたのですね。でも私達って会えない運命?せっかくあなたがこーんなに近くでうたた寝していたというのに私といえば、松葉杖で東京行ってました。スペイン大使館での再生医療のシンポジウムの後ワインと鯖のマリネのカナッペ食べてました。なぜか鯖がとっても美味しかったのです。3月27日土曜日スケジュール空きました。如何なものでしょうか。
2010/01/18(月) 01:18 | URL | 同級生その1 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/622-8463fc4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。