上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ3月31日

今日を最後に仕事を止める人、転勤する人、同じ職場内で部所移動する人など

あちこち挨拶であわただしい日。



仕事帰りのロッカーでまた今日が最後の何人かにお会いしました。

皆さん、お元気で!

そして移動がなかったのに浮かない顔のYにも会いました。

聞けば責任ある立場に昇進するとのこと

“絶対いややと断ったのに~”とストレスフルの表情を浮かべています。

でも私は適任と思います。

みんなから慕われていて明るいYはきっといい○○になると思っています。

頑張って下さい!

スポンサーサイト

東京に転勤になった友人が出張で帰って来られたので

総勢8人で宴会をしました。



そのうちお一人が

小山ロールを持って来て下さいました。

http://www.es-koyama.com/column_story01.html



聞くところによると知人が2時間も並んで買ってきてくれたそうで、

超貴重品ですね。



小山ロールはお店に行かないと買えないのですが

その混みようはすごいらしいです。

http://www.es-koyama.com/index2.html

売れてくるとたいていは支店やらデパートでの販売ということになりがちですが

このお店は一切そういうことをされません。



そしてお味は

期待を裏切らない予想通りのおいしさでした。


宴会の主役がいつの間にか小山ロールに・・。

食べるのに夢中で写真を撮るのをすっかり忘れていました。


大リーグで果敢な挑戦を続けていた桑田投手がついに引退を表明しました。

桑田選手のオフィシャルページのブログにもそのことが書いてあります。

http://sports.nifty.com/kuwata-masumi/



以下4行は引用です。

心より、野球の神様に感謝し、

そして、長い間、僕を支えて頂いた友に、感謝の気持ちを伝えたいです。

ありがとうございました。



思えば清原、桑田がPLで活躍するころから

時代を代表する投手、野手が同じ高校で同級生をしているという運命。

そしてドラフトの後の二人の姿がまだまぶたに焼き付いています。

あれから約20年

二人はそれぞれの道を歩んでそして一人はボールを置くことになりました。

桑田投手のピッチングはもとより私は彼の天才的なフィールディングが好きでした。



まだまだやってほしいという気持ちと

お疲れ様、ゆっくり休んでくださいという気持ちが2分しています。

たとえばワンポイントリリーフとかまだまだ日本の球団でも活躍できそうな気もしますが・・。


今週初めから風雲急を告げ

メールがあちこちから入ります。

“○○に転勤になりました。”

“何とか残留決まり”

“また一緒に働けると思ってたのに残念”

など

そして今日はもう何回目?という感じの送別会

10年以上も一緒に働いた○さん、突然の転勤

“昨日メール送ろうと思ったけど会って話したほうがいいと思って”と

それ以外にも

私を支えてくれた人何人かの移動

もう、週の真ん中ということも忘れて飲みすぎてしまいました。

涙を流す人もいましたが私は泣きません。

彼らが新しい職場でますます輝くことを祈って。

そしていつかまた一緒に働くことができたらいいなあと心から思っています。


You Tubeをあさっていたら

ブレンデルの シューベルトピアノソナタD960を見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=BkH0cPzg-IU

http://www.youtube.com/watch?v=Y38s7vRM4f4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=fieLpth3PMA&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=ENsTVtWQcB4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=A_zNu_M5uM8&feature=related

