上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨日帰るときには結構雨が強く降っていたのですが

今朝も快晴

今日も徒歩で会場に向かいます。

写真は会場に向かう途中で撮りました。

横浜らしい光景です。

夕方までしっかり(?)勉強して

新幹線で帰って来ました。

今、気が付いたんですけど

今日は6月30日

明日から7月

今年ももう半分終わったんですね。

今年も1年が早そうです。


スポンサーサイト




昨日は移動日で桜木町の近くのホテルに泊まりました。

今朝起きるととてもいい天気だったので会場のパシフィコ横浜まで歩いていきました。

今日の目玉はノーベル物理学賞受賞の江崎玲於奈博士による特別講演

題して “限界への挑戦”

サイエンスとは何か、から始まり

ご自身の研究のこと

そして

ノーベル賞を取るための5か条

教育のことなど幅広く語られました。

その後はポスターの会場へ

写真はポスターセッションの発表風景です。

無事発表を終えて

夜は中華街で同門ゆかりの人が集まる懇親会

30人以上も集まりました。

数年ぶりに会う顔、1年ぶりに会う顔、しょっちゅう会う顔、

話も弾んでなかなか楽しい会でした。

料理はおいしかったんですが私にはちょっと辛すぎました。

神戸と横浜、

いろいろと似ているところもあってよく比較されますが

中華街に関しては圧倒的に横浜の方が規模が大きいですね。

迷子になりそうでした。

誘われるままに2次会まで行って

ホテルに帰ったのは翌日になっていました。


昨年、友達になった小学5年生のゆうきちゃんは

生まれつき左上肢が肘先までしかない障害児です。

しかしそんなことは微塵も感じさせないくらい明るく

大人顔負けのしっかりとした考えを持つ強い女の子です。

音楽が大好きで児童合唱団で歌い

また6歳からピアノのレッスンにも通っています。

ちょっと生意気でかなり年上の私のこともチャン付けで呼びますし

大人の会話にも平気で入ってきて大人のような発言をします。

でもバレンタインデーに手作りのチョコをくれたり

去年船に乗る前には小物を入れる巾着袋を作ってくれたり

女の子らしいやさしさも感じられます。

にくてんやの看板娘でお店のお手伝いもよくしているそうです。

3年前に第1回ピアノパラリンピックが横浜で開催されたときは選ばれて出場し堂々と演奏して私はDVDを見せてもらい感動を覚えました。

私の勤める職場のクリスマスコンサートでも

去年ピアノを披露して聴衆に勇気を与えてくれました。



そのゆうきちゃんが

な、なんと

この12月

カーネギーホールや国連で

演奏することが決まった!

と昨日お母様が教えてくださいました。

すごいことです。

がんばれ、ゆうき、応援してるからね!






昨日お祝いに頂いたものの中に混じって

2004年に第9を歌った時のDVDがありました。

ケーブルテレビの録画で

うちの家は契約してないのですが

同じ市に住んでいる友人から

テレビに出てたでしょ

と言われたわけがわかりました。

指揮は延原武春さん、オーケストラはテレマンで

ソプラノのソロを中村朋子さんが務められていました。

2004年以降忙しくて第9はご無沙汰しています。

そのせいで昨日は懐かしくDVDを見ました。

中村朋子さんは友人の入っている合唱団の指揮をされていて

打ち上げでそんな話をしたのを懐かしく思い出しました。



夜、いつもの時間にベッドに入りましたが

珍しくなかなか寝つけず

頭の中でピアノが次々に鳴っていました。

マゼッパ、フォーレ、ショパン、シューマン、シャコンヌなどなど。

なぜか飛翔まで鳴っていたんですがその理由はここには書けません!

うとうとしては目が覚め結局本格的に寝たのは3時頃でしょうか?

