上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒いよ~眠いよ~と言いながらもがんばって早起きして

声楽レッスンに行きました。

前回のレッスンで久々にほめられたのでちょっと気を良くしてルンルンと出かけます。

まずコンコーネ50番から25,26を

練習の甲斐あって2曲とも合格

今日の曲も和音進行が美しくて練習曲と思えないきれいな曲です。

イタリア歌曲パートン版は2曲とも新曲でちょっと大変

Sento nel core

伴奏がどういう和音か感じられていないと。

たとえばこの曲はe mollなのに何箇所かFがナチュラルになっている。

和音を感じてないとただ音程下がったように聞えるとのこと

(考えてみるとこれはナポリの2度でした)

ピアノのレッスンでイ音がミスタッチに聞えると言われたのと通じますね。

もう1曲は

Star Vicinoです。

変奏が生き生き楽しそうにならないと何やってるかわからんって感じで・・。

そしてパーセル

Come all ye songsters

これも伴奏が聞けていない。

伴奏のバスが下がって歌が上がっていく場合

伴奏をよく感じ広がりを出すこと。

それでも上がりです。そして発表会の候補曲に挙げておきました。

what shall I do

前回伴奏を弾きながら練習するという課題が出ていましたが

やってみましたが私は弾き語りができないと不器用人間と言うことがわかりました。

コンコーネのように単純な伴奏はいいのですが

この曲のようにピアノと歌が全く違うメロディーの場合

途中で気がついたらピアノパートを歌っていたりします。

伴奏を録音しようかとも思いましたが

時間切れで止めました。

パーセルはあくまでも軽く決して重くならないバロックらしい歌い方が要求されます。

歌い過ぎず すっと流れるイメージでと言われますが難しいです。



そしてレッスン後

今日は6時半から神戸で講演会があるのでその間の時間を何に使おうかと考えて

結局西宮芸文で2時から古楽アンサンブルのコンサートがあり

時間的にちょうどいいのでそれに決めました。

アンサンブル アントネッロは

リコーダ or コルネット

ヴィオラ・ダ・ガンバ

ハープ or チェンバロ

バッハやヘンデルより100年前の音楽を

生き生きと新鮮な響きで聞かせてもらいました。

コルネットと言う楽器を初めて見聞きしました。

奏者は 日本狼のように絶滅した楽器ですと言っておられましたが

豊かな響きで サックスにも日本の笙にも似た響きで面白かったです。



夜の講演会

今日も同級生の同級生による講演会で

演者も同級生

有意義な話をたっぷり聞けました。








スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
聴くは易く、演奏するは難く。。。

ピアノで挑戦したことはないですが、
右手と左手が違う動きなだけで
いっぱいいっぱいなのに、
そのうえ歌うとなると・・・(苦笑)。
最近、始めたギターで挑戦するも
すぐさま空中分解です。

弾き語りできる人を尊敬してしまいます。
2008/02/17(日) 20:57 | URL | ☆hachi☆ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/261-d21d7115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。