上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のブログでボルガ氏と協演しているマペットのワンちゃん

Rowlf君という名前のようです。

ピアノを弾く様子がとってもかわいくて さまになってるので

またまた動画あさり

ピアノストとではなく

ここではボーカル担当です。

この子犬のカワイさにやられました。

The Muppet Show: Rowlf - "What a Wonderful World"


画像クリックでスタートします。

スポンサーサイト
昨日のブログで紹介したミカラペトリを笑わせながら演奏しているピアニストの事が気になって

ちょっと調べてみました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Victor_Borge

”デンマークのコメディアン、ピアニストそして指揮者である。”とされていますが

確かに半端でないテクニックと即興力を持ち 

ユーモアのセンスも満点

楽しめる動画をたくさん見つけました。

一昨日、ホッターの冬の旅で落ち込んだ方は

これで大いに笑ってください。





ハッピーバースデイ 昨日が誕生日だった友に捧げます。

http://www.youtube.com/watch?v=hkkHz8xq7lE&feature=related



マペットとともに マペットかわいい・・

http://www.youtube.com/watch?v=yaPxE7JY_d4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=kOrpcCNXHl0&feature=related



子犬のワルツ(2台ピアノ編) アレンジがすてき

http://www.youtube.com/watch?v=gWrqtJTEmBk&feature=related











鍋が美味しい季節となりました。

今日は友人が誘ってくれたのでクエを食べに行って来ました。

もうすでに良く油が乗っていてとても美味しかったです。

クエの油はそのまま私の油になりそうな勢いで食べつくしました。





昨日、コンサート終了後夕食まで時間があったので

神戸ヤ○ハに立ち寄りました。

友人がリコーダーでも始めてみようかな?

と言う事でリコーダー選びに付き合いました。

リコーダーも木製の高級機種は5万円以上していましたが

とりあえずはじめはプラスティック製で木目模様を施したものを購入

リコーダーアンサンブルも面白そうなので

私も1本買いそうになりましたがどう考えても無理なので断念。

そして楽譜売り場で教則本を

その次にCD売り場で私のお勧めのリコーダープレーヤーのCDを探しに行きましたが

お勧めの方のCDは見当たりませんでした。



お勧めの演奏家はこちら

リコーダーが小学生の教材ではなくて立派な芸術である事を認識させてくれた人です。



美しいバッハです。

http://www.youtube.com/watch?v=pFV-zW-dn9g



アルビノーニのオーボエコンチェルトです。

http://www.youtube.com/watch?v=2rX8FIBqKiM&feature=related



大好きなフルート奏者ゴールウエイとの楽しい協演です。

http://www.youtube.com/watch?v=x1GuPhZRR-E&feature=related



コメディアンピアニストビクターボルガの80歳のバースデイコンサートでの演奏

必死で笑いをこらえていますが何回も吹き出しています。文句なく笑えます。

http://www.youtube.com/watch?v=rIFHVuMb4bE&feature=related











約2000坪の広大な敷地を持つセレブ幼稚園のホールでのコンサート、

無事終了しました。

演奏したのはE先生の尺八と私のピアノのデュオです。



まずゲネプロ

幼稚園ホールと聞いてあまりピアノには期待していなかったのですが

クリアーに響く弾きやすいピアノで一安心。

ホールも天井が高くて響きが飛んでいく感じがすてきでした。

ゲネプロ終了後

コンサートのオーガナイザーの方が

”とても優しい音がしていました”とほめてくださいました。

某レッスン室で

音が硬い、汚い、つぶれているとか言われ慣れている身としては

こういう言葉をかけてもらっただけで

舞い上がって

月までも行ってしまいそうでした。



開演までに時間が1時間近くあったので

すぐ近くの喫茶店に食事に行きました。

なんとそこにはカワイのグランドピアノが置いてありました。

カウンターに座ると

今日のコンサートのチラシがおいてあったので

”出演するものです”とか話をしていたら

尺八でクラッシックって聞いてみたいわ~

と言われたので

少しだけリハーサルの続きをしました。



さて本番ですが

この1週間ほとんど練習できなかったので集中しないとやばい

と本能的に察知し

最後まで集中切らさずに何とか演奏できました。

私たち以外の演奏と出し物

コーラス、3重唱、声楽ソロ、トロンボーン独奏、落語,新内

も皆とてもレベルが高くて楽しめました。

会場はほぼ満員の入りでアットホームな暖かい雰囲気が漂って

いい演奏会でした。

お世話してくださった皆様ありがとうございました。

また聞きにいらしてくださった方々、ありがとうございました。



コンサート終了後、聞きに来てくれた友人がお寿司をご馳走してくれました。

幸せな1日に感謝!







