上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の発表に名古屋に行ってきました。

昨日から今日にかけての1泊2日の旅です。



前から気になっていたんですけど

東京に行くとエスカレーターで違和感ありますよね。

みんな左に立って右を空けます。

関西と反対と言うことで

名古屋はどっちだろう?と言う疑問がしばらく前からむくむくと起こっていたんですね。



それで、結果は

な、なんと

東京派閥(右空け派)だったんですね。

そうかそうか、地理的には関西の方に近いのに

気持ちは東京向いてるんだね・・

と言うことで疑問は一個解決



今朝ホテルのバイキングで

和洋折衷メニューだったんですが

おいしそうだったので

名古屋名物きしめんも食べちゃいました。

おいしかったのですが

やっぱりだしが関東風

味が濃いんです。

地理的には関西に近いのにやっぱり東京が好きなんだね、名古屋君。




スポンサーサイト
いつも気持ちのよい走りを見せてくれたQちゃんが引退を宣言しました。

“まだまだやれるのに”

と言う気持ちと

“やっぱり”

と言う気持ちが半々です。

見ている方でさえそう思うのに

本人としては今日の宣言をするまで非常に悩まれたことと思います。



でも今日の彼女の記者会見はさわやかでした。

彼女は常に自分の言葉で自分で考えたことを話しています。

日本のスポーツ選手の中には

コーチの言うとおりに動いて自分は何も考えてないんじゃないの

と思われる人たちがいて

そういう人のコメントを聞くと非常に空虚な感じがします。



彼女はそういう人たちとは全く異質で

チームQ結成の時ももちろんそれ以前も

自分の考えをしっかり持って歩んでこられました。



これから今まで陸上だけに注ぎ込んできたエネルギーを

色々なジャンルに向けて

新しい生活を楽しんでいただきたいと思います。




9月の終りから10月の終りまで合計5個の発表と講演があり

一つ終わればまた次の用意にと

ずっとあわただしく過ごしていました。

この秋最後の発表が30日です。

明日から3日間で用意する(できる)予定で

そしてそのあとは

11月は週末ごとに遊びます~。

とりあえず3連休は九州です。

今、頭の中は遊ぶ予定でぎっしり~~。


色々とたまってきて爆発寸前になってきたので

何が何でも今日は仕事が残っても残業せずに

“明日があるさ”精神で定時に職場を出ようと固く心に決めていました。



そして11日ぶりにスポーツクラブに行きました。

ここのシステムは

今日の体重と前回の体重をご丁寧にプリントアウトしてくれます。

11日で1kg体重増加していました。

順調に減ってきていたのに残念。

久しぶりなのでランニングは15分だけにして後はシンクロマシン15分

そして筋トレを約15分

消費カロリーは260カロリーでした。

昨日まで疲れはてていたのに

ちょっと身体を動かしただけで爽快すっかり元気になりました。

やっぱり私は身体を動かさないと気持ちも落ち込むタイプのようです。

今日も長い一日の仕事を終えて

帰る前にトイレに入ったら

とんでもなくタバコくさい!!!

おまけに洗面所にはタバコの灰が散乱していました。

~最低!!!!~

私の勤める職場は以前は建物内禁煙でしたが

この10月から敷地内禁煙と変わりました。

そのせいでヘビースモーカー達が非合法な場所で吸い始めています。

“ストレスが多いから我慢できない”

とか言い訳するんですよね。

それがまた許せない。

本当に腹立たしいです。

今日は犯人の特定はできませんでしたが見つけたら許さないから・・。



ここのところ仕事が山積みで職場に12時間以上いる

オーバー12(私個人の用語です)がずっと続いていて機嫌悪いんです。

スポーツクラブも10日ほどご無沙汰で

ピアノもせっかく調律に来てもらって素敵な音が出るはずなのに

触っていません(泣)。



長い一日の最後にこういう事があると

本当に気分悪いです。



ただ愚痴こぼしたかっただけですのでスルーしてくださいね。




今日は尺八のE先生がお住まいのマンションのふれあいコンサート

伴奏に呼んで頂きました。



午前中はリハーサル

ピアノはデジピなので

伴奏を曲によってチェンバロにしたりオルガンにしたりして遊んでいましたが

やっぱりピアノの音で弾くことにしました。



コンサート開始は2時

まずオカリナ3本とピアノのグループ

あとで聞いたのですが

やっぱりオカリナは楽器によって音程が微妙に違っていて

ぴたっと同じ音は出ない

でもそのなんともいえない音程の幅に癒されたりします。

その次は二胡の合奏

これも物悲しい音で朗々と語られる音でした。

その次がE先生達の邦楽グループ

久しぶりにE先生の邦楽を聞くことができました。

これぞ尺八本来の出番と言った感じ

そしていよいよ我々の出番

松風ギャラリーの時よりいっそう高い完成度を目指して演奏しました。

(口だけです)

