上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会当日を迎えました。

夕べもぐっすり眠れたし

今朝の朝刊の一面にはなんとも美しい彩雲(さいうん)の写真!

彩雲とは雲に含まれている氷や水滴で太陽光が屈折し、雲が虹のように(これが伏線)七色に輝いている気象現象のことです。

楽屋に荷物を置いて

まずはリハーサル

きれいなホールではじめて弾くベヒシュタインも思ったほど鍵盤重くなく

まあまあ弾きやすいかなといった感じ。

昼食を済ませいよいよ開演。

順番を待っている間って本当にいやですね。

早く終わってほしい~

と先に終わった人をうらやみます。



いよいよ本番、

客席には声をかけてなかった友人まで また聞きでかけつけてきてくれて

トータル19人も!

(プログラム足りなくなったのは私のせいかも)

3番から弾き始めます。

1ページ目の最初でなぜかかすった音があり

気にせず進んでいくと

2ページ目の真ん中くらいで本格的に指がすべりとなりの音を弾いてしまいました。

あっと思う間もなく

次の音がわからなくなりました。

しばらく探って潔くあきらめページの最初に戻りました。

今回の曲は2曲とも暗譜に苦労しなかったので油断して

どっからでも出られるようにようには準備してなかったんですね。

そういうのも敗因です。

後はちょっと記憶が飛んでますね。

とりあえず最後まで弾かなくっちゃとそれだけでした。

途中で気が付いたのですが

鍵盤にべっとりと虹色に輝く油染みが・・・。

美しい天井の照明を浴びて7色に光っていました。

そういえば前回の声楽のレッスンの時に

先生が鍵盤を丹念に拭きながら

昨日弾いた人が思いっきり油手で

と言っていたのを思い出しました。

手に汗をかく人は多いけど油を分泌するタイプもあるそうで・・。



で、4番を弾く前に鍵盤を拭いたのですが

そのときに音が出てて

友人1

“そういう音楽かと思った”

ーそんなあほなー

友人2

“憎憎しげに鍵盤を音立てながら拭いてたのが面白かった”

ー憎憎しげにというのがいいですねー

4番は直前の練習ではずしたところは弾けて

弾けたところははずして

やっぱり動揺から立ち直れてなかったかもしれません。

アクシデントがあったといってもこんなんで崩れるようならやはり準備不足でしょう。

言い訳は出来ません。



昨年船でご一緒したE先生ご夫妻も来ていただきました。

E先生のコメント

“最初OKでしょ、最後OKでしょ、だから全然OKでしょ”

と面白い日本語で慰めてくれました。ありがとうございます!



終わってから約束どおり

来てくれた友人たちとご飯(と言うかビールが目的!)に行きました。

ビール、おいしかったです。



これに懲りず次回の機会にリベンジ目指してがんばりたいと思います。

今はたくさんのお花、お菓子に囲まれています。

胸はしくしく痛むけれど

立ち直りの早い私ですからすぐに回復するでしょう。

聴いていただいた皆様、ありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
お疲れ様!そうです最初と終わりがよければほんとぜんぜんOKなんですよね。ところで油手。。。そんなのもあるのですね。私は思いっきり主婦手?で、レッスンの合間合間に炊事するので、いつも油っけがなく鍵盤が滑ります。子供に言わせると年のせいなんだそうな。。今晩はゆっくり休んでください。
2007/06/24(日) 23:21 | URL | 同級生その1 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/148-bb17799c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。