上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにバッハを練習していると昔のことがいろいろと思い出されます。



最初にレッスンでバッハを弾いたのは小学校5年生の時

小学校3年までを東京で過ごし

4年生の頭に関西に引っ越し

1年間は高校で音楽を教えていた遠縁にあたる先生に習い

その先生の勧めで5年生からとある音大の先生に習い始めたのでした。

結局その先生の教えるピアノが好きになれなくてピアノをやめちゃうことになるのですが(中1の最初)

最初のレッスンが終わってすぐにある楽譜を取り出されました。

春秋社版 バッハIV でした。

それまで全音や音友の楽譜しか使っていなかったので

箱に入ってしかも油紙のようなもので包まれた楽譜は子供にも高級に見えました。

今は春秋社版の楽譜は白い表紙ですが この時手渡された楽譜の表紙は黄色(これを言うと歳がばれる!)でした。

最初に弾いたのがこれ

子供心にも今まで弾いてきた曲と違う~と感じた曲でした。



数曲小品を弾いたのちインヴェンションに突入。

ポリフォニーの難しさと楽しさにはまりました。

このころはひたすらテーマや対主題探しをして色鉛筆で楽譜を線だらけにしていました。

中学受験で1年お休みしたのち

中1で再開するも運動系クラブで体力使い果たしピアノ弾く余裕もなくなり

また先生のレッスンも楽しくなくて何の迷いもなくピアノをやめました。

そして中2になり体力的に余裕ができたところでまたレッスンに通うことになりました。

音大の先生はこりごり‥‥ということで

担任の先生の紹介で割と気楽なレッスンに通いました。

そこで再びインヴェンションの2声、3声をして

平均率は難しいからねとお預けを食って

そのまま20歳でピアノをやめるまでバッハを弾くことはありませんでした。



大人になってピアノを再開するまでの10数年の間に

お預けを食った平均律が無性に弾きたくなってピアノを再開しました。

再開した先生に最初にお願いしたのが

”平均律を教えてください”ということ。

最初のレッスンは平均律1巻の11番とドビッシーの帆でした。

そのあと平均律1巻のほとんど

フランス組曲、イギリス組曲、パルティータ、イタリアンコンチェルト、トッカータ

などを弾いた後平均律の2巻に進みました。

この間、バッハと他の作曲家もう1曲と言うレッスンでした。

もう1曲はドビッシー、ベートーベン、ラフマニノフ、シューマンなどでしたが

バッハ以外はあまり練習せずバッハばかり弾いていいて楽譜も持たずに行って

いつも”もう1曲はいつもってくるの?”と聞かれていました。

”あ~、そのうちに~”と笑ってごまかしていました。



現在の先生になって弾いたのは平均律が2曲だけ

今弾いているトッカータはほんとに久しぶりと言った感じです。

現在の先生になって初めてバッハが旋律の横の流れだけでなくて

どんなに素敵な和声から構成されていることを知った次第です。

今弾いているトッカータは

10年以上前のNHKの番組で

鈴木弘尚氏がまだ高校生の頃生徒として出演しレッスンを受けていた曲です。

それ以来この曲が好きになりました。

この番組は他にも上原彩子氏や後藤正孝氏、上原ひろみ氏なども出演していました。

講師はヴェーラ・ゴルノスターエヴァ教授でした。

現在活躍中の上原ひろみ氏動画

http://www.youtube.com/watch?v=-HcKrd3K8_A



この曲は次回練習会に弾くつもりで練習中です。

発表会に弾くかどうかはまだ考え中です。



スポンサーサイト










実家の帰りに梅林に立ち寄りました。

まだ3分咲きくらいでしょうか?

今日はとても暖かかったのでこれから一気に咲いてくることと思われます。



最近は和食に行くことが多かったのですが、今日は久しぶりにフレンチへ行ってきました。

食い気に走って全部を写真に収めておりませんが一部だけ。



解説は省きます。

美しくて眺めるだけでも楽しい。

そして食べて食材を当てあいっこする楽しさ。



うれしかったのはデザートどれにされますか?

