上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々の声楽発表会でした。

写真は二重唱の相方とのツーショット

二重唱では私が18歳、相方が15歳くらいの設定なので

後姿だけということで・・。

ばたばたしているうちに本番の日が来てしまった!と言う感じの今日。

とりあえず通勤の車で飽きるほどCDは聞いたので暗譜は完璧?(ほんまか?)



午前のリハーサルでは久しぶりに会う人も多くなんとなくウキウキしてきます。

昼ごはんを軽く取って

いつの間にか本番の時間になっていました。

私たち二重唱の出番は前半7番目

関西人の誇りをかけて何が何でも笑いを取るんや~と特訓を積んできた(?)甲斐あって

めでたく最後の落ちで笑いを取れて面目保ちました。

次回発表会も笑いが取れるステージを目指します!!!



ソロの出番は後半

ここ数年歌い続けてきた大好きなパーセルの歌を2曲歌いました。

歌い始めるとあっという間に終わってしまった感じでした。

練習してない割にはまあまあ?と言う感想です。



ここ数年(と言うかずっと)練習と言えばレッスン前日くらいでしたが

今日お客さんの何人かに

”うまくなったね”と言われお世辞でもうれしかったです。

練習してもしてもなかなかうまくならんピアノとは違って

この辺も声楽の楽しさかも知れません。



今日もたくさんの歌を聞くことが出来てたくさんの感動がありました。

先生方の歌は別格で 拉致されて別世界へ連れて行かれるような気持ちになります。

こういう歌を聞くと やっぱり歌は止められない・・ と心から思うのでした。



声楽卒の上級者から初心者まで

声楽の楽しいのは聞いていてそれぞれがとてもその人を表していると感じられるので。



声と言うのはあらゆる楽器の中で表現力は最高のものだと思います。

”おはよう”の一言で

その人が誰かわかります。

さらに精神状態までもわかります。

”や~”だけでもわかるかもしれません。

ピアノで ドレミファソ と弾いただけでは誰が弾いたかわからないでしょう?

まして ド~だけではどんな気持ちか表現できないと思います。(出来ると言われた方もいたけど)

しかも歌詞がついています。

逆に表現する武器がありすぎて

”言葉だけで表現できてると思ってない?”と言われたりもします。



ピアノで息がつまりそうな時、大声で歌うと救われます。

私の音楽の時間の中に歌があって本当に良かった。

ほんの初心者ですがとっても楽しめる声楽

これからも細く長く続けて行きたいです。













スポンサーサイト
今日は職場の健康診断の日

私は午前中に胃透視があるため

昨日夜8時以降飲んだり食べたりしないことという注意書きが配られていました。

しかし

昨日仕事が終わったのが8時近くで夕食を食べることができませんでした。

脱水予防のためお茶だけは取りましたが

結局1時過ぎに昼食を食べたのち何も食べずに断食に突入したことに。

思った通り寝つきが悪く変な夢を見ていたような‥‥



そして今朝

何も食べず飲まずで職場へ

これで半日働かねばなりません。

お腹へったというよりのどが渇いているのでちょっとよれよれ。

そして午前の仕事を終えてやっと検診の時間

ずらっと行列

受付、血圧、採血、検尿、身長、体重、視力、聴力、聴診、心電図、胸部レントゲン、メタボ検診(体脂肪、腹囲測定)など長い道のりを経て

やっと胃透視にたどり着きます。

24時間ぶりに口にしたのはイチゴ味のバリウム

発泡錠のため胃の中はパンパン

そして検査の後久しぶりにまともなご飯にありつきプチ断食の終了です。

はーたったの24時間でも大変なのものですね。

チリの方はどんなに大変だったのか想像を絶する世界ですね。





何年前のことでしょうか?

ネットサーフィンをしていてたまたま出会ったサイト

それが

http://blog.livedoor.jp/pennehk/

ペンネさんのサイトでした。

文字通り全身全霊でピアノに打ち込んでおられる様子が克明に描かれたサイトで

すごい方がいるなあとしばらくはROM専でしたが

数年前友人の勧めでmixiに入ってペンネさんに恐る恐るメッセージを送りました。

それ以来時々コメントを送ったり送られたりの関係になりました。

一度お会いしたいという希望が今日の神戸公演でついにかなえられました!

