上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来週はいよいよ待望の夏休み

土日を入れて5連休を取って北海道に行く予定です。



発表会が終わって2週間

あまり練習もできてませんがレッスンに行ってきました。



明日のオフ会で弾く予定のショパンエチュード10-10をはじめに弾きました。

とても人前で弾くレベルでないので

明日弾く事はナイショです。



前回のレッスンよりは少しは弾けるようになりましたが

基本的にこういう曲は暗譜せずに弾けるわけもなく

暗譜が遅い私としてはそういう理由もあってなかなか弾けません。

”その音を大事に”

”その音に時間をかけて”

と言われてもなかなかできない私。

そこでなぜその音が大切なのか?ということで

久しぶりに和音度数を言わされました。

久しぶりで準固有和音と言う言葉さえ忘れていて先生にあきれられました。

34小節の最後はA dur の4度上の属7ですが

35小節の最初の和音Des durの属7にどういう関係で繋がってるか?

と聞かれて

お手上げでヒントもらいました。

”属7を読み替えて”

と言われてやっとわかりました。

A dur の4度上の属7、すなわちD durの属7は 音はDes dur のジャーマン6と同じなのでした。

そのため34小節の最後のGの音がとても大切になります。

とっても勉強になるけど疲れました。



もう1曲はシマノフスキーのエチュード4-3 を弾きました。

”暗譜できましたか?”

と聞かれたので

”思い切り怪しい暗譜です。心の支えに楽譜置いておいてください”

とお願いしたのに取り上げられてしまいました。

たど・・たど・・としながらも

何とか最後まで弾けました。(止まりかけたところ多数)

”たっぷり歌って決して急がないで軽くなる事がないように”

と言う事で合格は次回までお預けとなりました。

大好きな曲は何回でもレッスンにもって行きたいので上がらなくてラッキーでした。



今日は6時から神戸で研究会があるので

三宮に出て少しうろうろしてちょっと腹ごしらえしてから行きました。

終了は8時半

早く帰って明日に備えて練習と思い

ちょっとだけ懇親会に出るつもりが

やっぱりビールにワインと進むうちに

練習しないといけないことが頭から遠ざかっていく私でした。

明日早起きして練習します。









スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/562-241d922b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。