と聞かれて悩んでいたら

全部入れてくださったこと。



大満足で帰ってきました。

あしたから1週間元気で働けそうです。



2月も後半に入ったというのに今年の初レッスンでした。

先生も超多忙で土日にレッスンを入れていただくのは至難の業になってきました。

今日も午前のレッスン

行きの電車で前回レッスンの録音を聞いて何とか曲を思い出すことができました。

今日も前回に引き続きバッハとマスカーニの予定

バッハ 羊は柔らかに草を食み 

http://www.youtube.com/watch?v=OTcTx1gPim4

マスカーニ アヴェマリア

http://www.youtube.com/watch?v=voij0540vWk&feature=related

先生のお宅に伺う前にお気に入りのパン屋さんに寄りました。

レッスン後に先生と一緒に食べようとお気に入りパンを購入。

その時ふと気づくとバックに流れていた曲がマスカーニのアヴェマリアだったのでびっくり。

BG風に編曲されてはいましたが偶然ってあるものですね。

レッスンはメソッド上がり

曲は2曲ともまだまだでした。

どちらも大好きな曲なのでいつまでも歌っていたいので歓迎です。



今日バッハのレッスンで言われたこと

転調繰り返していくところで

和音進行を理解してつかまえて声を器楽的に感じるようにと

ここは構成がとても大切ですということです。

楽譜を良くみると

歌より先に伴奏が一拍早く転調の和音を弾いている箇所がいくつか

それをそのまま歌うのではなく和音構成を感じて歌わないと

いつも言わているように

”何やってるかよくわからん”音楽になってしまうのです。

感じて歌う。

でも実際にどう歌うのかはなかなか難しいところがあります。

しばらく悩みながら練習してみます。



職場の緩和病棟にK学院大管弦学部の有志が演奏に来てくれました。

編成は弦4人管5人で患者さんを疲れさせないため短時間のコンサートでした。

20歳前後の若者のエネルギーがホールにあふれそうに満ちていて楽しいコンサートになりました。

先日その病棟でお母様を見送ったばかりの学生さんが気丈に演奏されておられてその強さに感動しました。



緩和病棟のコンサートと言えばどうしても思い出すのが

もう亡くなって10年以上になるいっしんのことです。

いっしんについては何回か書いていますが余命3か月の宣告を受けてもなお懸命に生きた記録がこれです。

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AB%E6%9C%9F%E3%81%8C%E3%82%93%E5%AE%A3%E5%91%8A%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E3%81%A8%E3%82%81%E3%81%A6%E2%80%95%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%A4%96%E7%A7%91%E5%8C%BB%E3%80%8C%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%97%E3%82%93%E3%80%8D%E3%81%AE%E9%81%BA%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8-%E7%9F%B3%E6%9C%AC-%E5%B7%A6%E6%99%BA%E5%AD%90/dp/4899851138



いっしんがホスピスに転院したのちのことですが

ボランティアのコーラスグループが今日のように病棟でコンサートを開いてくださいました。

その日コーラスを聴きながら、もうすぐ別れがやってくる事実が胸に迫ってきて

私は最初から最後まで涙が止まりませんでした。

その日歌ったサイマライズは美しくて大好きな曲ですがもう歌うことができません。

http://www.youtube.com/watch?v=K_dCNrQBXRg

(画像は悪いですがこんな曲です)









雪が降り積もっています。

今日の夕方

“すごく雪が降っている。かなり積もってきたので遅くなると凍って車出せなくなるよ”

と脅かされ、ダッシュで仕事終了。

車のところに行くと車の上には雪が7~8cmは積もっていて

フロントガラスの上にもびっしり雪

ためしにワイパーを動かしてみたけど

ウイ~ンと言うのみでびくともせず。

それでしばらくは雪除去作業を行いました。

何とか走れそうというところまで雪を除去して

恐る恐る走り出しました。

ブレーキかけたくないのでとろとろ運転です。

他の車もみんな超低速運転なのであまり怖くはないのですが

車のルーフに積もった雪を除去してなかったので

フロントガラスやリアウインドーに滑り落ちてきて

道半ばして後ろが全く見えなくなりました。

は~、でもバックするのは車庫入れの時だけだからとそのまま運転を続け

前方も何回もバサッ、バサッと雪が落ちてきて視界を遮りましたが

低速運転のおかげで無事帰ってきました。

問題は明日の朝の出勤。

凍結しているようなら電車とバスで出勤予定です。





自然に恵まれた町(田舎ともいう)で開かれた住民参加型コンサートで弾いてきました。

今日は午前が子供の部50組

午後は大人の部(中学生以上)20組

合計70組が素晴らしいピアノの虜になりました。



受付を済ませるとまだ子供の部が終わっていなかったので

ホールに入って少し聞いていました。

一番後ろで聞いていたのですがピアノの音は自然でとても心地良い響きです。



今日はなんと名古屋からMちゃんが演奏を聴きに来てくれました!

