上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は職場のクリスマスコンサートの練習のため

E先生のお宅で尺八との合わせをしました。

5曲ほど候補が挙がっていましたが

やっぱりクリスマスだし

バッハ・グノーのアヴェマリアもしましょうと言うことになって

先生がフルート用の楽譜を探してられたけど出てきません。

あーここにある

と出していただいたのが

なんとハードカバーのいかにも時代モンと言った感じのバッハ平均律!

こんなの見たことないです!何版?

と見たらピーター版だったのですが

手書きの書き込みがあってよく見ると

/95と書いてあります。

そんなに古くないのに??

と疑問に思ってると先生が

1895年ですねっと

ええっ!うそっ!とびっくりしてると

こんなのもあるよ

と見せてくださった楽譜

誰かのお気に入りを集めた曲集

寄せ集めの楽譜がきちんと製本されています。

これは先生がイギリスに帰られたときに古本屋で見つけられたとか・・。

これも1885年の署名が!!

今でも先生はイギリスに帰られた時には古本屋で楽譜を探すのが楽しみとおっしゃっていました。

さすが古いものを大切にするお国柄。

参りました。

1世紀以上も前にこの同じ楽譜を見て誰かが演奏していたと思うと

ちょっと感動しました。






スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
クリスマス曲の演奏はいいですよね~気分に浸れて☆
それにしてもイギリスの古本屋さんで楽譜探しとはステキすぎます♫
2006/12/03(日) 23:38 | URL | チサ #79D/WHSg[ 編集]
No title
古いものを大切にする文化って、素敵ですよね。私もイギリスで楽譜探しをしたことがあるのですが、初心者には難しかったです。そのとき一つだけ買ったのが、実にグノーのアベマリアだったんです。

先日はご一緒できずに残念でした。翌週も仕事を休み、入試前日の金曜日から泣く泣く出勤し(させられ)ました。次回は体調を整えて、参加させていただきたく存じます。今はmixiでのみなさまがたによる報告で、楽しい想像に浸っています。
2006/12/06(水) 09:57 | URL | おのだみほ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/49-641ebdeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。