ちょっと笑える話を

今日は最初にバッハのシシリアーノ(フルートソナタの2楽章)を演奏したんですけど

E先生は暗譜で吹かれたんですね。

ピアノと一緒に終わる曲なのに

なぜか尺八がが2小節以上早く終わってあとは私のソロに。

あとの飲み会で

E先生が

“今日はCoda付けたんですね”と言われるので

楽譜見せて

“先生が早く終わっちゃったんですよ”と

ジャズではアドリブが当たり前の世界なので

即興で付け足したと思われたんですね。

そして休憩後は

今度はE先生はジャズマンに変身

ピアノ弾きながらボーカリストを務めるわ

突然立ち上がって尺八吹くわ

また座ってピアノ伴奏を勤めるわ、で大活躍



最後に急に

“英語を教える”と急に本職に戻って(英語の先生です)

自作の英語学習ソングを歌い

会場の皆に歌わせました。

宣伝して歌ってくれ~と言うことですので

こんな曲です

http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/robineve/Patterns.htm

今日はMr.Verbを学習しました。



今日は心地よい秋晴れの一日

屋外ではフリーマーケットも開かれ

私もビール用素焼きグラス(2個で500円)

新保さんのハードカバー(2冊で100円)

など買いました。



コンサートのあとは会場で打ち上げ

手作り料理などたくさんいただきました。

Tさんお手製のケーキが大変おいしかったです。


久しぶりに平日のレッスン

仕事が予定通り終わるかと危ぶまれましたが何とか滑り込みセーフでした。

今練習している曲は

ずっと苦手系で逃げ回っていた課題

3度(ショパンのエチュード25-6)

そして

オクターブの速いパッセージ(リストのハンガリアンラプソディ6)



どちらも私にとって超苦手で後回しになっていましたが

いつまでも逃げてられないしいつかは取り組まないとと思っておりました。

(でも苦手系2曲は疲れる~)



3度のエチュードから見ていただきました。

1回通しで弾いた後

“これくらいのテンポで弾いて”と言われたテンポでは

とても弾けませんでした。

何回も言われたことは

指が暴れすぎ

ばたばたしている

必要以上に指を上げない

指先はもっと丸める

重さをもっと預ける

などなどです。

色々な指使い(普通型、ショパン型、特殊型)を教えていただきました。

弾きやすいのを選んでいい、と言われましても

どれも弾きにくい部分も多くて・・。

練習方法はたくさん教えてもらいました。

上をレガート、下をスタカートで弾く練習(これは難しい)

下の音だけ練習(下の音のレガートを意識するため)

内声だけ、骨格だけの練習

数オクターブを3度で上がり下りする練習

などなど



余った時間で少しだけリストのオクダーブの速いパッセージの練習方法を習いました。

この曲は恐ろしいことに127小節から159小節まで16分音符でのオクターブパッセージが1音の休みもなく続きます。

すなわち(159-126)×8=264個のオクターブパッセージです。

(計算なんかすると余計に疲れます~)