シューベルトのソナタ 好きな曲がいっぱいありますが

このD960は後期の作品の中で一番好きな作品です。

天国のような美しさと崇高な精神性を感じます。

後期で好きな曲もうひとつあげるとD958

http://www.youtube.com/watch?v=rwH7ryxOHqg&feature=related

長いので一番好きな4楽章だけにしておきます。シフの演奏です。



中期にも好きな作品があります。

D664とかD568とか。

なぜか前の先生も今の先生もレッスン曲候補に挙げてくれません。

でもいつか弾いてみたいです。



さらに近くにこんなのもありました。

去年ザルツブルグで聴いたクアストホフのマスタークラスです。

http://www.youtube.com/watch?v=kl1OWwn5Gq8&feature=related

彼の人柄が良く表れています。

シューベルトの歌曲の中で最も好きな An die musicです。

http://www.youtube.com/watch?v=xyV54GwQTmI



こっちはびっくり

http://www.youtube.com/watch?v=qkwKK-NjryU&feature=related




1992年からほんの数年

“たかじんnoばぁー”というテレビ番組がありました。

ただ

たかじんとトミーズの雅がゲストと飲みながら話をする

それだけの番組でしたが

トークがやけに面白くて 土曜の夜の楽しみのひとつでした。



今回junkoさんがDVDを買ったと言うことで

今、借りてきて少しずつ見ています。

第1回放送のゲストは星野仙一さんと鳳蘭さん

星野さん、お若くてかっこいいです。



そしてたかじんと雅のしゃべくり(しゃべりではない)はやっぱり絶品!

感動的に面白いです。



また続きは次の週末に見よう~~っと。

junkoさん、ありがとう!

昨日から今日にかけて

この1週間の遅れを少しでも取り戻そうと練習したせいでしょうか

また左手首の痛みが出てきました。

特にサンサーンスを練習すると痛みがひどくなるようなので

今日はベートーベンとため息を見ていただく予定にしました。



レッスン前に手首を痛めていることを先生に話して、

サンサーンスで悪化した気がするんですと暗に今日は弾きたくないことをアピール



ベートーベンのソナタ6番は当初の予定では全楽章弾く予定でしたが

(あまり黒くない譜なので読めると思っていました)

やはり2~3はあまりにひどいので1楽章だけにしました。

結局今日はそれだけで時間がいっぱいになってしまいました。

1楽章に絞って練習したわりにはちゃんと練習ができてなかったことが露呈してしまいました。

特に右手オクターブのレガートができていない。

サンサーンスでもさんざん指摘されよく自覚してるので

一応練習したつもりだったのですが全然だめでした。

左手の分散和音も弱く弾こうとするとノンレガートに聞えるのでもっとつなぐこと。

クレッシェンドの方向が見えない。

ffが全然足りていない。

バスの音の質が悪い。

捨てる音が捨てられていない。

抜ける音をもっと抜く。

などなど



今日教えていただいた音楽用語

リンフォルツァート

今までスフォルツァートと同じ意味と思っていましたが(だって辞書にそう書いてあるんだもん!)そうではなくてそのあたりから強くという意味だとのこと。

リンフォルツァートの記号の前の音から強く弾きたいと言ってみたらそれでいいと。

家に帰ってから先日買ってほったらかしていた本

“これで納得!よくわかる音楽用語のはなし”という本を読んでみると確かに

スフォルツァートが“音ひとつに作用する”のに対して

リンフォルツァーは“ひとつのフレーズ全体に作用する”と書いてありました。

この本です。

http://www.musenet.co.jp/LPO/1/1-87.html

アレグロの本来の意味は陽気で速いという意味はないとか

ラルゴは幅広いという意味だとか

いろいろと面白い内容です。



今日のレッスンで先生に逆らってしまいました。

偽終止を強いまま弾き切った私に

そこはやっぱり弱くした方がいいと言われたんですが

強く弾きたいと申し出ました。

あんまり逆らったことないんですがここは強い方が絶対に素敵と思っていたのでつい・・。

心の広い先生はそれでもいいと言って下さいました。

(が、ひょっとして怒ってはるかも?)




















朝まだ8時なのに物音で目が覚めました。

あれっ、足音が頭の上から・・。

がばっと飛び起きました。

そうそう今週と来週 屋根修理と外壁の塗り替えを頼んでいたのでした。

目が覚めたついでに起き出して

ちょっと余裕を持ってレッスンに出かけます。

最近はいつも11時のレッスンです。

ほとんど昼から予定のある先生が朝一人だけならと入れてくださってるのです。

そしてレッスン後に昼食をご一緒するのが恒例になっています。

今日も11時からのレッスンですが

珍しく今日はもう一人 1時からのレッスンがありそのNさんに1時間早く来て3人で昼食会しましょうとメールで連絡しておいたのでした。

そして今日の昼食時に

先生が指揮をしている合唱団のコンサートの録音を聞かせていただきました。

コンサートのご案内はもらっていましたが

不肖の弟子はついつい山に出かけてしまったのでした。

コンサートはモーツアルトから現代の作曲家の作品まで幅広い構成で

ついつい最後まで(アンコールまで)聞き入ってしまいました。



6時半から研究会が神戸でありましたが

今日はその間の時間に一旦帰宅しピアノの練習をしました。

(といっても2時間くらいしかありませんでしたが)