今日の朝刊に北山修氏が書いた先日亡くなった加藤和彦氏への追悼文が掲載されていました。

北山修氏はフォーククルセイダーズで活動されていた頃は京都府立医大の学生でしたが

現在は精神科医として活躍されています。

さすが精神科医の分析というべきか

このように書かれています。

”彼の自死は自らの人生という”作品”について、もう一人の加藤和彦があまりりに厳しくて、自分で自分を追い詰めた結果、こういう結末になったのだと私は考える”

北山氏には何の相談もなく逝ってしまった加藤氏

もちろん自死を選んだ原因は鬱病と考えられますし

欝の時には人に相談するような精神状態にはなれません。

そんな事は専門医として重々理解した上でも

北山氏は彼の死に対して

なぜ?

どうして自分に話してくれなかった?

などと考え、とてもつらい思いをされた事は容易に想像できます。

文はこう結ばれています。

”そこで、作詞家としての私としては、今度天国に行くまでは、オラは生き残っただァ、と歌いながら加藤の分まで生きて生きて生き残ってやりたい。天国のあいつに”格好が悪い“と言われようとも、またどれだけ駄目出しされようとも、何度も書き直してやる。それが加藤和彦と私にできる最後の共作であり、フォークル最後の演奏なのだ。”



その後、出勤の車中

FMでは冬の旅をやっていました。

歌はハンス・ホッターで62歳の時の録音です。

奇しくも加藤氏の亡くなった年と同じ

声は決して派手ではなく落ち着いたバスバリトンで心にしみてくるようです。

その声が冬の旅の雰囲気にぴったりでした。



先日のピアノのレッスンで

ブラームスのヘンデルバリエーションについて先生が

”僕はこれ学生の時に弾いたけど、何考えて弾いてたんだろう”

というような事を言われました。

全く同じことを声楽の先生もよく言われます。

”この曲は昔は何歌ってるかもわからんと歌ってた”

そして

冬の旅のような人生を味わいつくしたような歌は

これくらいの年齢でないと歌えないのでは?と

ふと思いました。

学生が冬の旅を歌う事もありですが

きっとすかすかの内容でしょうね。

ピアノで言うと中学生くらいなら技術的にはシャコンヌくらい弾けちゃう子はいっぱいいるでしょうが

あんまり聞きたいと思いません。



そして

学生時代から○○年

今や年齢だけは立派に重ねておりますが

もちろん

年齢だけでも(笑)弾けません。

当たり前・・



ハンス・ホッターの冬の旅から

http://www.youtube.com/watch?v=jnU8FTgQJvo&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=-EuRGb0rgSA&feature=related

暗いですね~。落ち込みたい気分の時にどうぞ。



こちらはバッハ

http://www.youtube.com/watch?v=C93x--F4grU&NR=1

バッハの方が光が見えます。









今度の土曜日、10月24日午後2時から

小さなコンサートに出演します。

プログラムは

コーラス、声楽ソロ、トロンボーン、三重唱、尺八とピアノのデュオ、落語、新内小唄

と幅広い内容です。

出演者もアマチュアからプロレベルの方までさまざまです。

場所は

阪神間のとあるセレブ幼稚園です。

もし興味を持っていただけた方がありましたらご案内しますので

メール、もしくは非公開コメントでFax番号を教えていただければ

チラシと地図をFaxいたします。



えっ?練習できてるかって?

この時期の多忙が予想されていたので

あまり練習しなくても良い曲を選んだんですが・・。

今から少しだけ弾いてきます。

前回の読書日記 aizankei.blog.shinobi.jp/Entry/560/ から約2ヶ月

あまり読書量は多くないですが 

こんな本を読んできました。



終末のフール 伊坂幸太郎

充たされざる物 カズオ・イシグロ

楽隊のうさぎ 中沢けい

禁断のパンダ 拓未司

対話篇 金城一紀



などです。

まず☆hachi ☆さんのブログでお勧めの終末のフール

伊坂氏の本は 重力ピエロに続いて2冊目

地球最後の日が近づいてきたら何をするか?

という命題

千歳空港で飛行機を待っている間に読みました。

あと3年で地球が滅亡するということがわかったら

毎日をどう過ごすのでしょうか?

全くわかりません。



充たされざる者

カズオ・イシグロ好きの私にとってもなかなか読み始められなかった小説です。

何しろ長い!

文庫ですが939ページもあります。

ピアニストが主人公です。

世界的に有名なピアニストのライダーがとある町でコンサートをすることになります。

初めて訪れた町なのに

知り合いがいたり、妻子がいたり、住んでいた場所が出てきたりと

何でやねん!

