上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日なんてあっという間やね~

っと休みの最後はいつもなんかさびしい思いです。

明日から仕事がんばろう~っとまだ思えず

濡れたものの整理、洗濯などしています。

雨の山行の後は

地図から、財布から、ザックの中のものまで湿っているため

すぐに片付けらずにしばらくは部屋の中で干しているので

部屋の中が小物展示場のようになっています。



10月の仕事予定を考えると頭が痛いですが

今日はそんなことは忘れて眠ることにしましょう。

次回山行遠征(そんな大げさなものじゃないけど)は

11月の連休

今度も2つの温泉をつなぐ山行です。

それを目標に明日から仕事がんばります。

スポンサーサイト


天気が良かったらもう一度ピークを踏んで八丁池方面へ縦走しようと言っていましたがやっぱり雨

そこで伊豆急行で河津まで行き

そこからバスで天城街道方面に向かいました。

ちょっとミーハー的かなと思いましたが

日本100名歩道にも選ばれているこの道

非常に美しく感動しました。

雨の中、雨具を着て歩きましたが

それも伊豆らしくて良かったです。

川端康成氏も大正7年にここを歩かれたとの事です(記念碑がありました)。

そして伊豆の踊り子の映画化で

吉永小百合さんを初め内藤洋子さん、山口百恵さんなどがここを歩いているはずです。



写真は天城トンネル入り口です。

トンネルの中は薄暗いライトがともっていますが

歩いていてちょっとぞっとした感じに襲われ

どんどん早足になりました。

思ったより涼しくその冷気にもぞくっとしました。

このスポットは人気が無く誰ともすれ違わずひっそりとしてい

ました。



それと対照的なのがこちら浄蓮の滝

観光バスが次々とやってきて人があふれていました。

ここでわさびソフトクリーム辛口と言うのを食べましたがとってもおいしかったです。



今日は修善寺温泉泊まりです。

夜、思いがけずBSで阪神広島戦をやっていて

かなりはらはらする展開でしたが

金本選手のホームランで快勝、気持ちよく眠れました。








待望の夏休み初日です。

9月中に取得しないと夏休みを取る権利が失効しますので

これを逃してなるものかと今日から3連休です。



朝の新幹線で熱海へ

在来線で伊東まで行きましたが

肝心の天気予報を聞くと

本日の降水確率40%、明日70%、あさって70%との事。



当初の予定は本日が移動日

明日天城山を縦走して八丁池から踊り子街道に抜ける予定でした。

そして今日は伊東温泉、明日は修善寺温泉と言う豪華温泉をつなぐ登山の予定です。

天城山は数年前に一度トライしたことがあります。

最初は小雨で登れると思ったのですが

途中から大雨になって道が川のようになってきて途中で断念し引き返しました。

そのときの帰り道

“道が無い”と立ち往生

よく見ると行きに登ってきた道が水没し川のようになっていたのです。

まだ浅かったので十分渡れましたが

引き返すタイミングが遅れていたらと思うとぞっとしました。



と言うことでリベンジ登山ですが

今回も天気に恵まれない様子

そこでもうすでに11時半くらいでしたが今日の天気が一番ましかもと言うことで

“今日登っちゃおうか”と言うことになりました。

もちろん踊り子街道への縦走はあきらめピーク2つ踏んで帰ってくるという

ミニ縦走です。

駅前で昼ごはんを急いで食べて登山口に向かいます。

登り始めはちょうど1時

そして万次郎岳ピークが2時

万三郎ピークが3時到着です。

帰りは同じ道ではなく万三郎岳を巻いて帰るルートにしました。

山は結構深くて登山ルートはうっそうとして暗く

明るいうちに帰り着かなければとあせりましたが

5時頃無事登山口まで下りて来れました。

そして何とか雨にはあわずに帰って来ました。

もともとが原生林に覆われていて頂上からの眺望も望めない山なので

曇っていてもそれほど残念ではありませんでした。

この山はアセビや石楠花が有名でその季節にはたくさんの登山者が訪れると言うことですが

今日は数組のパーティーと出会っただけ。

美しい原生林の緑を堪能して帰ってきました。

山の中で目の前10mくらいのところすごいスピードで何かが走り抜けました。

鹿でした。とてもきれいな脚をして見とれてしまいました。





夜は予定通り伊東温泉泊まり

ビールを飲んでこてっと眠ってしまいました。








確か学会2日目のはずなのにこの写真は何?とお思いの方がいらっしゃるかもしれません。

今日は天気が良かったのでバスに乗らずに

尼崎で東西線に乗り換え新福島から歩いていきました。

帰りも同じルートで帰ってきたのですが

尼崎で新快速待ちをしている時に出会ったのがこの列車

お名前は“文殊”と言い、天橋立行きです。

私は鉄ちゃん(鉄道マニア)ではないけど(女性は道ちゃん??)

