上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害に負けずにピアノをがんばっているゆうきちゃん(11歳)が出演するコンサートに行ってきました。

コンサート前半はさまざまな障害を持ちながらもピアノを弾いておられる8人の方の演奏。

ゆうきちゃんはピンクのドレスで登場

知り合ったころはまだあどけない子供でしたが

6年生ともなるとさすがに大人びて来ました。

演奏も、障害のある左手も工夫して速く弾けるようになり

右手とのバランスもよく気持ちよく聴けました。

でもちょっとご機嫌悪そうで

“疲れてるん?”と聞くと

“眠たいねん”と

夜更しか早起きかと思ったら

”12時に寝て9時に起きた。9時間寝たら十分とか突っ込まんといて”と

突っ込むわ~。もう6年生やったら9時間で十分。

あとびっくりしたのは

先天性の難聴で全く音のない世界で生きてきたのにもかかわらず

ラ・カンパネラを素晴らしく弾いた20歳の青年。

この青年は

“ピアノの森”(漫画です)のカイ君のような美形で

髪も肩までと長く とってもおしゃれで、鹿児島からおっかけの方が来ておられました。

私も一緒に写真を撮ってもらいました。



会場にも障害を持たれた方が多く

休憩時間には出演者に握手を求めて列が出来ていました。



プログラム後半はプロの方の演奏

障害者ピアノ指導者研究会(http://ipd-piano.sakura.ne.jp/index.html

の迫田会長も1曲披露されました。



ピアノパラリンピックは2005年に第1回が横浜で開かれました。

第2回は来年バンクーバーで予定されています。

財政的な支援が行政からは全く望めず

迫田会長は

“1人でも多くカナダに送り込みたい、寄付をよろしく”

と訴えておられましたが

確かにこういうプロジェクトに関しては大口寄付とか予算とか困難なようです。












スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
ゆうきちゃん相変わらずですね~。
それに難聴の青年すごすぎです!!
全く音のない世界でピアノ弾けるなんて!
しかも、ラ・カンパネラって・・・有名な難曲ですよね?
耳聞こえてもなかなか弾けませんて。。。
しかも男前!?すごい~。

aizankeiさんもマンガとか読まれるんですか?
意外です・・・。間口が広いですねぇ。これまたすごい。
2008/05/11(日) 00:44 | URL | ☆hachi☆ #79D/WHSg[ 編集]
No title
先日はありがとうございました。
最後お見送りも出来なかったけれど、ゆうきが無事弾けたので何よりです。
プッチーニのコラボが良すぎて、裏でこっそり泣いてました…。本番入れて3回しか音あわせしてなかったの…。
みんな良かった♪(でも長かった)

カンパネラ君紹介したかったので良かったです♪
写真自慢してくださいね。

彼は大学中退して勉強やり直すそうですよ
来年音大目指しています~♪


2008/05/13(火) 08:03 | URL | NIKO #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/306-bd3a9463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。