上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
You Tubeあさってたらこんなん見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=I4ZktluC0Mg&feature=related



African Americanの2人の掛け合いによる

Scandalize My Name

をお聞きください。

名実ともに世界一のソプラノの座に鎮座するノーマン

そして可憐な容貌と声で聴衆を魅了するバトル



この画像を見て改めて思ったのは二人の体格の差!

そして声の質の差!

そしてこの二人の客席を巻き込んでのパフォーマンス、間の取り方の絶妙なこと!



キャサリーンバトルが日本で有名になったのは

何のコマーシャルか忘れましたが(多分洋酒かな?)

彼女が湖のほとりでラフマニノフのヴォカリーズを歌っているシーン。

美しい光景に何とマッチする声っと思いすぐにCDを買いに行きました。

そしてその声に憧れ友人が声楽の門をたたきました。



彼女は“いっしん”というあだ名で呼ばれ

それまではカラオケで名を馳せていました。

高校でコーラス部に所属して女性なのにテナーパートが歌える貴重な?人材でした。

でもやはり女性ですからソプラノに憧れ

声楽を1から始めたいと言うことで当時私が習っていた先生を紹介しました。

彼女の声の低さを示す逸話はいっぱいあります。

うちによく電話がかかってきましたが 母は男の子と思っていたようです。

また検問に引っかかった時

運転免許書の○○子と言う記載を見て

警官に“女みたいな名やな!”と言われたりもしていました。

それでソプラノを目指してバトルの声を目指してがんばっていました。

“きょうね~、家でコンコーネ練習していて高いところが楽に出る様になったと喜んでたらね、間違って1オクターブ下で歌っててん”

と言うようなことがよくありました。

それでも次第に高い声が出るようになって

宝塚のベガホールと言うところで声楽の発表会にも出ました。

それから数年、彼女はガンであっけなくこの世を去りました。

あと3ヶ月しか生きられないという告知を受けた彼女がまずしたことは

自分のお葬式に流すメッセージを自分の声で録音することでした。

その時バックに流れていたのが

ノーマンのアヴェマリア(バッハ=グノー)

http://www.youtube.com/watch?v=jMpUxtAtAPw&mode=related&search=

忘れられない曲です。




スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
アヴェマリア辛い思い出の曲ですね。なんとも言葉がありません。ほんというと最後まで読む前にはヴォカリーズじゃん。転調していいならあああ~だけだし発表会出してもらおうかなんてこの間から思っていたので、ルンルンメッセージ入れるはずだったんですが。。。。。若くして亡くなってしまったたお友達の無念を思うと。。。。です。主の平安が残された方々の上にありますように。
2008/02/10(日) 03:34 | URL | 同級生その1 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/259-0194c6ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。