それなのに6時過ぎに目がパッチリ開きました。

どうしようかと考えましたが

溜まっている仕事もあるし早めに出勤することにして起き出し

珍しく録画でないハイビジョンクラッシッククラブをつけると

何と

中村朋子氏が

ヘンデルメサイアの シオンの娘よ大いに喜べ

を歌っているところでした。

大好きな曲です、残念ながらとても歌えませんが・・。

指揮はやはり延原氏でした。録音は夙川カトリック教会とのことでした。

中村さんの声はとても美しくてこういう曲にぴったりと思いました。



昨日来るはずだったピアニストの友人は去年延原さんの指揮でコンチェルトデビューしています。

彼女は仕事で来れなかったのですが(ほっ)お母様が来られていて

今年はコンチェルトしないんですか?

などとお話していました。

延原氏3連発でした。



昨日から今日にかけて

友人から暖かいメールをたくさん頂きました。

ほんとにありがとうございます。

一部紹介

“真っ赤な薔薇は大人の素敵な女性にしか似合いません。○○にぴったり”(薔薇の花束をくれた友人)

“こんどゆっくり飲みましょうね。○○に会えてすごく良かった。○○の性格大好きです”

“○○のすごさが良くわかりました”

“ラフマニノフを素晴らしく弾き込まれていて本当に感動しました”

“初めてピアノ発表会に行きピアノ心地のよい一日を過ごせました”

“次回も必ず行きます”

“なんか、聴いてて胸が熱くなりました。ほんとに!!”



などなどほんとに素敵なコメントありがとう!!

中に

“次回は先に鍵盤を拭きますか?”

なんて言うのもあって笑えました。



お花以外にもらってうれしかったのは

リベラのアルバムから入るだけ入れてくれたCD

リベラとはボーイソプラノユニット

http://www.toshiba-emi.co.jp/libera/

NHKのドラマ“氷壁”のテーマ音楽と言えばわかる方が多いのではないでしょうか?山の美しい光景とこの音楽が素敵にマッチしてセットで記憶しています。

今日はこのCDを聞いて休むことにしましょう。

きっとゆっくり眠れそうです。



たくさんの友人に囲まれてほんとに幸せだなあと実感したこの2日間でした。


発表会当日を迎えました。

夕べもぐっすり眠れたし

今朝の朝刊の一面にはなんとも美しい彩雲(さいうん)の写真!

彩雲とは雲に含まれている氷や水滴で太陽光が屈折し、雲が虹のように(これが伏線)七色に輝いている気象現象のことです。

楽屋に荷物を置いて

まずはリハーサル

きれいなホールではじめて弾くベヒシュタインも思ったほど鍵盤重くなく

まあまあ弾きやすいかなといった感じ。

昼食を済ませいよいよ開演。

順番を待っている間って本当にいやですね。

早く終わってほしい~

と先に終わった人をうらやみます。



いよいよ本番、

客席には声をかけてなかった友人まで また聞きでかけつけてきてくれて

トータル19人も!

(プログラム足りなくなったのは私のせいかも)

3番から弾き始めます。

1ページ目の最初でなぜかかすった音があり

気にせず進んでいくと

2ページ目の真ん中くらいで本格的に指がすべりとなりの音を弾いてしまいました。

あっと思う間もなく

次の音がわからなくなりました。

しばらく探って潔くあきらめページの最初に戻りました。

今回の曲は2曲とも暗譜に苦労しなかったので油断して

どっからでも出られるようにようには準備してなかったんですね。

そういうのも敗因です。

後はちょっと記憶が飛んでますね。

とりあえず最後まで弾かなくっちゃとそれだけでした。

途中で気が付いたのですが

鍵盤にべっとりと虹色に輝く油染みが・・・。

美しい天井の照明を浴びて7色に光っていました。

そういえば前回の声楽のレッスンの時に

先生が鍵盤を丹念に拭きながら

昨日弾いた人が思いっきり油手で

と言っていたのを思い出しました。

手に汗をかく人は多いけど油を分泌するタイプもあるそうで・・。



で、4番を弾く前に鍵盤を拭いたのですが

そのときに音が出てて

友人1

“そういう音楽かと思った”

