上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、秋の発表会で歌う曲の音源を探しにヤマハに行って来ました。



music for a while

波田野睦美さんの名盤を持っていますが

キーが違うのであまり聞いていると混乱します。



そして見つけました。

スミ・ジョー氏のCDに入っていました。

しかも私の大好きな曲がいっぱい入っています。

前回の発表会で歌った曲もレッスンしてもらった曲もたくさん入っていてこのCDはしばらく聞き続けることになりそうです。



もう1曲は

come all ye songsters

これはバトルの音源しか持っていないのですが他に見つけることは出来ませんでした。



スミ・ジョーの声ってなんて美しいのでしょう。

ソプラノですがあくまでもやわらかく響きこちらの心にすっと入ってきます。

あらゆる音楽の中で自分の体が楽器と言うのは声楽だけで

これだけは持ち物の良し悪しがいろいろなことを分けるのでしょう。



http://musico.jp/contents/contents_index.aspx?id=tYRY3

特に良かったのは最後のヘンデルメサイアの

I know that my Redeemer liveth





スポンサーサイト
1年に一回くらい

こちらに帰ってくると連絡をくれる友人

お互いまだ若いころ同じ職場で働いていました。

今日は私が仕事の日と言うことで

三宮ではなく明石で食事しました。



明石も隠れた名店が色々あり

今日のフレンチもリーゾナブルな値段で

素材も味付けもとても満足でした。



彼女も今年はパソコンがショートして煙が出だしてデータがパーになったと思ったら

その後、カード、免許証、財布、鍵、携帯などの入ったバッグを置き引きされ

音信不通に・・。

いいことないねん

とぼやいていましたが元気そうで安心しました。





お隣に住むおじ様からいただきました。

近くの農園で作っておられるとのことです。

昨年、ナスをいただいたとき

”このまま生で塩だけつけて食べてみて”

と言われたのですが

採れたてのおいしい野菜は味が濃くて

塩もつけなくてもおいしくいただけます。



感謝感謝



LANがつながらない間にいろいろなことがありましたがさらっとだけ

連休は

まず声楽のレッスンに行きました。

そろそろ発表会に向けて暗譜も始めないとやばい時期になっています。

他の人がどんな曲を歌うのかも楽しみ。

そしてピアニストとの合わせがまた楽しみです。

その後、有馬温泉で1泊 まったりと過ごしたあと

翌日夜は友人宅でご馳走を頂き

最終日は発表会に向けて初Duetの合わせ練習

先生がいないとなんとなくよく出来たような気になり気分良く飲み会に繰り出す。



そして昨日は久々のピアノのレッスン

今日は何を弾きますか?と聞かれて

ベトソナと時間があればマズルカかシマノフスキーと答えると

じゃあ先にマズルカとシマノフスキーをやりますか?

と言われあせりました。

マズルカはこの1ヶ月弾いてなくて今日30分くらいの練習

シマノフスキーは今日はじめて暗譜で弾けたくらいの出来で

暗譜など暑い暑い道中できっとスカッと抜けているに違いない。

”出来悪いので先にベートーベンを”と答えると

”出来がよくなってから持ってきなさい” とのこと・・



ベトソナ12番の2~4楽章から弾きました。

おおすじとしてはいいけど

2,4楽章をちゃんと弾くのは大変

と言われましたがそのとおり

まだ練習が足りていません。

その後のレッスンでは先生横で弾きまくり

同時に弾いていただくと私のテンポがおかしいところが良くわかります。

音が豊かになってとても上手になったように錯覚します。

予想通り

”次回までに全楽章暗譜できますか?”

と質問が・・

ちょっと絶句していると

”暗譜してきてください”

と言われてしまうと今さら無理!とは言えません。



2~4楽章だけだったら時間余るはず

と急遽付け焼刃練習して

ショパンマズルカも弾きました。

やっぱり30分くらい弾いたくらいではだめだめでした。



ベトソナとマズルカ楽譜がどちらも重いので終わりたかったのですが残念!





