上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京から朝の新幹線で帰って来ました。

レッスンは6時からだったのでゆっくり帰ってきても良かったのですが

なんとなく気ぜわしく8時台ののぞみに乗りました。



今日のレッスンも発表会の曲を中心に見ていただく予定で

ショパンの譜読みはしたもののリストは完全にほかしていました。

ラフマニノフ楽興の時3,4を初めて暗譜で通して弾きました。

スタインウェイを弾かせてもらったのですが鍵盤が重くて

途中から力が入りまくりでひどい音で弾いてしまいました。

暗譜も怪しく、間違えて覚えていた箇所もありました。

特に4番の方は

“力が入って音がにごっている”

“がんばりすぎて音が硬い”

“捨てる作業が出来てない”

“逃がさないから音が汚い”

“そこは透き通って伸びる音がほしい”

“響きに豊かさがほしい”

“和音に充実感がない”

と音に対するだめ出しのオンパレード

それ以外にも跳躍ははずしまくるし、再現部はメロディーが聞こえないと言われるし

苦手の左手は転ぶし全くいいとこなし・・

レッスンの最後は左手の練習法をまた1からやりました。



発表会まであと5週間

また暗闇に入ってきましたが

とりあえず初心に帰って少しずつでもさらっていこうと思います。



家に帰ると昨年の大学洋上セミナーで知り合った中国の医学生L君からメールが来ていました。時々メール交換をしています。

中国の医学部ではある学年から上は英語で講義が行われるとのことで彼も英語が良く出来ました(better than me!)。メールももちろん英語です。

こんな医学書買ったよ~、思ったよりいい本だった~とかたわいもないことも書いてあったのですが

早く医師になって病気の人の生命を救いたいと

熱い思いが語ってあり 思わずがんばれメールを返しました。


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
No title
東京から戻られた日にレッスンとはお疲れ様でした。

スタインウェイで鍵盤が重いって珍しい気がします。
鍵盤が重いと、どうして「えいやっ!」って弾いてしまうのでしょうね?フシギですけど、私もそうです。
音出ない~~!とか思っちゃうのかな?それで力入っちゃいますよね。
2007/05/24(木) 14:20 | URL | ペンネ #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://aizankei.blog.fc2.com/tb.php/134-5ceaeacc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。