ーそんなあほなー

友人2

“憎憎しげに鍵盤を音立てながら拭いてたのが面白かった”

ー憎憎しげにというのがいいですねー

4番は直前の練習ではずしたところは弾けて

弾けたところははずして

やっぱり動揺から立ち直れてなかったかもしれません。

アクシデントがあったといってもこんなんで崩れるようならやはり準備不足でしょう。

言い訳は出来ません。



昨年船でご一緒したE先生ご夫妻も来ていただきました。

E先生のコメント

“最初OKでしょ、最後OKでしょ、だから全然OKでしょ”

と面白い日本語で慰めてくれました。ありがとうございます!



終わってから約束どおり

来てくれた友人たちとご飯(と言うかビールが目的!)に行きました。

ビール、おいしかったです。



これに懲りず次回の機会にリベンジ目指してがんばりたいと思います。

今はたくさんのお花、お菓子に囲まれています。

胸はしくしく痛むけれど

立ち直りの早い私ですからすぐに回復するでしょう。

聴いていただいた皆様、ありがとうございました。

当たり前のことですが

いつかは本番の日が来るのですね。

いつの間にかもう10数時間後が本番と言う状況になりました。



今日の過ごし方

一切の誘いに乗らず予定をゼロにしました。

髪ぼさぼさでもいいじゃないって美容院も行かず。

まず数週間の疲れをリセットするため

朝は存分に寝る、つもりが

8時過ぎに目覚めました。やっぱり緊張してるんでしょうか?

ゆったりと朝ごはんを食べて

まずは 明日着る予定のドレスと靴を身に着けて

MDもセットして1回目の通し練習

珍しく一回目にしてはましじゃない 

と思いながら弾いていると

電話が鳴ります。

電話に出るとやはり不動産のセールス

思い切りむかついて

“今、忙しいのでもう電話しないで下さい”

と言うと

“じゃあ暇なお時間にかけます”

との返答

“ずっと忙しいのでかけないで下さい”

と応戦しますが

“そんなことあるわけないすよね”

とため口で失礼なことを言ってきます!!

ナンバーディスプレイにしていますが

そのあと今日だけで3回もかけてきました。

もちろん電話には出ていません。



気分が害されたので

2回目の録音は暗譜が飛んであせりました。

今回の曲はあまり暗譜が難しくないので

真剣に覚えようとしなかったのですが

それでもほとんど飛ぶことはなかったのにちょっとショックでした。



何回か通し練習をして

弾けたり弾けなかったりの成功率の高くない箇所を練習。

でも今日は弾きすぎに注意、

手首も少し痛むのでほどほどにしようと思いました。



あと、友人たちに“明日来て”メールをかなり出しました。

返事に

“今回は写メールなしにします”

というメールが来て笑いました。

数年前、おじ様コーラスの伴奏をした時に彼女は聴きに来てくれたのですが

本番のさなか

ちゃらら~~ん、という携帯のシャッター音が

ピアノ弾いている私にもはっきり聞こえました。

後で聞けば彼女が友人に送るため動画を一生懸命撮ってたのですが

あんな大きな音がするとは知らなかったって(笑)



もう今日は練習やめて

ランランのピアノでも聴いて寝ることにします。

明日の本番は走らないように自分の音を良く聞いて味わって弾くことが目標です。

素敵なホールなので楽しみです。








研究会の流れで飲みに行きました。

飲みながら

“なんとかベースキャンプって知ってる?”

と聞かれて

だいたい言いたいことはわかりました。

今流行の軍隊式トレーニングを応用したエクセサイズの

“えー?登山やないからベースキャンプはないやろ~”

“ビートキャンプ?”

じゃなくてとかうろうろしてると

やはり一人くらい覚えてる人がいて

“ビリーズブートキャンプ!”

