上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もこの日を迎えました。

恒例の仲間うちでの忘年会です。

何年前から行っているかわからないほど前からやってる気がしますが

仕事納めが終わってから気心の知れた楽しいメンバーで行われるこの忘年会が一番楽しみです。

今日も河豚

てっさも2人前たいらげ

待望の白子や肝はもちろん

雑炊までペロッと入っちゃいました。

そして

ひれ酒って何でこんなにおいしいんでしょう?



この1年で環境が変った人もあり

思い通りにことが運ばない人もあり

それでも

1年通して働いてこられた事、そしてこうして皆に会えて語り合う事ができることに感謝。

忘年会の締めくくりにふさわしい良い会になりました。

来年も元気でお会いできますように!





スポンサーサイト
今年は今日で仕事はおしまい

年末年始は出勤日はなし(の予定です)



今日も例年のようにすいた道を走って行って

すいた道を走って帰ってきました。



いろいろ大変でしたが

とりあえず

一緒に働いてくれた皆様にお疲れ様!

そして

自分にもお疲れ様!



明日は今年最後の忘年会です。

(また河豚)











久しぶりに歌のレッスンに行ってきました。

いつもは午前のレッスンの後

先生は午後から予定がてんこ盛りであわただしいのですが

今日は私のレッスンで今年の仕事納めということでゆったりレッスンしていただきました。



来年数年ぶりの発表会が決まったと言う事で

まずデュエット曲から

コジファントッテの中の姉妹のデュエット

(先生はこれを強く勧められます)

楽しいし、華やかだし発表会にふさわしいのですが歌ってみて簡単でない事が判明。

そして後半疲れてきた頃にアレグロとはいえ8小節以上もAで伸ばしっぱなしのところもあり・・。

予想したとおり今日は途中で息がなくなりました。

歌いこめば何とかなる? かも? (無理?かも?)



そしてその後はソロ曲

オペラアリアを歌うか、大好きなパーセルの歌曲を歌うかまだ決められません。

とりあえず今日はパーセルから候補曲5曲を歌い散らかし

先生の意見を伺うことにしました。



先生は練習会はともかく一応発表会となると声質に合わない曲は絶対に選ばせてくれません。

(前回も歌曲がテーマと言う事で

大好きなシューベルトの歌曲を5曲ほど歌って選んでもらったのですが

ほとんどが却下されました)



今日歌った5曲は自分の声を考えダイドーのラメンテなどメゾっぽい太い声が必要な曲は選ばなかったので

一応却下された曲はなかったのですが

この中から2~3曲選ぶ時、調や拍子、速さを考えて選ぶのが難しいということです。



次回はアリアシリーズでまた好きな曲を数曲歌う予定です。

これもいっぱいあって決められなさそう。



レッスン後先生と一緒にランチをしながら 久しぶりだったので話が終わらず

気が付いたらなんと4時!

父の病院の夕食に遅れそうになるくらい話し込んでいました。

まったりとした時間を過ごしました。

以前は朝から晩まで人のレッスンを聞いたり飲んだり食べたりしながら

ここで一日を過ごすレッスン生もたくさんいましたが

今日も父のお見舞いがなかったらそのまま夕食モードに入りそうでした。

話の端々に先生のプロ意識のすごさを感じることができて改めてちょっと感動した私でした。









新しい職場での初めてのクリスマスコンサートでした。



私が自分の勤める職場でのコンサートに出演するようになって多分7回目くらいですが

現在のメンバーに固定するようになってから4回目です。



新しい職場は1回のロビーが吹き抜けになっていて音がどう響くか楽しみでしたが

結構音の広がりの良い気持ちよい空間になっていました。



いつものように最初はミュージックベルの演奏と

聴衆参加のコーナーで

この時期このグループは引っ張りだこで

本番を8回もこなすのだそうです。

ミュージックベルの音はハンドベルほど重厚ではありませんが

軽やかな音がこの季節にぴったりです。



そして

もう常連になった優希ちゃんの演奏です。

今年中学生になりました。

かごめ変奏曲と 幻想曲さくらさくらの2曲。

今年バンクーバーで弾いてきた曲です。

体調不要を押して参加してくれたのですが

体調不要とはいえ本番にはきっちりと演奏してくるところなど

プロ意識がしっかりしていて子供と思えません。



最後が私たちの演奏

いつものとおりE先生の尺八と私のピアノです。

残念ながら予算の関係でデジタルピアノしか買ってもらえませんでした。

デジピの音の広がりはあまり感じられませんでしたが

尺八の音はその息遣いまでが空間によく広がっていて気持ちよく合わせられました。

今回は合わせ練習をする時間が取れず

前回セレブ幼稚園で演奏した曲目から5曲選んで演奏しました。

いつもながら尺八の優しい音は聴衆の皆様の評判もよく気持ちよくコンサートを終える事ができました。

出演いただいた皆様

お手伝いいただいた皆様

そして聞いていただいた皆様に深く感謝

皆様に Merry Christmus

そして 良いお年を (ちょっと早かったですね)