今日のコンサートは

前半がペンネさんのソロ

バッハーブゾーニ シャコンヌ

シューマン 謝肉祭

ラヴェル 水の戯れ

ひそかにシャコンヌと水の戯れはいつかは弾きたい曲リストに入っています。

私の憧れを思いをさらに強くしていただきました。

そして後半は

作曲家三枝隆氏のレクチャーコンサート

ソロ、連弾、2台ピアノの名曲を解説付きで聞かせていただきました。

この2部も非常に楽しく聞かせていただきました。

三枝氏のサイトはこちら

http://www.musica-due.com/mieda/

初心者でも弾けるような素敵な曲がたくさん



またいつかお会いできる日が来ることを祈ってお別れしました。





私はほとんどテレビドラマは見ないんですが

ERだけは例外、欠かさず見ています。

職場の先輩に勧められて見始めたのはERIVの時だったでしょうか?

一瞬ではまってしまいました。

結局、看護師をしている友人がDVDボックスを貸してくれて

ER1からすべて見ました。

そして現在放送されているERXVでいよいよ最後になります。

昨日はレギュラーだったアビーがERを去って行きました。

ヨブ記からの引用が印象的でした。

学生時代、旧約聖書の中でこのヨブ記がなぜか好きでした。

難解ですが文体が美しく全体が詩のようです。

昨日引用されていた部分も美しかった。

(3章20節からと38章16節から)

久しぶりに聖書を取り出して読みました。

そういえば私が大好きなヘンデルメサイアの美しいアリア

I know that my redeemer liveth

http://www.youtube.com/watch?v=qtU1c5JZf0k

もヨブ記の引用です。







本日の朝刊のトップ記事は

”中国1万人が反日デモ”

中国3都市で大規模な反日デモがあり日系スーパーなどが襲われたと記載されています。



しかしなぜか日本で起きた中国の尖閣侵略の抗議デモについては私の知る限りテレビでも新聞でも全く報道されていません。

CNNが取りあげても全く無視を決め込んでいます。

http://edition.cnn.com/2010/WORLD/asiapcf/10/02/japan.anti.china.protest/index.html



この国の報道はおかしい。

中国のデモだけを取り上げて自国の声を無視しているとしか思えません。



約1か月後に迫った芸文コンサートに備えて

今日はベーゼンドルファーのあるミニホールでの練習会

ドキンちゃんのお世話で

Kateさん、ポプラさん、私、遅れてぷーりんさんジュニアという顔ぶれ

順番に弾いていきます。

ベーゼンドルファーは重厚で渋い音ですが

ちょっと弾きにくくて最初は戸惑いながら探りながら弾きます。

みんな芸文の曲をひたすら弾いていきます。

カレポロ、バラ1、バラ3、スケ3

頭の中がショパン一色に染まりそうです。

途中ホールを出た時に気付いたのですが

このピアノはホール内より外の方がきれいに聞こえます。

というか

ピアノに比べてホールのキャパが小さすぎるのかもしれません。

時間が余ったので

最後の1回はみんな違う曲を

私はシマノフスキーとベートーベンを弾いてみましたが

このピアノとの相性はベートーベンが一番良いような気がしました。

最後はプーリンさんジュニアの ショパンの華麗なる変奏曲で締めていただきました。

さすが毎年金賞を受賞されている実力者です。

締めにふさわしい演奏をありがとうございました。



練習会後はバイキングへ直行

お腹はち切れそうなほど食べちゃいました。

お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。









夜のレッスンです。

今日は前の方がこんな難曲を歌っておられました。

http://www.youtube.com/watch?v=qtDduuZNxFM&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=4_EXgSVyi1Q&feature=related



ロドリーゴです。

素敵な曲ですがまず挑戦することはないでしょう。



私たち二重唱は先日考えた振付で歌いましたが

無駄に動かない。

意味のない動きはしない。

目線が動きすぎ。

などダメだしだらけでした。

言われた動きに頭がいっぱいになると歌詞が飛びそうになったり

思わず笑っちゃったり

いろいろありましたが

当日は楽しく演技したいです。

ソロは何とか楽譜を外して歌えました。

ピアノとも少しずつ合ってきました。



あと2週間もう少しあがいてみましょう。





Mちゃんからまたまた楽しい動画が届きました。いつもありがとう!

http://www.youtube.com/watch?v=_zmwRitYO3w



こんなサプライズなら大歓迎です。

その場に居合わせた人の表情がおもしろい。

あっけにとられて絶句して

でもみんな楽しそう~



発表会まで3週間を切りました。エコアクション

そろそろ最後の仕上げと言いたいところですが

気だけは焦ってきました。

行き帰りの車はエンドレスで本番で歌う曲が流れ

ひたすら聞いては歌い続けます。

暗譜もあと一歩(まだかい!)

