上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに平日のレッスン(仕事帰り)

20時という時間帯は何がつらいかと言うと

おなかがペコペコ、脳のグルコース不足により

ただでさえ飛びそうな暗譜がますます飛んでいく~~(さよなら~、また会う日まで~)



今日もモーツアルトK310から

前回音が硬いとかやくざ風とか乱暴とか言われたので

今回は特に音色に気をつけて練習しました。

その甲斐あって音は良くなったと言われましたが

迫力が無くなり緊張感のない演奏になっていると。

音を聞いていると自然にテンポが落ちてしまうので特に3楽章は冗長な感じがすると自分でも思っていたとおりでした。

でも優先順位として音を直す方が先なのでこれから曲を作って行こうと思います。

1楽章は左手のアーティキュレーションを直されたところ

あと、音の整理ができてなくてぐだぐだになってると指摘されたところなど

でも1楽章はもう少し練習すればこのまま完成しそうです。

問題は2~3楽章

2楽章、もともとゆっくりとした曲での曲作りが苦手

つまらない演奏になりがちなので

あっちこっち前回言われたこと、自分で感じたことを思い切りやって

やりすぎ、時間かけすぎと言われまくりでした。

今日面白かったのはイ音演奏のレベルの定義

レベル1 何も感じない

2 感覚的に感じる

3 知識として知る

4 知った上で意識的に弾ける

5 意識的でなく曲の中で自然に弾ける

という段階があって今日の演奏は4と言うことで5を目標にがんばろうということです。

3楽章はとりあえずの注意はペダルを減らして緊張感のある演奏をすること。

ペダルを減らして指で極力つないで行くこと。

どうしても指でつなげないところだけペダルを入れてもいい。

指レガートをすると抜く音が抜けにくく硬くなりがちで急に難度がアップします。

でも大好きな3楽章ですのでがんばってみたいと思います。



残りの時間でサンサーンスのトッカータ

初めて暗譜で弾きましたが

やっぱり何回も止まったり弾きなおしたりのレベルです。

とりあえず弾けないところはゆっくり練習すること

32部音符のアルペジオは粒をそろえて全部重心移動で弾く

速いところでも左右のバランスが美しいかどうか聴きながら弾く(むずかし~)

などいろいろ言われましたが

暗譜で何回も練習してたら弾けるようになるはずと

とりあえず暗譜が練習の第1段階と言うことですね。












スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
平日のレッスン私7時あなた8時で、駅前の居酒屋で待ってるよ~ンってのどう?反対側に何軒かあった!
2008/02/08(金) 01:48 | URL | 同級生その1 #79D/WHSg[ 編集]
No title

おつかれさまでした


充実してますね~。
モーツァルト310、より良い完成目指してますます頑張ってくださいね。

>何回も止まったり弾きなおしたりのレベルです。
・・・・・えっ。 
あの、、、その、、、えっと、、、。
「じゃあアガリにしましょう。」と言われた時でもそれかも・・・あたしの場合(汗;
もう長~~~く、曲がちゃんと仕上がったことってないっす。
2008/02/08(金) 12:18 | URL | ゆりか #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/257-5ac664de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。