上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の一大イベント
芸文神戸女学院ホールでのコンサートが昨日終了しました。

昨日ははじめての神戸マラソンの日
会場に向かうJRからたくさんのランナーが走っている姿が見え力をもらいます。
海上にはたくさんの漁船が大漁旗を立ててランナーを応援しています。

神戸マラソンにエントリーするか(クオーターで)
芸文コンサートにエントリーするか
一瞬だけ迷ったのですが一瞬でした。
やっぱり芸文の魅力には勝てません。

芸文の楽屋のアップライトで指ならしして
いよいよ本番
出待ちの間にボクササイズやナンバ歩きを披露して力を抜きます。

会場には数人の友人が聴きに来てくれ感謝。
肝心の演奏ですがまたまた同じ間違いをやらかしましたが
今日はお祭りということで許していただくことにしましょう。

自分の演奏後はいわゆるネ申と呼ばれている方々の
アマチュアレベルを超えた演奏を沢山聞かせていただきました。
本当に幸せなひととき

来てくれた友人が一言
“みんなピアノ大好きオーラにあふれている”
そう、そうなんです。
どの演奏が一番というこではなく
それぞれの演奏がとても心にしみるひとときでした。

残念ながら
途中で職場から呼び出しで中座することになってしまいました。

今年はピアノの本番と職場の緊急が重なることが多く
よく考えると今までが超ラッキーだっただけなのかもしれません。

最後になりましたが
会の運営にあたっておられる役員の皆様
細かいところまで心配りをいただいて本当に感謝しています。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
3年前に年金特別便というものが来ました。
そして結婚前の記録がごっそり抜け落ちていたため
即座に異論を申し立て勤務の記録を記入して郵送しました。

待てど暮らせど返事がこない。
同窓会のとき社会労務士をしている友人に聞いてみましたが
仕事休んで年金事務所に行ったほうがいいかも?
という意見でした。

すっかり忘れていた今日
届きました。
日本年金機構からの封書。
今度は間違いありませんでしたが
ちょうど3年を要したことになります。
“確認に時間を要し、回答が大変遅くなりましたことについて深くお詫び申し上げます”
とのことです。
芸文の本番がそこまで迫ってきました。
芸文のコンサート出演者は3回あるリハーサル会のどこかで弾いて時間を計ってもらわないといけません。
その時間で払うお金の額が違ってくるというわけです。

この曲をエンリーしたはるか昔は10分以上かけて弾いていたので12分コースにエントリーしていたのですが
今日の計測は8分半!
発表会の時でも9分半くらい
この曲は速く弾けば破綻するのに速く弾きたくなるエネルギーに満ち溢れた危険な曲です。
今日も弾けないスピードに突入してえらいことに・・・

でも
この曲のいいところは
(こっそり)
知っている人が極めて少ない・・
ということは
間違ってもわかる人が少ない(笑)
というところが取り柄だと思ってます。

でもあと2週間、出来るところはもう少し頑張ってみる予定・・

月曜の朝、出勤したら先日の職員検診の結果が届いていました。
結果は~
なんと胃透視が所見ありで要精査とのこと。
一瞬だけ考えすぐに胃カメラを飲む手続きに行きました。
幸い翌日のカメラ予約が取れて
火曜の朝一で胃カメラをしてもらうことができました。

一瞬考えたのは胃カメラのタイミング
遅らせば心配する日が増えるだけ
もし悪い結果なら早いほうが色々と計画も変更できる。
と簡単に考えはまとまりました。
早くしてもらおう~

間接撮影のフィルムなんて小さいので当てにならない
と思ってみたり
でもその小さいフィルムで所見があったということは・・
と思ってみたりですが
考えても意味がないので考えないことにし仕事に集中することにしました。

結果は異常なし。
やっぱりほっとしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。