“そうそう”

“チェックしてたのに思い出せない~~”

初めて出会う言葉を覚えにくくなりました。

母が

“おばさん、胸にヘルスメーター入れるみたい”

とか言ってたのを笑えなくなりそうです。




いよいよ1週間を切りました。

来週の今頃は開放感にあふれておいしいお酒を飲んでいることでしょう。

今日も最初は前のレッスンの方に聴いていただきました。

もう先生以外に何人いようが一緒、

というか先生に聴かれているだけで緊張するので

∞+1=∞

といった感じで緊張度は同じです。

3番はともかく今日も4番、自分の実力以上のテンポになってしまいました。

いろいろCDやYou Tubeで名演奏を聴いたせいか

自分が聴いて心地よく思うテンポはかなり速いので

実力とのギャップに悩みます。

かなり影響を受けやすいタイプです。

高校生の時、発表会でシューマンの飛翔を弾いたのですが

その時の先生は

出来上がるまでCD聴いちゃだめ派だったので

最後のレッスンで

何とかできあがったので御褒美にCD聴かせてあげようと言うことになりました。


聴かせてもらったCDは とてもとても素敵な演奏で

でも私の弾いてきたテンポより少し速かったのです。

で、数日後の本番ですが

そのCDのテンポが頭からこびりついて離れず

何箇所か崩壊しました。



その時の間違いを繰り返さないため

1週間前からCDを聴くのをやめました。でも頭の中に残っていますね。<やばっ>



今日のレッスンで教えていただくまで全く想像もつかなかったことがあります。

4番の方の43小節目にドミソの和音が出てきます。

これは何度の和音と聞かれて絶句しました。

CdurのⅠ、Emoll Ⅵ どちらでもないと

時間切れで教えてもらいましたが

EmollのⅤ度上の属9、第5音の下方変位の第2展開形

(根音はともかく第3音までも省略)