こういうの見るとどきどきしますね。

家に帰るのをやめてこのかわいい子に飛び乗って遠くに行きたくなります。

たまに三ノ宮駅で鹿児島行き寝台列車など見ると

ふらっと乗らないように自分をしっかり押さえつけております(笑)。



一応学会日記

発表無事終わりました(って1行かよ!)



明日から夏休み行ってまいります~。




大阪で学会があり

早起きしてさあがんばって行こうと駅に着いたら

~人があふれかえっている

~タクシー乗り場に行列

いやな予感的中

事故の影響で西行き運転見合わせ中

東行きも大幅遅れ。

まあ発表は明日だから良かったものの

せっかくの早起きが意味無し。

それでもがんばって20分遅れで来た満員の新快速に乗り大阪に向かいました。

尼崎駅で車内放送

“この電車は信号待ちのためお急ぎの方は○○線各停にお乗換え下さい”

満員の通勤客はどっと階段を上がり

私もその列に加わりましたが

人があふれかえっていて隣のホームに下りられず。

しばらく待ってやっと各停のホームに下り立ったときには

もうとっくに新快速は発車していた!(ムカッ)



約1時間近く遅れて会場に着きましたが

聞きたいセッションは満員で立ち見(聞)でどっと疲れ・・。

やっと座れたと思ったら疲れでうとうとしてしまいました。



午後ポスターセッション行くと

大学時代の同級生(沖縄から参加!)にばったり

遠路はるばるようこそと

しばらく立ち話していました。



あしたの学会が終わればあさってから遅い夏休みをとります。(2泊3日の旅)

気になるのは天気。

明日は降ってもいいから

あさってから天気にしてくださ~い!










夕方から仕事と言う友人のために

午前だけの山歩きに行ってきました。

コースは新神戸駅から市が原を経て稲妻坂に入り

いつもはそのまま天狗に行く所を

途中で右に曲がり布引ハーブ園というハイキングコースです。

写真は友人が(友人母が?)作ってくれたお弁当

感動的においしかったです。ありがとう!

持つべきものは料理のうまい友(母?)です。

ハーブ園を少し見学して

温室の中のティーサロンでハーブティーを飲んで帰って来ました。

ほんの1時間程度の山歩きですがそれでも

緑を吹き抜ける風はさわやかでリフレッシュできました。



帰りに新曲の楽譜を買いに行きました。

新曲はリストのハンガリーラプソディ6番です。

http://jp.youtube.com/watch?v=Ep0tWVn3Yjw

前々回の発表会にいつもトリを勤める音大生の方が弾いておられた曲です。

めちゃめちゃ難しそうなので

せめて弾けなかった時のすべり止めをとお願いしたのですが

だめ、と言われちゃいました。

おまけにサンサーンスが1年もかかってたせいか

この曲は早く仕上げちゃってね、と

なんでやねん!また1年かかりそう!

 