次回レッスンこそは楽譜を持たずに歌うつもり



今日は平日ですが二重唱の相方が夜うちに来てくれて振付の研究。

歌うだけでいっぱいいっぱいなので

振りをつけると歌が飛びそうになります。

さて今日の振り付けで次回師匠が何と言われるか楽しみです。



初日は尺八コンチェルトの後、三宮で飲み会

2~3日目は実家で過ごしましたが

その隙間にいろいろ

まずパソコンを買い替えました。

私は仕事ではマックを遊び用にはウィンドウズを使っていますが

今回調子が悪くなってきたのはウィンドウズの方

遅いし止まるし このシステムは応答していませんメッセージが頻繁に出てくるようになり

ショパコンの実況中継もしょっちゅう止まるしイライラ

おまけに最近異音(倚音ではありません!)がするようになって

前々パソコンはその症状が出てすぐにクラッシュしたので

思い切って買い替えることにしたのです。

もちろんシステムはセブンです。

おかげで今、ショパコン見ていますがサクサク見られてウレシイ!



その数日前には洗濯機が故障

8年使っていましたが

修理をお願いすると

“治せるかどうか診断に行くだけで15000円必要です。”

さらに

“洗濯機は毎日1回稼働させると7年で壊れるもの”らしいです。

結局新品を買うことにしました。

その時に無料修理保証を契約していたことを思い出しましたが

5年保証でした。

そういえば以前買ったマックも3年保証を付けていたら

きっちりそのあとで故障したことが‥

今回のセブンも2年保証どうされますか?

と聞かれて経験を生かして断りました。

最初の2年くらいはほんとにサクサク動きますから(よっぽど不良品に当たらない限り)



実家に帰って思ったこと

食器でも服でもなんでも多すぎ

なかなか捨てられない昔人間の特徴です。

先日私が中学の頃着ていた服をやっと捨てたそうです(驚)。

食器も何十人もの宴会ができそうなほどある。

昔は家で法事などしていた時のために20~30客揃いの食器などもある。

今はやりの断捨離について少しわかってもらうべく話をして

どう考えて使わない食器を少し仕訳しましたが

これは時間のかかる作業です。



断捨離

私も時間のある時に少しずつやっています。

服、食器、本、お土産でもらったこまごましたもの、あまり使ってない家電製品、

そしてパソコン内容を移した際にも

使ってないものいろいろ

ブックマーク、アドレス帳の中の誰かもわからない人、写真や不要な書類など

これもいい機会なので仕訳する予定です。













三木山森林公園の中の音楽ホールでありました。

今日は夜三宮で会があるため 車で行かずに電車で行くことにしました。

加古川駅から加古川線で粟生まで(一両編成のワンマン車両です)

神戸電鉄に乗り換え志染まで

天気が良かったら歩くつもりでしたがあいにくの雨のためそこからはタクシーを利用。

ちょっとした旅で2時間以上を要しました。

ホールに着くとE先生夫妻とご友人たちでお茶の最中

早速輪に入れてもらって

E先生に仕上がりを聞くと 割と余裕の答えが返ってきました。



そして本番です。

三木室内管弦楽団はアマチュアの管弦楽団です。

オープニングはモーツアルトの交響曲40番から第1楽章

なんと管楽合奏編曲版です。

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2+コントラバスで演奏されました。

いつもはバイオリンが奏でる主題をオーボエで聞くととても新鮮でした。

そして次がいよいよE先生の登場

マルチェルロのオーボエコンチェルトの尺八版です。

数年前R大のコンサートで2楽章を一緒に演奏したことがあります。

その時遊びで3楽章を合わてみましたが

アレグロで音程も飛ぶので尺八では難しいな~

と言う感じでした。

今日は1,2楽章はもちろん3楽章も完璧でした。

尺八独特の音のゆれや息遣いが随所にあって

オーボエで演奏されるコンチェルトとは一味も二味も違っていて

管弦楽の熱演と合わさりとても感動的でした。

E先生の暖かい人間性が伝わってくるような演奏でほっとした気持ちになり癒されました。

アンコールは日本の曲とのリクエストで黒田節を演奏されましたが

これもとても良かったです。





いよいよ始まりましたね。

konkurs.chopin.pl/en/edition/xvi/online/broadcasting

ネットで見ることが出来ますが

これを見始めたら寝不足になること確実です。

と言いつつ

もう少しだけと見てしまいます。



本番まで今日を入れて3回しかレッスンはありません。

今日からはレッスンと言うよりピアノ合わせで

もうレッスンは終了、どこにも入れる余地ないよ~

と言われてます。

今日はデュエット→二人のソロの順で歌っていきました。

”自分の声でピアニストにどう弾いてほしいか指示するんよ。

ピアノがずれるのは自分の責任”

