上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイナリストの演奏をここで聴くことができます。

表彰式の動画も感動的です。

www.cliburn.tv/



辻井さんと一位を分け合ったHaochen Zhangさんは

ブラームスのヘンデルバリエーションを弾いておられます。

私が練習を始めたばかりの曲です。

改めてすてきな変奏曲だとしみじみ感じています。

彼の演奏は

ちょっとした間の取り方や歌い方が

時々ドキッとするほど美しく息を呑んでしまいます。



演奏とは全く関係ないんですけど

彼、ずっと口開けて弾いています。

多分歌いながら弾いているせいだと思うんですけど・・。

ちょっと気になりました。



何年か前

コーラスの伴奏の本番の時

指揮を見ながら弾く事が苦手な私

必死で棒に合わせ様としていたようで

大口を開けて弾いていたらしく

なんと

よだれが

ぽたっと!

何もなかった事にして弾き続けましたが

譜めくりさんにはばれていた。

(客席にばれていたかは聞く勇気がなかった。)

それ以来ピアノを弾いている人の口が妙に気になりだした私でした。















スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
口を開けてピアノを弾くことって、考えてみたら歌う場合のみですよね。
ヨダレを垂れてしまったaizankeiさん、なんだかお茶目です。
2009/06/16(火) 11:33 | URL | あっこ #79D/WHSg[ 編集]
No title
私も集中すると口をぽかーんとあけてることあります(苦笑)。
さすがに楽器演奏時は、管楽器なので大丈夫ですが(笑)、その他の場面で危険かも・・・(汗)。
2009/06/17(水) 22:33 | URL | ☆hachi☆ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/516-e2357fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。