やっさんがハードな2ヶ月に及ぶ研修を終えて無事帰って来たので

今日はそのお疲れ様会ということで

職場近くの洋食屋さんで6人で食事しました。

レストランは創作料理というジャンルのお店らしくて

凝った料理が多く出ました。

ソースが甘すぎてちょっと?と思われましたが

それでも最後の鴨はおいしかった~。

やっさん研修お疲れ様、

これからは色々と指導的立場になって行くと思います。

人の前で率先してやっていくことがキライと言ってますが

十分指導しながらやって行ける人と思っています。

スタッフもやっさんなら付いていく思います。

是非がんばってくださいね。


朝の新幹線で東京より帰ってきました。

今日は18時からピアノのレッスン

そしてその時間から阪神巨人戦が始まるのです・・。



レッスンは

リスト ため息

ベートーベン
 テンペスト全楽章

そして サンサーンス トッカータの順に弾きました。

恐ろしいことに期せずして全部暗譜になってしまってました。

リストはおまけで上がり

いつまでもレッスンに持ってくる曲じゃあないし~

とか言うのが理由

そしてベートーベンは暗譜でかろうじて通せたのが数日前

まだまだ暗譜が怪しい箇所がたくさん。

それで先生が本を取り上げようとしましたが

ここに置いときます~と取り上げ拒否し

やっぱりと言うか当然と言おうか

3楽章の途中でわからなくなり本を見ました。

そのあとはひたすら暗譜が飛ばないようにすっ飛ばしてテンポも上がってしまい

適当な演奏になってしまいました。

1楽章はともかく

2楽章は暗譜が苦手なゆっくりの曲

途中から暗譜が不安でやっぱりテンポが速くなり

3楽章は リズム、テンポ命の曲なのに不安定



どう考えても上がるわけ無いのに上がってしまいました。

“え~~!”と思わず抗議の声を上げてしまいますが

あとは自分で練習すればいいだけ、レッスンする必要はない

と言うことのようです。

最後にサンサーンス

気がつけばもうすぐ1年なりそうなこの曲

いつまでたってもまともに弾けないので

ついレッスンに持って行きたくなくなり後回しにしているうち

1年近くなってしまったと言うわけ。

でも、さすがに

もうモチベーションもなくなってきて

“練習しても弾けないし、しなくても弾けないし(当たり前)

もう見るのいやになってきて、吐き気しそうなんです~”

と愚痴って

ひどい出来なのに無理やり上げてもらっちゃいました。



一度に上がるとちょっと困るんですけど・・

と思いながらも

次の曲をもらうとわくわくします。

それについてはまた



そしてレッスン後外に出てすぐに

携帯で阪神巨人戦の途中経過をチェ~~ック

あかん、負けている

と言うことで暗い夜道をとぼとぼ歩いて帰って来ました。



今日はスポーツニュースも見ずに寝ます。

ううっ、阪神お願い!


東京出張のついでに東京在住の友人たちに声をかけて一緒に夕食をと言うことになりました。

今日の研究会会場の近く白金近辺を希望していたら

白金高輪近くのイタリアンを予約してくれました。

レストランに向かう途中

シロガネーゼを探してきょろきょろしていましたが

残念ながらそういう感じの方にはお会いできなかったです。



3人の友人が来てくれましたが

そのうちの1人が誕生日と言うことで

デザートプレート(チョコレートで名前まで書いてくれて)がサービスとなりました。

そしてお店の方がイタリア語で

ハッピーバースデイを歌ってくれ、思いがけず素敵な誕生日となりました。



その誕生日を迎えた友人はピアニストです。

昨年、自作曲を録音しCDデビューしました。

(~ここだけの話あまり売れていないらしい)

とても繊細で美しい音から太くて芯のある音まで自在に弾き分けています。

私は彼女のピアノにほれ込んでいて

彼女が関東に引っ越す前に押しかけ数回レッスンしてもらったことがあります。

しかし

“友達教えるんは思ったよりしんどいわ~”

と数回で破門になりました(笑)。

確かに横でへとへとになってるのを見るとこれ以上は無理かとあきらめました。



CD買ってあげようという方是非声をおかけ下さいね。


私が常々尊敬申し上げている山野井泰史さん(スーパー登山家)が奥多摩で熊に襲われました。

最初聞いた時、一瞬海外の山?

と思いましたが何と奥多摩で、民家からほんの100mのところだったとの事です。

http://www.excite.co.jp/News/society/20080917/20080917E40.057.html

山野井さんの一日も早いご回復をお祈りします。



このニュースを聞いてすぐにある本のことを思い出しました。

その本は

日本くま森協会出版の“クマともりとひと”

と言う本です。

先日カメレオンさんからいただきました。

60ページしかない小冊子ですが

日本の森のことが実にわかりやすく書いてあります。

また色々な意味で感動的な本でもあります。

今日は詳しくその内容を書いている時間が無いのですが

日本の森についてお知りになりたい方は是非是非お読みになってください。



山野井さんを襲ったクマはどうして山を下りてきたのでしょうか?