今の私には8小節くらいが楽に弾ける長さ

そして16小節くらいが限界です。

以下に長くそして速く弾き続けられるかが課題ですが

これは試行錯誤の毎日になりそうです。



次回レッスンまでかなり間があくので

もう1曲宿題をと言うことになりました。

2曲とも大変なので

あとの1曲は癒し系でとお願いしたにもかかわらず

候補に上がってくる曲は

ベートーベンのソナタ30番や

ショパンのソナタなど

癒し系と言う言葉の定義がわかってるの?と思う曲ばかり

結局

シューマンのソナタ2番に落ち着きました。

(これも全然癒し系ではない)

http://jp.youtube.com/watch?v=a0M_aIuXo4c

かわいいのだめちゃんの演奏です。










一昨日の昼間

ピアノの練習の合間に何気なくつけたテレビからこんなメロディーが流れてきました。

http://jp.youtube.com/watch?v=Mph1oYYJz4c&feature=related

NHK全校学校音楽コンクールのために彼女が書き下ろした曲です。

テレビでは中学生が顔中を口にして歌っています。

初めて聞いたメロディーと歌詞ですが

すっと心に入ってきました。

中学生の頃の不安定でそれできらきらしていた頃の思い出で胸がいっぱいになりました。

昨日コンサートに来てくれた友人と帰りの車の中でこの歌の話をしました。

彼女も同じ感想を話してくれました。



今、欝で苦しんでいる青春真っ只中の君

これを見たら是非この曲を聞いてね。




春にお会いしたドキンちゃんのお世話で

ベーゼンを弾こう会がついに実現しました。



言っては悪いけど加古川のような地方都市に

ベーゼンがあるなんて・・。



今日は午前が練習会

午後は一応(一応デスよ)発表会形式でと言うことで

きっちり緊張する練習もできました。



第1部

ドキンちゃんのリスト超絶10番はさすが発表会後ということで安定感抜群でしたね。

かんちゃんのモーツアルトも前に聞かせてもらったときと別人のように進歩されていました。

かんちゃんのめいごさん二人もしっかり弾けていましたね。

お姉ちゃんの方が弾かれたブルグミュラーの小さな集い

今まさに私が苦労しまくっている3度練習の始まりですね。

そして、ぽにょを歌ってくれた女の子、とってもかわいかったですよ。

ドキンちゃんジュニアのバイオリンもとってもかわいかった。

(と意識的に自分の演奏のコメント避けています)

第2部

写真はドキンちゃんとかんちゃんの連弾

アレンジの素敵なぽにょでしたね。

そして

スーパーチルドレン2人登場

お二人とも明日の日本の音楽界を背負って立ってくださいね。

その後

JRの事故で遅れそうになりながら駆けつけてくださった

プロのカオリ先生

10月24日にいずみホールでリサイタルを開かれます。

本日はその最後に弾かれる

リストのソナタを惜しげもなく披露してくださいました。

すごい曲ですが

この曲を集中力切らさず

全く初めて触るピアノなのに見事に弾き切られました。

すばらしい~!

前で見ていたんですが

細腕の美しい方です。

今私が苦労しているオクターブの早いパッセージがなんなく

すごいスピードできれいな音で飛んでいます。

アンコールは愛の夢

“弾けないと思いますが”と前置きされて弾かれましたが

どこが弾けてないのか聞いてみたい気がしました。

3部は

E先生の尺八と私のピアノのデュオですが

先日R大のコンサートで演奏した曲目と全く同じなので

安心して弾けました。

楽しかったです。







写真は今日のベーゼンの鍵盤

左端の鍵盤は間違って弾かないように黒く塗られています。



今日は一日とても楽しかったです。

聞いていただいた皆様、ありがとうございました。

そしてお世話になったドキンちゃん、かんちゃんありがとう。

考えてみると

ミクシーから始まったこの仲間にお会いできて

こんなコンサートができるなんてなんか不思議な気がします。

来年も是非お会いしましょう!




先日、登山家の山野井泰史さんが奥多摩で熊に襲われたことをお伝えしましたが

山野井通信にご本人のコメントが載っていました。

http://www.evernew.co.jp/outdoor/yasushi/yasushi4.htm



ご存知の方も多いと思いますが、9月17日の朝、熊の攻撃に遭いました。

たぶん熊の親子の方が先に僕の存在に気がついていたと思います。そこを下を見ながらランニングしていた僕が突進するようなかたちになったので彼女の怒りをかったのでしょう。

右腕は筋肉を損傷し20針くらい縫いました。顔は眉間の上から鼻にかけ70針ほど縫い現在でも大きく腫れています。

残念なのは2ヶ月後にオーストラリアクライミングを考えていたのに最も大切な腕を痛めてしまった事です。そでも・・・生きている熊に触れられるなんて・・・感動、言葉が適切ではないと思いますが、貴重な体験をしたような気がします。