そして今日

大学テニス部の同窓会(久しぶりです)

かつては同窓会の1部はテニスをしたものですが

もはや現役でテニスを続けているのは一人だけと言うことで

食事会だけになりました。

一人ずつ近況報告をしていっぱい話して楽しい会でした。

元気で集まれたことに感謝

そして来年も集まることを約束して別れました。









LANがつながらなくなって数日間

自分でできることを全部やっても復活できなかったので

タウンページでさがしてお助けマンに来ていただきました。



かなり時間かけて調べてもらってやっと原因がわかりました。

最終的にプロバイダーに電話して

第3者が私のパスワードを変更した形跡が残っているとのことがわかりました。

その日付がネットがつながらなくなった日と一致していました。

プロバイダーはそのことをつかんでいて

自宅宛に速達で仮パスワードを送ったとのことでしたが

住所変更届けをしていなかったので旧住所に送ったとのことでした。

本人確認してもその日は仮パスワードもらえず

さらに数日して仮パスワードが現住所に送られてきました。



それにしても

第3者?

誰?

どうやって入ったの?



非常に気持ち悪いです。

セキュリティー対策していたつもりですが強化する必要がありそうです。

昨日、突然LANがつながらなくなりました。
メールは読めないし
ネットはできないし
私はネット依存症でないと思っていたものの
かなり不便です。

これは職場のパソコンからの投稿です。
しばらく御用の方は携帯のメールでお願いします。
復旧すればまたお知らせします。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/



1999年8月16日佼成病院小児科部長代行・中原利郎、佼成病院の屋上から投身 自殺(享年44歳)。

遺書はこちらです。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/isho.htm



過酷な勤務からうつ病を発症し自死というあまりにも悲しい結末を迎えてしまったことに対して

遺族の方が裁判を起こしていました。

裁判の争点は

(1)病院での業務が過重であったか、それによって自殺の原因となったうつ病が発症したか、

(2)うつ病の発症に関して、使用者である病院の安全配慮義務 違反および注意義務違反が認められるか、の2点でした。

一審では、(1)と(2)ともに否定され、二審の2009年3月の東京高裁判決では、(1)が認められたものの、(2)は否定され、原告敗訴。

遺族側は判決を不服として最高裁に上告受理の申立を行いました。

数年前この裁判のことを知って 今回の判決に注目しておりました。

そしてその結果が

700万円と言う額で和解が決定と言うものでした。



この和解勧告にはやはり違和感が伴います。

月に8回もの当直をこなし

小児科救急の現場は患者は増加の一途

そして当直の翌日も普通勤務で

連続36時間勤務となる激務

その状態を知っていて放置した病院の責任はまたもやあいまいなものとなりました。

2008年高裁の判決文の中でこう述べられています。



仮に被控訴人病院小児科の当直業務が労働基準法41条3号 ないし関連法規の要件を満たさないからといって、直ちに本件で問題の安全配慮義務や注意義務の違背が根拠付けられるものではなく、個別具体的な当直業務の 内容等に照らして安全配慮義務等の違背を論じるべきである



これはどういうことでしょうか?

医師不足の病院で働く医師は

労働基準法も適応されず過労死しても病院の責任は問われないと言うことなんでしょうか?