とのこと。

ただのドミソではなくすさまじいエネルギーを発している和音であるとのこと。

ひえ~~。

ジャーマンシックスは確かに習ったけどまさかこれがそうとは・・。

あまりに私の出来が悪いので先生の方も絶句しておられました。



残りの時間でショパンのノクターン13番少しだけレッスンしてもらいました。

といってもこの1週間全く弾いてなかったので

ポーズで楽譜を持って行っただけ(絶対時間切れになるとの勝算で)なので

あせりましたがアルペジオの弾き方など教えていただきました。


前回のレッスンの時に

発表会の出番が遅すぎ、もっと早くしてください~~

と直訴していたので

少しは早くしてもらえたかと昨日先生のホームページを見てびっくり

ますます遅くなっていたんです。

昨日見てひっくり返りそうでした~~

と訴えたんですが、いろいろ事情は教えてもらいましたが変わらなさそうで

どきどきは1週間続きそうです。




1時から とあるパーティーに出席

余興として

今日は諸先輩方の歌の伴奏を務めました。

写真は今日弾いたピアノ、

故朝比奈隆さんのサインがありました。

今日の好評は アメージンググレース

アンコールがありました。

全く合わせなしでぶっつけ本番の割にはうまく行ったと思います。

飲んでるので甘い評価です。



夜はうちで来週に迫ったピアノの発表会の予行演習を兼ねてパーティー

料理は皆さん持ち寄りということで

私は適温のワインとビールをお出しすることに専念。

そして肝心の演奏ですが

ワインを飲みすぎた割には

ましだったかも・・。

まあ、聴衆も酔ってるのでこちらも大甘。


泣いても笑ってもあと1週間です。




一日練習できる日も今日が最後。

今日は弾くぞ~~っと朝から気合が入っていました。

しかしファーストタッチはさんざん、

練習しているとだんだんよくなるけれど一晩寝るとまた戻る感じ。

指使いもまだ迷っている箇所があり

定着に時間かかることを考えると今日くらいが指使いを変えるリミット。

難しい箇所も成功確立80%以上になかなかなりません。

高校生の時、バスケット部に所属していましたが

ロング、ミドルシュートの練習で

シュートを放ってからボールがゴールに届くまでの間に

成功したかどうか予測して叫ぶという方法がありました。

シュートを放った直後に

“入った”とか“落ちた”とか叫ぶんですね。

これはもちろん次の行動に早く移るということもありますが

シュートが成功した時の体の使い方を覚えるという目的だったのではと思います。

今日、ピアノを弾きながらそんなことを思い出していました。

シュートが成功した時の脳に伝わる快感とともにそのときの体の使い方を覚える。

ピアノも同じでうまく行ったときの体の状態を記憶できればいいのですが・・。






来週も再来週も帰ることが出来ないので

1週間早く父の日のプレゼントを持って実家に帰りました。

難聴も進んで特に何かを語り合うというわけではありません。

ただ一緒に食事して一緒に飲んで・・というだけですが

妙に落ち着く時間です。

今日は仕事でくたくたに疲れたので

とてもピアノの練習は出来ないと思っていましたが、

来週の土曜日にあるとあるパーティーでピアノ伴奏を頼まれている曲を少し練習することにしました。

こっちの方が本番としては早いので手付かずではと思い弾いてみました。

といっても

数年前に弾いたことがあるのでなんとなく音は覚えていました。

ビリージョエルの Just  the  way  you  are

サザンの いとしのエリー

そしてアンコールに(来るんでしょうか?) Amazing grace

3曲ともいい曲なので本番が楽しみです。

Just  the  way  you  are よく読むと素敵な歌詞です。

日本語訳は“素顔のままで”となっています。

いい訳だと思うのですが

もっといい訳がありそうな気がして

お風呂につかりながら考えていましたがすぐには浮かびません。

“あるがままの君でいて”とか、ちょっと硬いですかね。



さっきメールで追加の伴奏を頼まれました。

こっちは別の方が歌います。

雨の御堂筋

銀座の恋の物語

ですって。

好みが良くわかります。


発表会まで今日を入れてもう2回しかレッスンはありません。

気合が入っていたのか、昨日夜更ししたのに8時に起きました。

今日はレッスンの私の前の方に聴いてもらうという約束だったので

緊張感もいつも以上でした。

もはやショパンもリストもぽいっとほかして

ラフマニノフのみ練習して来ましたが

まだまだ完成の域には程遠いです。



レッスンは最初にレッスンの前の方と先生に聴いていただきました。

いつもと違うシチュエーションで緊張する(緊張しても弾ける)練習と言うことなのですが

きっちり緊張できていつもは飛ばないところで暗譜が飛びました。

そして昨日の練習で成功確立80%くらいに上がってきて機嫌よくしていたところを

失敗しました。

“ちゃんと緊張できました。聴いていただきありがとうございます”とお礼を言いました。

その後通常のレッスンが始まりました。

楽興の時3番は(4番もですけど)物語のような曲で

今日のレッスンも

音の長さや、抜け切れない音の指摘以外は

“静かに激す”

“そこは言いたい事ぶちまける感じ”

“呼吸乱れるほどの語り、激して”

“涙涸れ果てて”

と言った内容

私の持ってるイメージはかなり優柔不断な男が(どうしても女性のイメージがわかない)

振られた彼女をあきらめきれず

嘆いたり、怒ったり、泣いたり、でも気を取り直してがんばって生きていこう、でもやっぱりつらい、あきらめよう、いやあきらめきれない、でもあきらめざるを得ない、でもあきらめきれない・・と続く

と言ったものです。

優柔不断系キライなのでうまく弾けるでしょうか?