クリスマスバージョンになっていました。

やっぱり夜の景色の方が良く似合います。











久しぶりのレッスン

とりあえず行って見よう

と今日もあまり練習できず 父の見舞いに行ってから出かけました。



”平日はお仕事

土日は介護”

と言い訳した後に弾き始めました。



曲は(アンダンテスピアナートと)華麗なる大ポロネーズ

()は弾いていませんしポロネーズも約半分までしか譜読みできずでしたが

厚かましくも弾いてきました。

>>[今年最後のピアノレッスン]の続きを読む
ばたばたしている間に今年もあと2週間もないという現実が迫ってきました。

いろいろな締め切りも迫っていますし

とっくにぶっちぎった締め切りも・・(反省)。



相変わらず残業嵐は変らず

そこで

目標を立ててみました。

1.週に1回でもいいので7時までに職場を離れれる。

2.over 12(職場にいる時間が12時間を越える)は週に3回まで

未だにどちらも達成できません。



先日新施設で窓から外を眺めている人がいました。

聞くと

淡路島、そして明石海峡大橋が見える

とのことなんです。

確かに良く見えました。

窓から見える光景は田園ののどかな風景

豊かな自然が広がっていて景色を見る余裕も失っていたと気づきました。

もっとゆったりと仕事したいです~。



平日はほとんどピアノは弾けず

土日は父親のお見舞いに行くのでまとまった練習時間は取れません。



でも気がつけば明日がレッスン日なんですね、これが~。



そして

ご心配をおかけしておりますが高齢の父も順調に回復に向っております。

でもまだまだリハビリに日時を要する事でしょう。

まだ食事介助が必要で

老々介護を絵に書いた様に母が通って食べさせています。

先日帰ってきた母が

”お父さんが文句ばっかり言う”

と怒っています。

話を聞いて

”もう~お父さん、お母さんがこんなに頑張ってるのに~”と少しむかつく私

そしてその翌日食事介護に行った私に父は文句を言いません。

そして

”今回は○子(母の事)に大変世話になった。是非謝恩会をしたいが何がいいか”

と聞くのです。

”そうやね~、やっぱり有馬温泉一週間とか”

と言うと

”それはいい、すぐに電話で伝えてくれ”

とのこと。

やっぱり母のありがたさが良くわかって甘えていただけのことのようで

恐れ多いですが

天皇陛下が美智子様に”感謝状を”おっしゃっていたのを思い出しました。







aizankei.blog.shinobi.jp/Date/20090420/

4月20日のブログに書きました

あのスーザンボイルさんですがすでにデビューされていました。

http://www.susanboylemusic.com/gb/blog/item/meeting_donny_osmond/


このホームページのmusicのところを開くと

このデビューアルバムの曲を少しずつですが試聴することができます。

英国で全英チャートで2週連続首位に輝いただけでなく

アメリカでも記録的なセールスを上げBillboardチャートのトップに躍り出ました。

少し聞いただけでも

直接心に訴えかけられてくるものを強く感じます。

学生時代に学習障害のあった彼女はj教師からひどい虐待を受けていた事も告白しておられます。

あの優しくそして力強い歌声からいろいろなものを感じさせます。

http://www.cyzowoman.com/2009/11/post_1171.html





ばたばたしているうちに早くも忘年会のシーズンに突入です。

昨日は神戸で河豚の忘年会。

やっぱり河豚は美味しい、大好きです。

今シーズン何回食べれるかな?

7時半スタートが仕事が終わらずお店に着いたのが9時半

もうおじやが出来上がっていましたが

てっさから出してもらって感激

私たち以降にまだ遅れてくる人もあり

結局仕事が終わらずあきらめた人もあり

いつもながらの風景でした。

来られなかった人の分のてっさや鍋用の河豚までも並べられて

閉店の時間をはるかにオーバーして食べ続けました。

もちろんひれ酒もいただきました。

職場の移転に伴い職員も大幅に増加したため顔も知らない方がいっぱいいらっしゃいますが

普段めったにお話できない方と話ができるので こういう会はいいですね。





You Tubeで見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=w8FaPBEN8Uk

スクリアビンの左手のための二つの小品からノクターン

うっとりするような美しい曲です。



こちらは昨日紹介したバッハ=ブラームス版シャコンヌ

演奏はウゴルスキです。

http://www.youtube.com/watch?v=Pcba8NwzE3I

http://www.youtube.com/watch?v=36aSJE8jAzU&NR=1




この曲はブラームスが右手を傷めていたクララシューマンに捧げたと言う逸話付きですが

あまりに話ができすぎていて ほんとかと思ってしまいます。

クララとブラームスの関係も未だに闇に包まれていてその謎がいい味出しています。



相変わらず忙しい日々を過ごしています。

先週もピアノを弾いたのがトータルで1時間くらいでピアノ欠乏症に陥っています。

時々車の中で

”弾きたいよ~”

