上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はすっかり初夏の陽気で汗をかきながらレッスンに行って来ました。



明日から6月

ということで発表会まではもちろん3ヶ月を切っています。

まだ暗譜も怪しいところ満載で果たして間に合うのでしょうか?



レッスンは



モーツアルトの幻想曲K397から弾きました。

たった4ページ、譜読みやさしい

ということで結構楽しめました。

テクニックで苦労しない分、純粋に音に集中できるし

いろいろ遊んで楽しんでみる余裕もあって弾いていて楽しい曲でした。

レッスンも

指を動かすことでいっぱいいっぱいの時は

だめ出しされても指に気がいってなかなか直せず先生をイラつかせてしまいますが

こういう曲だとすぐに言われた事ができるのがいいです。

暗譜していませんでしたが上がってしまいました。

ほんとはもう1回くらい弾きたかったですが・・。



そして

ショパンバラード3番

4回目のレッスンです。

やっとダメ出し箇所が減ってきました。

難所に来るとテンポが20%増しくらい速くなるということを指摘されましたが

録音聞いてなるほどと思いました。

~いやなところは早く終わらせたい~

という思いがこめられているようで

笑ってしまいました。

あとは音の伸びが無くなってしまうところが所々

硬くなく伸びる音で響きを聞きながらゆっくり練習する事にします。

それでもあとは

自分で整理して

自分で精度を高める練習をすればいいので

レッスンはあと1~2回でいいでしょう

と言われましたが

まだまだ不安です。



少し時間が残ったので

憧れの曲ブラームスのヘンデルの主題による変奏曲を弾きました。

“全部見てきた?”

とギャグをかまされましたが

”第5変奏までです”

(この前、すこ~~~しずつやりますといったはず)

この曲は最初のうちこそ8小節ですが

いつのまにか長くなり最後に8ページ以上続く長大なフーガが付いています。

全曲弾くと20分以上かかります。

テーマは典型的な古典的メロディーですが(このテーマがいい)

変奏がそれぞれすてきで

和音もきれい

フーガはかっこいい。

だんだん難しくなりそうで

いつまでかかるかわかりませんが

少しずつ楽しみたいと思っています。


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
ブラームスの変奏曲…すごいですね~~
「だましやん~~~~」って言いそうになります。ε=(>ε<) プーッ!!
最初8小節なら最後まで8小節で終わって~
ベートーベンも変奏曲あって32あるそうですね。
この前のレッスンで先生が言ってました。
「弾くほうも弾くほうやけど、作るほうも作るほうや」って嘆いてました。
変奏曲は譜読みは簡単やけど、中身はむちゃくちゃ難しいんですんね~
2009/06/01(月) 11:08 | URL | ときん #79D/WHSg[ 編集]
No title
モーツァルト1回で上がられたとは流石ですね~。
私は相変わらず先生をイラつかせてますよ(苦笑)

>“全部見てきた?”
>とギャグをかまされましたが・・・
え?! 【本気】に決まってるじゃないですか~~(笑)
○○○○○○が仰ることなんですから♪♪
(↑伏字多すぎ。好きな言葉入れてください♪)

難所で速くなってしまうのってどうやったら治りますかね??
最初から最後まで暴走して自爆・・・もうヤになります(悩み中)。
アンダンテの曲でもモデラートになっちゃうし、、、
2009/06/01(月) 12:36 | URL | ゆりか #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/507-b139ee69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。