今週はほとんど弾いてないのでかなりやばい状態です。



研究会はいつもの同級生が集まる気楽な会ですが

今日もホットな知見が聞けて面白い会でした。






仕事が終わってからの研究会

7時半からの予定が渋滞で集まり悪く開始が8時

終了が10時

懇親会終了が11時

また帰りが渋滞で帰宅は11:55



今週は送別会2回、宴会1回、そして今日で

ほとんどピアノ弾いていません。

今日こそは30分でも練習しようと思っていましたが

時間切れでした。

明日は朝から声楽レッスンあるので

今から譜読みです・・(新曲あるの忘れていました)。




もう数年続いていますが

私の実家の近くで梅見してから

実家で宴会をする会を今日行いました。

梅は満開を過ぎて少しさびしい感じ。

でも宴会はいつものとおり盛り上がりました。

来てくれたみんな、ありがとう!来年もよろしく!

おととい京都に帰る知人の送別会をしました。

彼女は単身赴任で週末だけ夫の元に帰る二重生活をもう4年もしていました。

週末ごとに電車で往復する生活に疲れたのでと、ちょっとほっとしているようでした。

お疲れ様でした。

新しい職場での活躍を祈っています。



そして今日は定年を迎えた上司の退官記念パーティー

“4月から何をされるんですか”

と質問してみました。

“悠々自適ですよ。でも僕は晴耕雨読が理想なんだが、かみさんが家にいちゃだめだと言うもんでね。今考えてるんですよ”

とおっしゃっていました。

そしてその場にいた定年が近い人も遠い先の人も

定年後をどうする?という話になりました。

することがなくなって困ってしまう、という人もいましたが

私はまず旅行、山行で1~2年はあっという間に過ぎてしまいそう。

まだ登りたくても行けていない山々が待っています。

海外オペラ三昧もしてみたい・・。

海外で暮らしてもみたい・・。

~まあ先の話ですね~



まだまだ送別会は続きます。

そして4月は歓迎会が待っています。




ここ数日のほんとに春爛漫と言う陽気

山もおいでおいでしていますし、

どうしても家にこもっておられずに山に出かけました。

今日は新神戸から市が原、トゥエンティクロスを経て徳川道から桜谷道経由で摩耶山を目指すことにしました。

先日引き返した天狗より今日のルートの方が水際で涼しげでいいと言うのが理由です。

たった1ヶ月で山はガラッと景色を変えていました。

日陰で凍っているルートがあるかもと念のためリュックの奥に忍ばせておいたアイゼンも全く不要でした。

写真は徳川道に入ったところの私の好きな松の間を抜けていくルート



梅も5部咲きくらい、山はすっかり春の息吹に満ち満ちて生命力満開でした。



今日のルートは川に沿って上がっていくのでとてもさわやか

水の流れる音を聞きながら進みます。



写真は山頂からの光景

わかりにくいですが

左が六甲アイランド、右がポートアイランドで

ポートアイランドの一番先端が神戸空港です。



さわやかな春の一日でした。

また明日からお仕事がんばりましょう。






先日、Mちゃんが送ってくれた動画です。

かなり笑えます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2415436



登録が必要ですがその価値ありです。

Mちゃん、いつもありがとう!!



それとこのバックに流れている曲パプアニューギニアかどこかの曲らしいのですがMちゃんがサビの部分が“バルサミコ やっぱいらへんで”て聞こえると言ってきましたがホントそう聞こえます。(大阪弁ですなぁ)

あと1:33くらいに“きれいなメロディー”とも聞える部分あります。

メロディーは外来語としても “きれいな”は?


