上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のニュースでちょっと驚いたのはこの記事です。



国立感染症研究所感染症情報センターと神戸市保健所は5月20日、新型インフルエンザ感染が確認(RT-PCR陽性者)された43人の臨床像を報告した。 迅速診断検査キットで陽性は43人中23人(53.5%)にとどまり、20人(46.5%)は陰性であることが明らかになった(感染研のホームページ)idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009idsc/clinical_epi_kobe.html

検体の採取日の中央値は1日(0~4日)。陰性になった理由として感染研では、「発症から検査までの期間が短いことも影響していると考えられる」とし ている。迅速診断検査キットの感度は100%ではない上、感染初期にはウイルス量が少ないため陰性になることがあるほか、検体採取の方法によっても左右さ れることが、季節性インフルエンザでも分かっている。

なお、5月20日、首都圏(東京都八王子市と神奈川県川崎市)では初 めての感染確認者が出たが、5月19日の帰国時の成田空港での検疫では、サーモグラフィーで発熱反応があったが、迅速診断検査キットでは陰性だった。迅速 診断検査キット、さらには迅速診断検査キットでの陽性反応をベースにした検疫の限界が露呈した格好だ。






ということは


要するに迅速キットで陽性を示したのは約半分

後の半分は陰性。

”A型陰性だから新型インフルエンザの可能性ありません”

という説明は嘘!

ということになります。

ますますもぐってしまった患者さんが多い事が予想されます。



またこんなニュースもありました。



米疾病対策センター(CDC)のジャーニガン・インフルエンザ部副部長は20日の記者会見で、1957年より前に生まれた人の一部に新型インフルエンザに対する免疫がある可能性を指摘した。

 さまざまな年齢層から採取した血液の分析で、57年より前の世代の血清から、新型インフルエンザのH1N1型ウイルスに対する免疫反応を示唆する結果が得られたという。詳しくは近く公表されるCDCの週報に掲載されるという。


 ジャーニガン副部長によると、米国の入院患者のうち50歳以上は13%で、高齢者が重症化する傾向のある季節性インフルエンザとは特徴が異なるという。(共同)



57年より前に生まれた人というと52歳以上ですか?



さらに

ヤフオクでマスク一箱1万円を超えている値段がついているというニュース

なんか

震災後にソーセージを1本5000円で売っている店があったというニュースを思い出して

いや~な気分になりました。



最後に

日本感染症学会から緊急提言が出ました。

www.kansensho.or.jp/news/090521soiv_teigen.pdf






スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
新型インフルエンザに感染が確認されていなくて、罹っている人も結構いるのではと思います・・・。
それにしても、マスクの高値にはびっくりしました。
私も震災後の風景がよぎりました。
世の中には、アコギな人がいるもんですね。
2009/05/21(木) 23:38 | URL | kazu #79D/WHSg[ 編集]
No title
こんにちは。

とりあえず水際作戦で半分は食い止められているわけですね。ですが残り半分について対策がない以上、蔓延は必至でしょうね。

でも、ある年代以上に免疫があるのは多少救いですね。
2009/05/22(金) 07:29 | URL | NY #79D/WHSg[ 編集]
No title
通常のインフルエンザの対応でいいんじゃないの~~?
ここまで大騒ぎになるって…
うちの近所、普通に生活してますよ。
地域の温度差、感じます~~
2009/05/22(金) 09:10 | URL | ときん #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/501-7918b236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。