と叫びたい気分になります。

そして肝心のコンサートですが・・(以下略)

時間も空間も大きくゆがんでいて理解を超える場所もあり

何回も読み直したり進んだりしたので結構時間がかかりました。

目的地になかなかたどり着けないもどかしい夢を見ることがありますが

そんな感じ。

あとがきによると 

この本の評価も2分されていますが

作者本人は

”最高の自信作”と言っています。

謎はいっぱいあります。

本人が解説しておられないので読み手の想像に任せられていますが

たとえば

どこの国の話だろう?

サトラーはヒトラーの事か?

コンサートで弾く予定だったマレリーの”石綿と繊維”はどんな曲だろうとか?

いろいろな疑問は私の中ですっきりできていなくて

時間があるときにゆっくり読み返してみたい、そんな本です。



楽隊のうさぎ

さわやかな小説です。

でもあまり心に残りませんでした。



禁断のパンダ

第6回 ”このミステリーがすごい”大賞受賞作です。

東京往復の新幹線で読みました。

ハーバーランド、モザイク、山手幹線などおなじみの地名が続々登場

そして登場人物も皆関西弁で喋ります。

文句なく面白いです。

でも終わり方が怖い!

作者うまい。絶対続編が読みたくなります。



対話篇

この作家の本は初めて読みました。

3つの短編からなりますが最後の”花”がお勧めです。











日ごろから時々お手伝いをさせていただいているとある会の総会が東京であり参加してきました。

なんとそこで表彰していただき

立派なクリスタル製の盾などをいただきました。

表彰って小学生の頃作文で市の賞をもらったとき以来でしょうか?

推薦していただいた皆様に感謝です。

これからもマイペースで仕事を続け微力ですが社会に貢献したいと考えています。

(まじめすぎて似合わんコメントやん)

写真はクリスタルの盾と

本邦初公開雑然としている私のピアノ室です。




この10日間でピアノを触れたのはトータルで1時間くらいでしょうか?

それでもレッスン日は来るわけで

レッスンをキャンセルする事もチラッと脳裏をかすめましたが

やっぱり出かけていきました。

ずっと仕事で気分も悪いし

少しでもピアノを弾いて先生の音を聴いたら少しでも元気になるのでは

と思ってみたのです。







>>[ピアノのレッスン→研究会]の続きを読む
ビッグコミックオリジナルに連載中の漫画

”あぶさん”で

ついに主人公の影浦選手が引退しました。

私とこのビッグコミックオリジナルとの付き合いは

多分大学の頃からじゃないかと思うのですが

その頃からすでにあぶさんは連載されていました。

今回の連載で873回目ですので

いかに長く続いた漫画かわかります。

(ちなみにこの雑誌は月に2回発売)

今後のあぶさんはどうなるのでしょうか?

コーチとして活躍するのでしょうか?


そろそろ職場の移転に伴う仕事が山積みになってきました。

先週くらいからまともな時間に帰ることはなくなりました。

今週もオーバー12(aizankei語で職場にとどまる時間が12時間を越えること)5日目です。

さらに土日も仕事です。



今日も8時ごろ

今日片付けなければならない仕事を前にうんざりしている時、電話が鳴りました。

電話は夜間当直からで

”aizankeiさん、お荷物が届いています”とのこと

早速受け取りに行くと

なんとMちゃんからのプレゼントが届いていました。(しかも夜間限定)

先日のブログでテープが見つからない、とか書いたものだから



越智章仁さんのCD、さらに岸本寿男さんの尺八のCD

そして越智章仁さんの先日のコンサートのプログラム

ほっとHouseのクッキー

を送ってくださったのです。

ほっとハウスについてはこちらをご覧ください

www.tanken-go.biz/hot/





とても元気が出ました!

ありがとうございます!

それにしても

金曜は私がいつも残業している事をMちゃんはご存知で職場に送ってくださったのか?

それとも

単に自宅と職場の住所を間違えたのか?

は なぞです。

(多分後者?)



でも

今週も仕事で疲弊した私にとって

このプレゼントはなんとぴったりのタイミングで私に届いたんだろうと

神様の技の様と感動してしまいました。









グリムスとはブログで苗木を育てる育成ゲームです。

現在3本目を育てています。(時々ほったらかし)

大人の樹に成長すると植樹してくれます。

植林というキーワードと

希望プレゼント 写真集百年の愚考

でブログを書くと応募した事になるらしいです。

なんという投げやりなブログ・・

少し早いのでは?

と思いながらも

今日受けました。

もちろん季節性インフルエンザの予防接種です。



新型の予防接種はいつになるのでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。