数年前、労働基準法を守らずバスの運転手を過労働させ事故を引き起こした時

その会社の責任者は処罰を受けました。



航空会社のパイロットの労働時間は必ず遵守されるよう罰則も規程されているはずです。



しかし

医師はまったく守られていないのですね。

いまだに労働基準法も適応されず

過労から医療事故を起こしても本人の責任とされてしまいます。



http://blog.m3.com/nana/20071120/1

以前紹介した産婦人科医ななさんのブログです。

この日記を思い出しました。



明日は選挙です。

少しでも明るい未来のために投票に行きたいと思います。














実は決勝はブラジル対ドイツと予想していました。

その予想もオランダが打ち破ったからには



決勝は

オランダ対ドイツで決定でしょう

オランダ対ウルグアイは 3対1でオランダ

ドイツ対スペインは 3対2でドイツ



にわかサッカーファンの予想でした。



そして決勝は

延長戦で決着つかず

PK戦でドイツ



と無責任予想でした。







小野市で行われたピアノマラソンに参加してきました。

今日は昼からはぶてるさんとKateさんが習っている先生のピアノコンサートが大阪であるので

ピアノマラソンは朝一番の部にしてもらいました。

写真は緑にあふれた郊外に立つ美しいホールの外観です。

そしてピアノはこちら

スタインウェイのD247です。



弾いておられるのは調律師さんです。

全部で7グループに分けられ

私たちの部は10時から

最終部は17時からと言う長丁場です。

トップバッターは6歳の女の子

ブルグミュラーのアラベスクで始まりました。

実はこの曲には思い入れがあります。

今の先生に変わった時、

最初のレッスンに持って言ったハイドンとシューマンには見向きもされずに

では次回レッスンはブルグミュラーのアラベスクを持ってきてください。

と言われたのです。

とんでもない弾き方をしていたので

この曲で音の出し方のいろはから教わりました。

今でも悩むと時々弾いています。



小学生が数人続いた後、大人の部

私の前はKate さんのカプースチンのエチュード

急に会場の雰囲気が変わってきます。



そして私

北海道に1週間行ってたし

直前1週間は仕事だけてなくて

サッカーもあったし

昨日は阪神巨人戦もあったし

寝ようとしたらウインブルドンもやってるし

と言い訳だらけですが

カレポロ弾きました。

決めの音はずしたり

弾きなおしたりありましたが

素敵なホールで素敵なピアノの響きを楽しめました。

弾き終わってホールの外に出ると

受付に稲美町のリレコンで知り合ったピアノの先生がいらっしゃって

良かったですよ~

パワフルでエネルギッシュで~

と言ってくださったのでほっとしました。

(ホール内で聞かれずに良かった)

でもいつまでたっても

筋トレ系体育会系のコメントで思わず苦笑してしまいました。



市内でランチを楽しんだ後

大阪に移動

コンサートをされた先生は

20年前にショパンコンクールにも出場されたと言う経歴をお持ちで

今日のオールショパンプログラムを非常に楽しみにしていました。

前半はプレリュードの25番から始まって

なんとスケルツオ全曲

2→3→1→4 の順で演奏されました。

1番、鬼気迫る演奏で一番良かったと思いました。

この4曲は解説にもありましたがすべて性格が異なっています。

私の好みは3番でいつか弾いてみたいと思っています。

でも今日聞いても、やっぱり難しそうで二の足踏みそうです。

後半は

3つのマズルカop56

とプレリュード全曲と言う豪華プログラム

最後の音がなり終わった後

ちょっと会場が異常な雰囲気に包まれていました。

最後の音を弾き終わって立ち上がったピアニストが

立ちくらみしたのかしばらく動けないほど憔悴されていました。

すべて出し尽くして何も残らないと言う感じで

もちろんアンコールはなし。



そしてはぶてるさんのお知り合いの方数人と

お茶に行くはずが

方針変更して居酒屋に



楽しい時間をありがとうございました。









この季節になるとおいしく感じるもの

まず

冷やしソーメン

かき氷

そして忘れてならないのが

冷やし中華



今日も食堂に行ったらすでに定食は売り切れ

そこで迷わず

冷やし中華を選択



前の職場の食堂では

冷麺

と呼んでいたような?

(どう違うのか良くわかりませんが)同じに思えます。



話は戻りますが

先週北海道最後の夜を過ごした宿で

友人が

ラーメンサラダ

なるものを注文しましたが

これも冷麺と同じかと思いました。



どなたか違いのわかる方

教えてください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。