上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さていよいよメインの登山です。

朝一のバスで正面登山口に行き

そこから登り始めます。



正面から見た由布岳は

さすが独立峰、気品をたたえた美しい姿で

登る前から気分は最高潮に達します。



ここで一つ悲しいお知らせを

実は素晴らしい写真をたくさん収めたデジカメをなくしてしまったのです。

帰りの新幹線で気がついて

駅で届け出てあちこち電話して探していただいたのですが

11月3日現在まだ見つかっていません。

と言うことで

素晴らしい写真をアップできないのが残念ですが

もしまたカメラが返ってくる事があったら

是非アップいたします。



山行は

最初は草原ハイキングのようななだらかな道ですが

徐々に勾配がきつくなります。

しかしジグザグに作られたルートは歩きやすく

また紅葉が美しくあまり疲れることなく

マタエに到着しました。

独立峰のいいところは

どこからでも眺望が素晴らしいと言う点ですが

少しずつ上がる標高に連れて景色も微妙に変化して楽しめました。



マタエからはザックをデポして山頂まで往復。

今日中に帰らないといけない友人がいるため

お鉢めぐりには行きませんでした。



頂上からは数年前登った九重の山並みがきれいに見えました。

登ってきた紅葉の部分がカラフルなじゅうたんのように見えて

ああ、お見せできないのが残念です~。



下山は湯布院に下りる西口コースですが

このルートは全く人気がなく誰にも会いませんでした。

しかしですね

このコースから見た由布岳が最も美しかったです。

どうして人気がないのかちょっと疑問に思いました。



湯布院温泉近くで簡単に地ビール(おいしかったです~)で打ち上げをして

明日仕事がある友人を空港行きバス乗り場まで送って

残る3人の今日の宿はもちろんあこがれの湯布院温泉。

露天風呂を堪能しましたが

今日の山の光景が目に焼きついて興奮してなかなか眠れませんでした。


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
由布岳!!登ってみたい!
いまだに、六甲あたりを散策している私としては、九州遠征も魅力的です。
それに温泉がつくなんて~^^
2008/11/05(水) 08:52 | URL | kazu #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/383-15449000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。