上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のブログでカーネギーホール出演が決まったゆうきちゃん(10歳)の話を書きましたが

今日は彼女が出演するコンサートが倉敷の音大であり聴いてきました。

彼女の出演する時間に行こうかと思いましたが

その前に

広島大学整形外科生田博士による講演

“楽器演奏者の手の障害について”

があり、その講演に間に合うように最初から聞きました。

予想通り非常にわかりやすく手の障害を

分類、原因、対処など説明されました。

今日面白かったのは

シューマンは手の障害のため演奏家をあきらめ作曲に専念したそうで

障害は橈骨神経障害かジストニアだったらしいです。

もしシューマンが手を傷めず演奏家として大成していたら

あの膨大な作品は減っていたでしょうか?

それとも天才シューマンは演奏と作曲を両立させたでしょうか?

興味深いところです。



コンサートは

知的障害部門と四肢障害部門からなり

前半は知的障害者の方

自閉症など人とのコミュニケーションが取りにくい方も

堂々と演奏をされていました。

いよいよ

ゆうきちゃんので出番

エリーゼのために と

Flavor of Life(宇多田ヒカルの曲です)

の2曲

前回より良く練習して

曲想も良く付いて

fもパワフルに

一段とグレードアップしてニューヨークに向けて

弾みがつきましたね。

その後の方は皆素晴らしく

障害あるのに頑張ってはる~

と言うレベルではなくって

本当に素晴らしい演奏ばかりでした。



興味のある方はのぞいて見てください。

http://ipd-piano.sakura.ne.jp/index.html












スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
ゆうきちゃん、それにダウン症のピアニスト越智章仁君、皆に元気を与えてくれる彼らの演奏は本当に心がこもっていて
”障害あるのに。。。と言うレベルではない”というYokoちゃんの言葉がよくわかります。「にくてんや」の看板娘でお手伝いもよくするというゆうきちゃん、彼女のお母さんもまたすばらしい人なのでしょうね。
因みに「にくてん」の由来とは?とウィキペディアで検索したら、 1.. 「肉」と「天」カスのお好み焼き
  2.. 「肉」の入った、お好み焼きをひっくり返すので「転」
  3.. 「肉」の天ぷらのように、油を多く引いて焼くので
などと様々な諸説があり、現在のところは定かではないという事。
とにかく、この世の中にはすごい人が一杯、知らない事も一杯。なぜか、生ちゃんの「結構毛だらけ ネコ灰だらけ あなたの周りは幸せだらけ 幸せいっぱい夢いっぱい みやちゃんビックリ あとずさり」を思い出し、幸せ一杯な気分になりました。ゆうきちゃんとお母さんにいつか「にくてんや」で会いたいです。頑張ってね!

2007/07/01(日) 21:48 | URL | Mちゃん #79D/WHSg[ 編集]
No title
なんとか無事終了しました。
ありがとうございました。
次はカーネギーへバックアップする為
頑張って働きます!費用大変~。
「ママしっかり働いてな」と言われてますから・・・。

ちなみにカーネギー日本から見学者用のツアーも
計画されています。


2007/07/02(月) 11:39 | URL | Y母 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/153-e0a47a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。