4番は、一転して技術がまだまだついて行ってないので

どうしても弾けないところの指使い変えられたり

ペダリング直されたり

練習方法を教えてもらったりしました。

急いでしまって自分の首を絞めているいつものパターンが随所に見られ

録音を聞くと非常に良くわかりました。

弾けないパッセージでは意識を持つ音を決めると弾きやすくなる

と言うことを教えてもらいました。

そんなことで?と思いますがこれは本当でした。

まだ3週間あるから出来ますよ、と言ってもらいましたが

今日の内容ではまだまだ舞台に乗る自信がありません。



帰りに三宮のデパートに下着を買いに行きました。

発表会に去年歌の伴奏で着たドレスを着ようかと思っているのですが

その時下着の紐見えるよ、と何回も直されたのでストラップレスの下着を買おうと思ったのです。

1年に1~2回しか行かないのに

ここの店員さんは私の顔をしっかり覚えていて

名前も言わないのにすぐにサイズを書いたノートを出してきました。

とても感じのいい店員さんで

体に合わないものはいくら私が気に入っていても絶対に勧めません。

だから安心して買うことが出来ます。

プロ意識の乏しい店員さんが多い中

いつも彼女には感心させられます。



帰りの新快速は込んでいて座れなかったのですが

前に座ってる人が真剣に勉強しています。

見るともなく見ているとどうも介護福祉系の教科書です。

熱心だな~と感心して見ていました。

その時、人を押しのけるように必死の形相でおばあさんが近づいて来られて

“トイレはどこですか~~?”

と聞かれたので

“この前の車両ですよ”

と答えました。

その声に気付いてその勉強中の女性ががばっと顔を上げ、

良く見ると同じ職場で働いている方でした。

通信系の大学に行っていて

今日は大阪までスクリーニングに行ってたとのこと。

朝8時から今まで講義があって

課題もどっさり出たとのことでちょっと疲れておられました。

お互い明日から仕事ですしね、大変ですよね。

とか言いながら帰ってきましたが

働きながらの勉強はやっぱり大変そうです。






久々の研究会のない土曜日

まず朝寝を思い切り楽しむ。

目覚ましをかけずに眠りに付く瞬間がこの上なく幸せ!!



昼は明日のレッスンに備えてひたすら練習。

まだ成功率の低い箇所が何箇所かあり

そこを重点的に練習しました。



夜は友人とグルメに出かけました。

友人推薦のペルージャ(旧ジャンムーランのシェフがいるという)は予約がいっぱいでだめ

それで和食のなが坂にしました。

カウンター7席しかない小さなお店ですが

料理の一つ一つのレベルは高いです。

料理がおいしいのでお酒も進んで

ビール、冷酒を結構飲んでいました。

2次会はカクテルバーに

そこは私が社会人になりたての頃からのお気に入りで

注文しなくても好みを聞いてお勧めのカクテルを作ってくれます。

昨日もお勧めの新作を飲みました。

おいしくて何杯でも飲めそうでしたが

翌日のレッスンのことを考えて2杯でやめました。

このお店にはいっぱい思い出があります。

一番の思い出はもう7~8年前になると思うのですが

私が幹事でアメリカに旅立つ友人と、フランスに旅立つ友人の送別会をしたことがあります。

2人とも2~3年は帰ってこないということで

約10人で盛大に送別会をしました。

1次会、和食のお店でビール、冷酒を飲み

2次会、そのとき “僕、カラオケボックス行ったことないから行きたい”と言った先輩がいてカラオケボックスに、そして ワイン、ウイスキーを飲む。

そして12時も過ぎたしお開きになったところで

フランス行きのKちゃんがぽつっと

“もう3年間も三宮で飲めない・・”

と言ったもんだから幹事として

“もう1件行こう~~!”となってしまって

主賓の2人と私の3人でそのお店に行って

カクテル飲みまくりました。

私はめったに二日酔いしないのですがその時はひどかった。

会は土曜日だったのですが、日曜は一日寝ていました。

月曜日、仕事に行きましたが、朝も昼も食べられず

夕食、やっと食べられました。

あとの二人も帰国後に会うなり

“あの時はひどかった~~”

とその話ばかり、

引越しの荷造りで大忙しの日、一日寝ていて顰蹙買った~~。

起きたら吐くので寝てるしかなかった~。

と言う具合でした。



今日はまじめに電車のある時間に帰りましたが

Oちゃんは不良してもう1件行ったようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。