野生動物を嫌いにもなっていません、また山のへの興味も失っていません。僕は回復したら岩に登り、山に登りそして自然を満喫することでしょう。



このコメントを読んでますます山野井さんのすごさがわかった気がします。

感動、貴重な体験と言う言葉を使っておられます。

そして熊に対しても嫌いになっていませんと。



今年もどんぐりが不作でこれからも熊があちこちで出没するかもしれません。

熊にとって住みやすい森が一日も早く返ってくるように何ができるか考えたいと思います。



午前に声楽レッスンに行ってきました。

明日から合唱コンクールと言うことで

先生は今日も午後からコンクール前の最後の練習が2団体

そして明日も会場入りが7時半といういつもながらの超多忙スケジュールをかかえておられます。

イタリア歌曲変奏つきバージョン2曲はもうちょっとと言われて久しいのですが

またまた上がりませんでした。

フォルテ、ピアノが交互に来る箇所

ピアノの歌い方が下手です。

“小さく歌えているけどそれでは聞えない。

意識を変えて息を多くするとか歌い方を変えると考えて”

と言うことです。

またいつも言われ続けていることですが

“変奏が楽しく聞えない。聞いている人の頭に音符が浮かぶようじゃなくて適当に遊んじゃってるように歌う”

こういうのが一番苦手です。

また歌が切れてピアノに引き継ぐところ、これもいつも言われますが

“そう歌ったらピアノは入れないよ、上向きに歌い終わってピアノに引き継ぐように。

勝手に1人で終わらせないで”

ピアノ弾きながら練習したらそのへんのことよくわかるのに

と言われますが不器用なもんでコンコーネ程度ならいいのですが

こういう曲は弾き語りできません。

パーセル新曲は今度も声質には最も似合わない曲です。

http://jp.youtube.com/watch?v=Ms6CAUoV1VU&feature=related

メゾっぽい太目の声が素敵です。



帰り、三宮で遊ばずまっすぐ帰ってきて

もう本番はあさってなんで久しぶりに本気で練習しました。

まず尺八の伴奏6曲

これは8月に本番があったばかりなので練習ポイントは良くわかっています。

あとはリハーサルができないのでバランス調整なのですが

多分よく鳴るピアノだと思うのでふたを閉めた方がいいかもしれません。

そしてため息

先日のレッスンで一応丸をもらったので

まだ暗譜は大丈夫と思いますが

頭真っ白になったらと少し不安です。

一番心配なのがテンペストですが

これはレッスンでも暗譜が飛ぶレベルだったので

譜を見て弾くことにしました。

しかしですね~

意外に譜を見て弾くのは難しいんですね。

暗譜でないと弾けない箇所が随所にあり

譜を置いていても一瞬どこを弾いてるのかわからなくなるという事態が起こりうると言うことが判明。

ちゃんと頭を整理しておかないと、とんでもないことになりそうです。

明日もう1日ありますのでもう少しがんばって見ます。

でもあこがれのベーゼンで(初体験)テンペストが弾けると思っただけでわくわくします。

企画してくださったドキンちゃんに感謝です。








今日こそは勝つと心から信じていたのに





完敗



ちょっと信じたくありません。

どうして???






恒例の新米を食べる会です。

今年も友人が田舎から運んできて

今日精米したばかりの新米を皆でいただきました。

ご飯に合うおかずがずらっと並んでいて

持つべきものは

料理のうまい友人と田舎で米作りをしている友(同一人物)です。

Oさん、ありがとう。来年もよろしくね。



少しだけまじめな話を

Oさんの田舎も多分にもれず農業を行っているのはご老人だけとか。

日本の食料自給率を上げるためには

第1次産業に携わる人口増加が必要であり

特に若い人が第1次産業を志すためにはどういう政策が必要か?

真剣に考えなければならない問題です。

前回オフ会でお会いしたマイミクのドキンちゃん、かんちゃんのお世話で

ベーゼンを弾く会が実現することになりました。



10月13日

加古川松風ギャラリー

http://www.city.kakogawa.hyogo.jp/hp/bunka/matukaze/matukaze_map.htm

午前は練習に当て午後は発表会形式で行いましょうと言うことになりました。

午後の部は1時半からです。

プログラムはこんな感じ(ドキンちゃんの日記より引用しました)

なんとプロのピアニストの方が出演してくださいます!