と言われながら何度も歌っているうちになんとか考えがわかってもらえるようになります。



私たちのあともデュエットを歌われるお二人

そのお二人のレッスンもじっくり聞かせていただきました。

人のレッスンを聞くのはとても勉強になります。

今日も先生がKさんにダメ出ししながら

突然視線がこちらに

”aizankeiさん、いつも言われていることを客観的に聞くと良くわかるでしょう?”

そう~

良くわかるんです。

それでもどうやって直していくかが簡単にはわからないし出来ない・・。

Kさんも どうしたら?と質問されていました。



もう一組のデュエットはもうすでに振り付けも完成に近い段階で差を見せ付けられちょっとあせりました。

そのうちの一人はかつてオペラも本職で歌ってらした方なので演技もさまになっていました。

そして声も歌もすばらしいのですが

姿勢がとても美しく無駄な動きが全くないことに気づきました。

その手の動きは何?無駄やん!

とよく言われている私、とても参考になる歌い方です。



今日唯一ほめられたことは

”ソロのときピアノの音は良く聞けている、さすがにピアノを弾いているだけのことはある”

でも続きがあって

”デュエットになると相手の声を聞くので精一杯でピアノが聞けてない”

とのことです。

は~耳は二つしかありませんし



レッスン後先日注文しておいたやや大きいサイズのドレスを買いに行きました。

デュエットは姉妹の設定なのでおそろい色違いドレスを購入。

私がオレンジ、相方はライトグリーン

これだけでもかなり笑えます。

あとは演技で笑いを取るべくがんばろう!









いつの間にか大人の樹に成長していました。

今度の大人の樹はスリムで気に入っています。

ケーキは私の誕生日ではなくgrems3周年らしいです。

いつもは週末ですが土日が予定がつまっていて 久々平日夜のレッスンです。

芸文の本番まであと2ヶ月を切り最初にカレポロを弾くつもりでしたが

気分が変わってまずシマノフスキーOp1-2から

今日は何とか暗譜で弾けました。

さくっと終わって次へのはずが

ペダルがどう踏んでも丸をもらえず難航しとりました。

ペダルをあまり踏み変えずに混じり合う音の響きを楽しむ曲ですが

私が踏みっぱなしにすると不快な雑音に聞こえるため

踏み踏みしてたのですが

ダメダシ後 色々試して結局 踏み踏みに決定。

いろんな色の絵の具を水に溶かすとそれぞれの色が美しく見えるはずなのに

ごちゃ混ぜになって泥色になったようなイメージ・・

それでも上がり

”長くやってるから”と言う理由でした(笑)。



続いてショパンを弾くかどうか考えて

結局ベートーベンのソナタ12番

今月は多分レッスンは入らないだろうしこれ以上この曲キープするのも疲れてきたという訳。

先日から暗譜が怪しかったけどこちらも丸

ということで次回は13番をやっていきます。

予想通り時間切れでカレポロは弾けず

ほっとしたような残念なような気分。

芸文の本番まであとレッスンは1回でそれも直前なので悩むところですが入れていただきました。



その前に先に声楽の発表会があるのでこちらもそろそろエンジン全開にしないと

と思いつつ

今日も帰宅後歌うより前にピアノを弾いてしまう私でした。









通っているスポーツクラブの脂肪買取キャンペーンに参加していましたが

http://aizankei.blog.shinobi.jp/Date/20100809/1/

昨日が最終測定日

体重は最初少し落ちたものの途中から緩やかに元の体重に戻ってきていたので

期待していませんでしたが

なんと体脂肪率2.9%減少で 商品券2000円分ゲットしました!

筋肉もこの2ヶ月で2.2kgも増加してインストラクターのお姉さまにほめられました。

調子に乗って次の2ヶ月のキャンペーンも申し込み

目標を2000円(2%)に設定しました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。