上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の勤めている職場のロビーでクリスマスコンサートが行われました。

昨年のコンサートが好評だったので

今年も同じメンバーで行うことにしました。



最初はミュージックベル“ハーモニー”の皆様の演奏

今年もたくさんの方が来て下さいました。

先日も別の病院で演奏され、

今日も夜はまた違う施設での演奏があるという

今売れっ子のグループです。

ミュージックベルの素敵な音を楽しめましたし

また去年と同じく聴衆参加コーナーで演奏に参加された方も楽しそうでした。

本当にありがとうございました。



次が12月にカーネギーホールと国連で演奏してきたゆうきちゃん(11歳)のピアノソロ

トゥーランドットから誰も寝てはならぬ と

ベートーベンのエリーゼのためにの2曲

誰も寝てはならぬは 荒川静香選手の金メダル以来知名度が一気にアップしました。あの華麗なスケーティングが目に浮かぶようでした。

そしてカーネギーホールと国連で演奏されたこの2曲を携えての凱旋演奏、ゆうきちゃん、体も演奏もひとまわり大きくなりました。



そして最後がE先生の尺八と私のピアノのデュオ

E先生の優しい人柄が良く出ていて私も弾きながらちょっと聴き入ってしまいました。

一応人前で弾くとなれば直前の1週間くらいはいつもはまじめに練習するんですが

ちょっと季節が悪く

今週は火曜と木曜が忘年会

どちらもちょっと飲みすぎて2次会には行かなかったものの

帰ってから練習できる状態ではありませんでした。

そういう事で

音はずしたり、とんでもない音弾いたりしましたが

そういうコンセプトのコンサートでもないし

と自分を慰めまあまあとの評価を下しました。



尺八のE先生は、去年バッハのバディネリをプログラムに入れ

本番で打ち合わせしていたテンポよりピアノが速くなり

死にそうになったので

今年はすべてゆったり系のプログラムになりました。

アルビノーニ オーボエ協奏曲2楽章

バッハ アリオーソ

バッハ シチリアーノ

バッハ=グノー アヴェマリア

サンサーンス 白鳥

ドボルジャーク ユモレスク

バッハ G線上のアリア

の7曲です。

E先生がユモレスク再現部の前で素晴らしいロングトーンで

笑いを取っておられました。

私も先生との協演は2度目なので前回より合わせるのは楽でした。

聴衆の方々に

“息ぴったりでしたね”

E先生に

“excellent !”

と言ってもらえたのがうれしかったです。








スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
お疲れさまです~☆
私も明日コンサートです♪
練習不足もあってちょっと緊張・・・。
早く寝なくちゃっ!

1月には私も尺八&ピアノデュオを聴けると思うと、
めちゃくちゃ楽しみです~♪
自分の出番のことでいっぱいいっぱいで
ゆっくり聴けないかも知れません。。。
なんせアンサンブルとか初めてなので
よく考えると怖くなってきます・・・。
2007/12/22(土) 23:35 | URL | チサ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/230-a3b54a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。