尺八のE先生も動員しちゃいました。

プログラムは先日のR大のコンサートと全く同じですが

お近くの方、興味を持っていただけたら

どうぞ足を運んでくださいませ。



第1部

るんるん幼児さん

   歌  『ぽにょ』

   ヴァイオリン演奏 『メリーさんのひつじ』『かえるの歌』『ちょうちょう』

   ピアノ演奏 『かえるのうた』『きらきら星』



るんるん小学生

   ピアノ演奏  『むっくりくまさん』

          『小さなつどい』 ブルクミューラー



るんるん大人

   ピアノ演奏  『超絶技巧10番』 リスト

          『モーツァルトソナタ310 』

          『テンペスト全楽章』 ベートーベン

          『鐘』 ラフマニノフ

          『革命のエチュード』 ショパン

          『ため息』 リスト





15分休憩 湯のみ





第2部

  みんなで楽しく歌いましょう~~ わーい(嬉しい顔)

       ピアノ連弾+合唱『ぽにょ』



  プロによるピアノ演奏目がハート

       

       ぴかぴか(新しい)プロフィールぴかぴか(新しい)



 マル秘

1978年 神戸市生まれ

1997年 兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業

2001年 東京藝術大学音楽学部器楽科卒業

2004年 東京藝術大学大学院音楽研究科修了

2007年 イタリア・スコントリーノ音楽院修士課程修了



*コンクール歴*



(日本国内)

1997年 第14回兵庫県独奏独唱コンクール第1位

2003年 第14回吹田音楽コンクール第1位



(海外国際)

2004年 第20回マルサラ市国際ピアノコンクール(イタリア)

       第2位、併せて聴衆賞受賞。



2005年 第8回ジャン・フランセ国際ピアノコンクール(フランス)

       第2位(最高位)。

      第3回フランツ・リスト国際ピアノコンクール(イタリア)

       第2位(最高位)、併せて聴衆賞受賞。



2006年 第6回アントン・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール

      (イタリア)第3位。

      第9回マウロ・パオロ・モノポリ国際ピアノコンクール

      (イタリア)第3位、併せて批評家賞受賞。

      第1回ルチャノ・ガンテ国際ピアノコンクール(イタリア)

       第2位(最高位)、併せて特別賞受賞

      第13回 ジャンルーカ・カンポキアーロ国際音楽コンク

      ール(イタリア)第1位・グランプリ、併せて特別賞受賞。



2007年 第12回 ベネデット・アルバネーゼ音楽コンクール

       (イタリア)第1位、併せて芸術賞・ショパン賞・

        コンサート賞を受賞。



*演奏会*

 東京藝術大学卒業試験の結果、日本ピアノ調律師協会主催「第2回新人演奏会」に推薦され、同大学院学位審査会の結果、新演奏家協会主催「第19回べーゼンドルファージョイントリサイタル(浜離宮朝日ホール)」に推薦される。

 神戸・東京を中心に、スタインウェイ、べーゼンドルファーでのサロンコンサートを開催、奏明会主催による演奏会に多数出演。

 他方、デザイナーのコシノジュンコのファッションショーに於いて、邦楽器とピアノとファッションという、新しい試みにも意欲的に取り組み、その一環として、2004年には、国土交通省主催「Visit Japan」プログラムに参加、フランス・ドイツの日本大使館公邸にて演奏。

 2008年10月、日本演奏連盟主催「ピアノリサイタル」(大阪・いずみホール)開催予定。

 これまでに、大阪センチュリー交響楽団、Mihail Jora交響楽団(イタリア)とコンチェルトを共演。

 ピアノを、渡辺純子、柳井修、成瀬修、梅谷進、秦はるひ、渡邊健二、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、サルバトーレ・スパノの各氏に師事。



ヤマハマスタークラス「ピアノ演奏研究コース」中日本支部講師。

西宮音楽協会会員。





休憩 および  弾き散らかし開始





PM4時ごろより

第3部



尺八&ピアノDuo



    バッハ、アダージオ

    エルガー 愛の挨拶

    エルガー 夜の歌

    ドビッシー 小さな羊飼い

    日本古謡 今様

    バッハ G線上のアリア






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。