今日もぽかぽかといい天気で春が満ち満ちています。

夕方からのレッスンなので適当に朝寝してゆっくり起き出します。

今日はレッスンも大事ですが

それと同じくらい名古屋国際女子マラソンも気になります。

これはどうしても見ずにはおれない・・。

それでテレビをつけたり消して練習したりの繰り返し

そしてちょっと目を離した隙に応援していた高橋尚子選手が遅れてしまいました。

テレビの解説者は

“最後までがんばってほしいです”といいようなコメントを出しますが

私は箱根駅伝の時も良く思いますが

“故障してるのなら無理せず棄権して次のレースでがんばってほしい”

と考えます。1回のレースで先のある身体を壊してしまっては何にもなりません。

レース前には明らかにされていませんでしたが昨年夏に膝半月版の手術を受けていたそうです。さかんに脚に水をかけていたのは熱を持っていたのかもしれません。何もないことを祈っています。

レース後に現役続行を表明されましたが、まだまだ若い!

とりあえずゆっくり休んでまず身体を回復させてほしいですね。



レースの行方を見届けてから落ち着いてレッスンに行きました。

今日もいろいろ考えて結局モーツァルトK310から弾きました。

(一番練習した順でということで)

モーツァルトは結構時間もとって練習も足りているはずはずなのに

いつまでもたってもちゃんと弾けた気がしません。

弾き終わった後の評価は一言ずつでまとめると

3楽章→わりといい

2楽章→ふつう

1楽章→無国籍(モーツァルトに聞えない)

一番練習した3楽章がわりといいと言われたのはちょっとうれしかったです。

2楽章は普通

“一音一音への選び抜かれたこだわりがない、普通に聞える。

つながるべきところのレガートが切れたりするとそこで聞き手をひきつける力がなくなってしまう。もっと濃い集中力が必要。”などなど

1楽章は無国籍(誰の曲かわからん)

“2ページ目はチェルニーに3ページ目はベートーベンに聞える。最後までモーツアルトが出てこない。”と。

確かに帰って録音を聞いて見るといっぱい練習して16部音符の速いパッセージが弾けるようになっているけど無機質に聞えます。

“何にもやってないように聞えてほんとは選び抜かれた音で一音一音もっと集中”

さんざんだめ出し後それでも では上がりにしましょうとのことで

次はベートーベンソナタをすることになりました。

実は先日来リンクしていただいているペンネさんのベートーベン6番の詳しいレッスン日記を読ませていただいて

”私もヤングベートーベン弾きたくなりました”

とコメント送ったりしていました。

次回の宿題はまさにその6番です。

暖かくて可愛くて楽しそうな曲です。



サンサーンス(暗譜2回目)はいろいろ問題ありすぎです。

前回レッスンで

“暗譜できたからあとは弾き込んでるうちに自然に弾けるようになりますよ”

と言われていましたがそうではありませんでした。

この曲は私レベルでは最初から最後までほとんど超絶技巧の世界なんですが

“全部本気で弾きすぎ、8割は気楽に”と言われましたが

気楽に弾くには程遠い感じです。



最後にため息の1回目レッスン

弾き始める前に

“暗譜できましたか?” との質問が

“暗譜どころかまだ譜読み段階の所も・・”と言うと

“こんなのは3日もあれば暗譜できるはず”と言い放たれてしまいました。

“和声分析もやってある?”と聞かれ(宿題ではなかった)

“ほんの少し・・”と

2度7が多く登場していますが、まだ数えないとわからないレベルです。



サンサーンスが次回くらいに上がりそうなので

その次の候補曲を挙げてもらいました。

希望を聞かれていつものように

“譜読みが易しくて、あまり長くなくて、癒し系”と答えると

シューマンソナタ

シューマン謝肉祭

シューベルト 142-3

ショパンスケルツォ

などが上がりましたが

どう考えてもシューベルト以外は癒し系ではありません。

シューベルトも確か変奏曲で長いんでは?

