上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のコンサートの聞き納めはヘンデルのメサイア

バッハコレギウムジャパンの演奏で聴いて来ました。

バッハコレギウムジャパンといえば小編成のコーラスですが

ソプラノ5,アルト6、テノール4、バス4 という編成です。

アルト6人のうち2人が男性です。

最初の音からすぐに心地よい響きに身を任せることができました。

鈴木氏の指揮は古典らしくリズムがきびきびとして心地よく

コーラスの響きは透明感がありどこまでも伸びていく声で

芸文大ホールの木の壁面にスーッと入っていくようでした。

ソリストではソプラノのレイチェル・ニコルズさんが秀逸

本当に素晴らしい声でした。

メサイアは数年前、とある教会の聖歌隊に潜入してクリスマス礼拝に歌うべく練習したことがあります。

(もちろん全曲ではなく抜粋ですが)

結局本番の日に仕事が入って行けなくなりました。

またソプラノソロは声楽のレッスンで何曲か見てもらいました。

”人前で歌うことはないと思うけどね~

上手な人が歌ってると、あまりに自然で簡単そうに聞えるけど

自分で歌ってみるとどんな難しい曲か良くわかるよ

そういう意味でおすすめ”

と師匠に言われ練習しました。

本当にその通りで

第3部の冒頭で歌われる

"I know that my Redeemer liveth"

は大好きな曲ですが息の使い方がとても難しくて苦労しました。

それ以外に

”How beautiful" (今日はコーラスに編曲された版)

”He shall feed  His flock like a shepherd" (ソプラノとアルトの二重唱、今日はカウンターテナーとの)

など美しい曲がたくさんありますが

ソロはともかく一度でいいからコーラス全曲歌ってみたいです。



スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
去年より、とある教会ではメサイアはハレルヤだけで、去年はヴィヴァルディのグローリア今年はラターです。飲み会はいつ暇なんだろうかと。。暇なんかありゃせんじゃろ的に思って遠慮していたのです。お稽古と学会と仕事と親孝行にジムにお付き合い!の合間をぬってまた飲みましょう。
2008/12/21(日) 04:14 | URL | 同級生その1 #79D/WHSg[ 編集]
No title
こんにちは。

BCJでメサイアを聴けるとは!いいですね。
メサイアのコーラスは、長いのでステージで眠たくなるし、終曲のアーメンコーラスが大変だった記憶があります。
メサイアには「Surely He hath borne our griefs...」とか、「For unto us a child...」とか良い歌が多いですね。
2008/12/21(日) 08:02 | URL | NY #79D/WHSg[ 編集]
No title
昔はメサイヤってアニメのキャラとばかり思ってた…

イアンのピアノで教会で聞くような聖歌というのを初めて知りました。

読んでるだけで絶対寝てしまうなって思います~( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
2008/12/21(日) 11:45 | URL | ときん #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/422-613da800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。