上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜の朝のFMは”気ままにクラッシック”

歌手の幸田浩子さんと笑福亭笑瓶さんのトークと共に

クラッシック音楽を楽しむ番組です。

今日、フルート奏者は誰でも知っている

”お鼻が長いのコンチェルト”と言うのをやっていました。



http://jp.youtube.com/watch?v=6bS-jZ1GpKU

シャミナーデのフルートとピアノのためのコンチェルティーノです。

出だしのところが確かに

(象さん、象さん、)お鼻が長いの(ね)

と聞えます。

この曲は私のかってのフルートの師匠がコンサートで演奏された曲です。

私は大学時代、ピアノに愛想が尽きて

2年ほどフルートを習っていました。

最初は何も考えずに乗り換え駅西宮北口近くの

三木楽器の教室に入りました。

数ヶ月はグループレッスン

メンバーは

いかにも賢そうな灘中の生徒

看護学校を目指している高校生

スッチーのお姉さん

そして私

の4人でしたが

数ヶ月で個人レッスンに移行し

その後先生のお宅に通うようになりました。

先生はまだその頃は音大生でしたが

卒業時の成績優秀者だけが出演できるコンサートで

この曲を演奏されました。

今日久しぶりにこの曲を聞いたとたんタイムスリップして

あの頃のことを懐かしく思い出しました。



ちなみにこの演奏は7歳の女の子ですが信じられません。

どん世界にも天才児はいるものです。





スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
どこの世界にもいるんですね~⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃

私、高校1年の時、一年間弱ヴァイオリンを習ってたんです。
親にも言わずに勝手に習いに行ってました。
お小遣いでバイオリンを買って、
「月謝払って~(;人;) オ・ネ・ガ・イ」だけ言いました。
楽譜がどうしても読めなくてやめたんです…
持続するって難しいもんです(。・・。)(。. .。)ウン
2008/12/16(火) 14:53 | URL | ときん #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/417-539fd8cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。