と言うと

変奏曲はいいです。

シマノフスキーかヘンデルバリエーションはとかいう話になったので

ここはシューベルトに決めちゃうのが得策のようです。




今日は朝からぽかぽかと暖かく春の陽気が感じられ幸せな気分。

身体もなまっていることですので

久々に少し走ってみることにしました。

4月には5kmですがマラソン大会にエントリーしてします。

今日は久しぶりなので20分走って10分歩きを2回繰り返しただけです。

走ったといっても歩くようなスピードですので息も上がりません。

それでも今日は暖かかったので汗ばむほどでした。

今日もいつものランニングコース

海岸線まで出て海を見ながら走るのが気に入っています。

事故のあった明石海峡ですが確かに船舶で込み合っています。

肉眼で確認できるだけでも大小合わせて20隻くらい確認できました。



写真は走る私の影

一生懸命ついてくる影が可愛くて撮りました。

カメラが写らないようにちょっと工夫。

そして速そうに見えるため腕を振っています。



こちらは帰り道、近くの神社で咲いていた梅。もう満開ですね。





身体を動かすと気持ちまで前向きにしゃきっとなります。

しゃきっとしたまま明日はレッスンに行ってきます。








去り行く冬を惜しんで鍋パーティーをしようということになりました。

何鍋にするか希望を募ったら

すき焼きとしゃぶしゃぶで2分され

代表者じゃんけんで決定することになりました。

勝ったのはしゃぶしゃぶ派代表でしたが

じゃんけんに負けたすき焼き派代表やっさんがあまりにも悔しそうだったということで、結局すき焼きになりました。

皆さんはどっち派ですか?

私は

すき焼きの方が厚みがあるので肉を食べてる~っと言う感じがして好きですが

鍋管理としてはしゃぶしゃぶが楽

すき焼きだと甘すぎ~もっとしょうゆ~

        辛すぎ~もっと砂糖~

 とか言われて落ち着かないので・・。

で今日はめんどくさいので割り下にしました。

お肉はおいしくて力がみなぎって来るようでした。

Aさんのお持たせ ワインとチーズ

Sさん手作りロールケーキもおいしかったです。


3月は送別会の予定がてんこ盛りです。

今日はその幕開けで

なぜか淡路のウ○ティ○ホテルでありました。

6時にホテル行きのバスが到着することになっていたので

6時までに仕事が終われば行きます~と返事していたのですが

なぜか終わりました。

なぜにわざわざ淡路で

なぜに月曜日に

と文句も多かったのですが

渋滞もなく40分くらいで到着しました。

お料理はさすが淡路島

海の幸がおいしかったです。



このホテルには中高時代の同級生が勤めていて

昨日メールしておいたら会いに来てくれました。

今年の同窓会はこのホテルに決まったとのことです。

皆さん、再会を楽しみにしています。






昨日から春の気配が感じられてわくわくしたので

今日は山道具を見に好○山○へ行ってきました。

山道具を見るとそれだけでわくわくします。

ちょうど新しい楽譜を買ってわくわくするのと少し似ています。



今日は春というのに新しいアイゼンを買いました。

先日の山行で久しぶりにアイゼンをつけましたが

ゴムが硬くてつけるのに一苦労したのでそろそろ買い換えようと思ったのです。

それで同じ4つ爪アイゼンを買おうとしたら

6つ爪を勧められて思いがけずそっちを買ってしまいました。

(店員さんがちょっといい男だったからかも?)



5月の連休に久しぶりに大山登山を企画しています。

思い出せば数年前

5月だから大丈夫とアイゼン持たずに行ったら

6合目から上ほとんど雪が残っていて大変苦労しました。

今回は装備も万全で望みたいです。



アイゼンを買ったらすぐにでも山に登りたくなりました。






昨日、駅まで歩いていく途中で梅の木のつぼみがもう膨らみ始めているのを見つけました。

今年の冬は寒さが厳しかったので春の訪れが特にうれしいですね。



こういう時、季節のある国に住んでいて良かったなあと思います。

おととしの大学洋上セミナーで訪れたオーストラリアのダーウィン

真冬なのに暑かったことを思い出しています。



新聞には梅便りが載るようになり

何と大阪城公園や須磨離宮公園ではもう7分咲きなんですね。

これは近いうちに山に上がって須磨に下りるルートを計画するべきですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。