MちゃんはMちゃんの親友いくちゃんを通して知り合った仲です。

いくちゃんはピアノと山が趣味という誰かにそっくりな方でしたが

残念ながら病魔に侵されていて数年前に向こうに渡られました。

そしてなんということでしょう。

私がホールに入ってしばらくすると

少年がドビッシーの2つのアラベスク1番を弾きはめました。

この曲はいくちゃんが入院中、紙鍵盤と楽譜を持ち込んで熱心に練習していた曲でした。

”発表会がもうすぐなので 何とかそれまでに退院したい”

といつも前向きないくちゃんは亡くなるまで悲観的な態度は一切取られませんでした。

いくちゃんの話はまたいずれ‥‥



先日小野のコンサートでお世話になった皆様も出演されていて

それぞれ素晴らし演奏を聴かせていただきました。

Iさんのリスト、大人の魅力たっぷりの演奏でした。

S先輩とMさんのモーツアルトの連弾、モーツアルトらしい楽しい演奏

(特に3楽章が素敵)でした。

またお聞かせください。

私は‥‥

練習不足で途中で戻ってしまい

頭の中でどこから戻そうか?とパズルを解くようなスリリングな演奏で

やっぱり人前で弾く前はちゃんと練習しないと痛感しました。

それでも後半は思い切りよく気持ちよく弾け

弾き終わってなんと

”ブラボー”って

Mちゃんありがとう!

写真はいただいたお花

種々雑多なものの置き場所玄関に飾りました。

ありがとう!





明日はとある田舎の町の住民参加型のコンサート 植林・植樹

とても弾きやすいスタインウエイD.274を弾けると思うとわくわくします。

長く付き合ってきたカレポロも明日でしばらくお別れします。



今日は明日のコンサートに備えてまずその練習をするはずが

朝起きてメールチェックしてびっくり

大学時代のテニス部の監督からのメールが入っていました。

大学のテニス部はこのたび創部60周年を迎えるということで

記念誌に何か書くよう言われていたのでした。

締め切りは1月31日

連絡があったのが1月初めころなので

油断してすっかり忘れていました。



午前いっぱいかかって何とか原稿を書き上げ

それからおもむろにカレポロを弾き始めます。

練習再開して何とか暗譜が抜けるところは克服しましたが

もうちょっと練習したいところ



今日のレッスンは20時からなので

なんとなく余裕があるような気がしてきますが

夕食は行く前か帰ってからかとか真剣に悩みつつ(しょうもない悩みだ事)

結局早めに食べて出かけました。

帰ってきたら23時近かったのでこれは大正解。

>>[ピアノのレッスン]の続きを読む


忘れたころに季節バージョンの背景になっています。

そういえば次の日曜はバレンタインコンサート

練習追いついていませんが楽しんで弾きたいと思います。



植林植樹

一部受けする話題で申し訳ありません。

今日今年定年退職されたM氏からのメールに

学生時代フットボールでのタッチダウンの動画が添付されていました。



M氏には車で連れて行ってもらって一緒に大山、剣山、石鎚山など登り大変お世話になりました。

本人に無断で(笑)アップロードしています。

背番号25番M氏の雄姿をご覧ください。



http://www.youtube.com/user/aizankei?feature=mhum







東京であった研究会に出席しました。

勉強はともかく

東京に行く楽しみの一つは東京在住の友人たちに会えること。

晩ご飯食べましょう~メールを送っていたところ

幹事さんのご努力のおかげで9人の級友に会うことができました。

みんな中高の同級生です。

会場は銀座!(関西の人間にとって銀座っていう響きは非常に魅力的なのです)

おいしいものを食べながらおいしいお酒をいただきながら

昔の話をあれこれ話す楽しみ。

そしてみんなの近況を聞く楽しみ。

みんな元気そうで良かった。

みんなそれぞれ親の介護のことや、若くない自分の体と向き合っていくことやら

まあこれからますますいろいろあるけれど

みんなの顔を見て元気をいっぱいもらえました。

東京組の皆さん、本当にありがとうございました。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。