その回答がわかりやすく書かれています。



日本くま森協会のホームページです。

http://homepage2.nifty.com/kumamori/








午前は歌のレッスン

先生は昨日の夜、コーラス指揮の本番で

きっと打ち上げで遅くなってるはずだから

起きてはるかな? と電車の中からメール入れたらちゃんと起きておられました。

実は昨日のコンサートも聴きに行くことができなかったんです。

最近先生の本番、見事にほとんどパスしています。

(悪い弟子やわ~ほんと)



“いやあ、いろいろあって聴きに行けなかったんですけどどうでした”

としばし昨日の話を聞いてからレッスンが始まりましたが

昨日の今日でメールや電話が入ってきます。



今回は新曲が無くて譜読みが無かったので

昨日前回レッスンの録音を通しで一回聞いて一夜漬け

さらに今朝の電車でも聞いて0.5足して1.5夜漬けとしました。



イタリア歌曲パートン版は今日も上がりなし

いつも言われているように

元歌のイメージを大切に変奏を歌うこと

細かい音が決して重くならないように軽く歌うこと

など



そしてパーセルは2曲とも上がり

ダイドーのラメンテ

2回目なのに上がってしまいました。

この曲は聞いても歌ってもとても感動的

音も和音もシンプルなのになぜ?と思うほどぐっと来てしまいます。

どう考えても私の声質には合いませんが

あこがれの曲です。

次回は同じオペラから

Ah, Belinda, I am prestです。

http://jp.youtube.com/watch?v=Ms6CAUoV1VU&feature=related














今朝のFMはクルト・ザンデルリンク特集

その中での注目は

内田光子氏の弾くベートーベンピアノ協奏曲第4番

オーケストラはアムステルダム・コンセルトヘボーでした。

ベートーベンのピアノ協奏曲の中ではこの4番が一番好きです。

暖かくて優しくて人間愛に満ちあふれているようなこの曲は

聴いているだけで大きなものに包まれているような気持ちになり

優しい気持ちになります。

もちろん大変美しいメロディーですが

ベートーベンを聴いていると美しさより優しさを強く感じます。

それに対してショパンなどロマン派の音楽は

美しさの方をより強く感じます。



今日は朝のこの曲のおかげで魔の金曜日を乗り切り

そのままハイテンションのままジムへ!

以前は1週間の仕事が終わると

さあ、ピアノが弾ける と飛ぶように帰ったものですが

最近は、

さあ、ジムに行こう

と思う自分がいます。

とりあえずその時の自分の気持ちに素直に行動することがモットーですので

今日も迷わずジムへ

23時の閉店まで約1時間半いい汗を流して来ました。

スポーツクラブに入会してからそろそろ4週間

体の調子は明らかに良くなりました。

(体脂肪率も少し減りました)

身体を動かしていると小さい悩みはどうでもいいと思えるようになるので

精神的にもポジティブに向いていきます。

ただ小さいことがどうでも良くなると(もともとがそういう人間なので)

ピアノを練習しているとすぐに

まっ、これでいいか

となっちゃうのが難点ですね。












秋の研究会、学会シーズンが近づいてきました。

のんびり、ぎりぎりまで何でもやらない派の私ですが

そろそろ発表の用意を始めています。



今日も発表用のスライド作りをしていて

“ひとくいてき”と打ったら

“人食い的”と変換されました・・。

一瞬何が起こったの?と思いましたが

“非特異的”と同音だったのです(一瞬わからなかった)。



ちょっと笑えました。

昨日、大学洋上セミナーが予定より一日早く帰国しました。

帰国が早くなった理由は

http://www.asahi.com/national/update/0903/OSK200809030001.html?ref=rss



学生の1人がベトナム沖の南シナ海で行方不明になったと言うことです。

1日に新聞の記事でそのことを知り大変心配していました。

ひょっこり見つかってくれることを祈り続けています。



2年前私が乗船した時にも 

消灯前の点呼で学生の1人が行方不明になると言う事件がありました。

全スタッフで船の隅々まで探し回りました。

そして・・

学生は誰もが思いつかない場所にいて元気でした。

深夜に見つかって力が抜けるような思いをしたのを覚えています。

もうちょっとでその学生の首を絞めそうでした・・。

今、この事を笑い話として話せるのはその学生が無事帰国できたからです。



今年行方不明になった学生は

深夜に洗濯室に行くと言って帰って来なかったそうです。

頭の中で洗濯室の位置(船尾部でしたね)、居室、デッキなどが頭の中でぐるぐる回っています。



新聞によれば、行方不明発覚後体調を崩す学生も多かったとの事ですが

今回乗船されたスタッフの皆様、大変なご苦労だったことと思います。

また

学生さん、特に同室の方、同じ班の方、班長さん、リーダーさんも

つらい思いをされた事と思います。



かろうじてここまで書きましたが

あとは言葉が出ません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。