上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜかこの季節無性に本が恋しくなります。

学生の頃、試験が迫ると本が読みたくなったのと同じで

発表会前の多忙なこの時期だから読みたいのかもしれません。

この1ヶ月に読んだ本

栄光なき凱旋 新保裕一

繋がれた明日 新保裕一

連鎖 新保裕一

卵の緒 瀬尾まいこ

重力ピエロ 伊坂幸太郎

できれば晴れた日に 自らのがんと戦った医師とそれを支えた主治医たちの思い 板橋繁



などです。

新保裕一氏については最初にホワイトアウトを読んだ時から注目している作家です。

壮大なテーマについて書いているのにひきつける力がすごくて読み出すと止めることができません。

”栄光なき凱旋”は太平洋戦争開始後のアメリカとハワイの日系人の様子を描いています。

アメリカ本土における日系人が受けた苦難についてはマンザナール収容所などの情報を知っていました。

しかし

真珠湾攻撃を受けたハワイでの日系人についてはあまり知りませんでしたが

大変な思いをされたことは容易に想像できます。

この本の最終章を読みながら涙止まりませんでした。

”繋がれた明日”は東野圭吾氏の”手紙”に通じるものがあります。

不幸にも犯罪を犯してしまった者の立場で書かれています。



瀬尾まいこ氏の本ははじめて読みました。

昭和49年生まれの若い作家です。

”卵の緒”という題名がなぞめいて不思議ですがすてきな小説でさわやかな読後感が楽しめます。



伊坂幸太郎氏の”重力ピエロ”も知らなかったけれど映画にもなっているんですね。

直木賞候補にもなったミステリー

少し重いけど文句なしに面白い本です。



”できれば晴れた日に 自らのがんと戦った医師とそれを支えた主治医たちの思い” 

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8C%E3%81%B0%E6%99%B4%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%97%A5%E3%81%AB%E2%80%95%E8%87%AA%E3%82%89%E3%81%AE%E7%99%8C%E3%81%A8%E9%97%98%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%82%92%E6%94%AF%E3%81%88%E3%81%9F%E4%B8%BB%E6%B2%BB%E5%8C%BB%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%80%9D%E3%81%84-%E3%81%B8%E3%82%8B%E3%81%99%E5%87%BA%E7%89%88%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9D%BF%E6%A9%8B-%E7%B9%81/dp/4892696757/ref=pd_bxgy_b_text_b

はとても重い本です。

板橋繁氏は2007年に永眠されましたが地域の中核病院で呼吸器内科医として働いていた医師でした。

この本に興味を持ったのは

ある人のブログで この作者が

”なぜ、かくも卑屈にならなければならないのか こんな患者ー医療者関係でよいわけがない”と言う本を書かれた人だと言う事を知ったからです。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%81%8B%E3%81%8F%E3%82%82%E5%8D%91%E5%B1%88%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%91%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8B/dp/4892696412/ref=pd_bxgy_b_text_b

この本は野笛涼というペンネームで書かれています。

そしてこの本の中にはある患者の話と言う事にして ご自身のがん再発の体験も語っておられます。

癌が再発してご自分の余命を知って書かれた本なのですね。

この2冊を読むと板橋先生がどうしても書きたかった事が伝わってきます。













スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
私も伊坂幸太郎さんの本「終末のフール」を今読んでます~。よく名前を聞く作家さんですよね、私はこれが1冊目なんですけど・・・。
瀬尾まいこさんは大好きな作家さんです♪

東野圭吾さんの「天空の蜂」は読まれたことありますか?「ホワイトアウト」が好きならおススメです。似たような感じで似たような時期に出てるんですけど、確か解説が新保裕一さんなんですよ(笑)。

長々と厚かましく失礼いたしました~。
2009/08/18(火) 21:34 | URL | ☆hachi☆ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/551-77529bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。