上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに平日のレッスン

仕事が予定通り終わるかと危ぶまれましたが何とか滑り込みセーフでした。

今練習している曲は

ずっと苦手系で逃げ回っていた課題

3度(ショパンのエチュード25-6)

そして

オクターブの速いパッセージ(リストのハンガリアンラプソディ6)



どちらも私にとって超苦手で後回しになっていましたが

いつまでも逃げてられないしいつかは取り組まないとと思っておりました。

(でも苦手系2曲は疲れる~)



3度のエチュードから見ていただきました。

1回通しで弾いた後

“これくらいのテンポで弾いて”と言われたテンポでは

とても弾けませんでした。

何回も言われたことは

指が暴れすぎ

ばたばたしている

必要以上に指を上げない

指先はもっと丸める

重さをもっと預ける

などなどです。

色々な指使い(普通型、ショパン型、特殊型)を教えていただきました。

弾きやすいのを選んでいい、と言われましても

どれも弾きにくい部分も多くて・・。

練習方法はたくさん教えてもらいました。

上をレガート、下をスタカートで弾く練習(これは難しい)

下の音だけ練習(下の音のレガートを意識するため)

内声だけ、骨格だけの練習

数オクターブを3度で上がり下りする練習

などなど



余った時間で少しだけリストのオクダーブの速いパッセージの練習方法を習いました。

この曲は恐ろしいことに127小節から159小節まで16分音符でのオクターブパッセージが1音の休みもなく続きます。

すなわち(159-126)×8=264個のオクターブパッセージです。

(計算なんかすると余計に疲れます~)

今の私には8小節くらいが楽に弾ける長さ

そして16小節くらいが限界です。

以下に長くそして速く弾き続けられるかが課題ですが

これは試行錯誤の毎日になりそうです。



次回レッスンまでかなり間があくので

もう1曲宿題をと言うことになりました。

2曲とも大変なので

あとの1曲は癒し系でとお願いしたにもかかわらず

候補に上がってくる曲は

ベートーベンのソナタ30番や

ショパンのソナタなど

癒し系と言う言葉の定義がわかってるの?と思う曲ばかり

結局

シューマンのソナタ2番に落ち着きました。

(これも全然癒し系ではない)

http://jp.youtube.com/watch?v=a0M_aIuXo4c

かわいいのだめちゃんの演奏です。










スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
あの凶暴なひつじ、どっか行ったんですね。

お久しぶりで~す。
最近、ピアノレッスン記事専属コメンテーターになってる気が^^;

おー、お次はシューマンでしたか!!
(ほんま、全く癒し系とはちゃう、、、笑)
私には愛情がなかった曲(苦笑)
あいざんけいさんならかっこ良く弾かれそうですね
2008/10/18(土) 17:47 | URL | ゆりか #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/375-adde9c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。