と絶叫しています。

私のストレス解消法の一つ

車の中で大声で叫んだり歌ったりする。

結構いいですよ

“王様の耳はロバの耳”と言うやつですね。



昨日、朝の出勤時のFMで

ブラームス版シャコンヌをやっていました。

ピアニストは舘野泉さんです。

http://www.izumi-tateno.com/index.html



舘野さんは順調なピアニスト人生を歩まれていましたが

2002年1月9日、フィンランド第二の都市タンペレのリサイタルで、プログラム最後の曲の最後の和音を弾いたあと、ステージで倒れられました。脳溢血でした。

この最後の和音を弾いた後と言うのがすごいなあと思います。

多分、体調不良を集中力で押しやって演奏されたのだと思います。

そしてその後右手が不自由になった舘野さんは左手のピアニストとして復活します。



数年前、声楽の先生が誘ってくださって舘野さんのコンサートを聴きに行きました。

どちらかと言うと現代音楽という私の苦手分野の曲が多かったのですが

とても感動しました。



シャコンヌと言えばブゾーニ版があまりにも有名で

私の中でも長らくいつか弾いて見たい憧れの曲です。

しかし

このブラームス版がまたとても素敵な編曲で

音が少ないはずなのにそれを感じさせない曲です。

音の数と感動は全く無関係と言う事がよくわかります。

感動的なのはブゾーニ版に負けていません。

運転しながら聞いていたのですが信号を見落としそうになりました。





以下舘野さんの文を引用し今日のブログを締めます。





2002年の1月に脳溢血で右半身不随の身になってから、既に5年の歳月が流れ去ろうとしている。最初の2年間は、音楽に見捨てられたと思い、人生に何の 希望も持てずに過ごした。だが、苦しかったその年月こそ、実は自分にとって掛け替えのない貴重な日々をもたらしてくれたのだ。



左手で再びピアノに触れた時、音楽をするのに「両手だ、左手だ」という区別がまったく不要なものであることを実感した。左手だけでピアノの88鍵全域を カヴァーするのは確かに難しい。両手で弾くよりも遥かに困難なことは疑う余地がない。だが、決して不可能なことではないし、それに詰まるところ音楽とは技 術の難易ではない。演奏によって何を伝えるか、何を表現するかが最も大事なことである。このことが分かるのに、最初の苦しい歳月が欠かせないものだった。 「飢えは最上の料理人」と言うが、音楽に対する飢えにさいなまれたその時期こそ、こんにちの私の支えとなってくれていると思う。

新施設では旧施設ではなかったいろいろな便利機能があります。

たとえば

階段を上がっていくと次々にセンサーが働いて足元が明るくなる。

トイレに入ると自然に電気が付く。

そして、洗面所では

手を差し出すだけでセンサーが働き水が出る。

(いずれもライトのスイッチや蛇口に触らなくていいので感染防止に役立ちます)

などです。

でもすべての場所がそうではないのす。

今日も手を洗おうと手を差し出したままボーっとしてしばらくして気が付きましたが

そこは自動機能は無かったのです。



ある方に聞いた話です。

その方の自宅のトイレは用を足したあと自然に水が流れる機能が付いていると言う事で

自宅以外の場所でよく水を流すのを忘れてとっても恥ずかしい思いをするとか・・。



習慣って恐ろしいですね。

無意識にいろいろな事をやっていますので

頭が空っぽな時には注意しましょう。



もう一つ

新施設では今まで紙に記録していたものがほとんど電子化されました。

これが

便利なようで非常に不便

紙に書いた事は頭の中にイメージとして残りやすい。

どのページのどのあたりに書いたとか

簡単なスケッチでも入れておくと一目瞭然です。

電子化されると

書いたものがどこに入ったか探す仕事が増え

わからなくなって

同じ仕事をしてしまい

そして

同じ仕事なのでアラームがかかって

前回の内容を取り消さないといけなくなって

また探すのに手間取る

と言う始末。

毎日格闘しています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。