上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズオ・イシグロの新刊を見つけてしまいました。

船の中で読もうと買ってしまいました。

ほんの少しだけと読み始めたらもう止まりません。
この忙しいときに読み始めるべきではなかったのに・・・。

で、

読み終わりました。

カズオ・イシグロは長崎生まれですが5歳のとき父親の仕事の関係でイギリスに渡り 石黒一雄ではなく カズオ・イシグロとして執筆活動をされています。もちろん小説は英語で書かれ私は日本語訳を読んでいます。

ブッカー賞を受賞した“日の名残り”が有名で 私は“日の名残り”と “遠い山なみの光”を前に読みました。



“私を離さないで”を読み終えて

一言で言うと 悲しくて恐ろしい小説。

死ということを改めて考えさせられます。

キャシーという主人公が淡々と語っていきます。

想像上の話なのに非常に生き生きと描かれており

読み進むにつれてどんどん先が読みたくなり、

最後まで止められないのはこの作家の普通でない力量なんでしょう。

土屋政雄さんの翻訳もすばらしいです。

“日の名残り”を読んだときにも感じましたが

日本語というのは本当に美しい言語なんですね。

それを再認識させられる翻訳でした。

原書も読んでみたいです。


スポンサーサイト

  昨日、何気なくテレビをつけると日本の名峰という番組をやっていました。視聴者の投票で日本の名峰50が選ばれそれを紹介すると言う内容でした。われらが六甲山が50の中に入っていたのは とてもうれしく思いました。幼稚園のころから多分100回以上は登っただろう六甲山、ルートも豊富、それぞれの登山道から見える風景も、そして自然も美しい。夏山を目指すときにはまず春からこの山でトレーニングを開始します。最初はゆっくりとまず摩耶山か六甲山を、徐々にルートを延ばし仕上げは菊水、鍋蓋、天狗を経て摩耶山というルートを荷物を背負って登ります。

 一昨年大雪旭岳に登った時、山頂で一緒になったパーティに君たちどこから来たの?と聞かれ、兵庫県と答えると、いかにも関東から来たと言う感じの東京弁で “兵庫県?だめだな。名山ないじゃーん”と言われ かちーんと来て “六甲山というすばらしい山があるんですよ” と言ったのを覚えています。彼らにとって名山とは深田久弥さんの百名山のことだったのです。彼らは頂上を踏んだらもう意味はないとでも言うように 明日は羊蹄山を目指すと そそくさと来た道を下りて行かれました。私たちは層雲峡まで縦走したのですがその道のすばらしかったこと! ピストンでは味わえない感動が縦走にはあります。百名山がブームになってからこのパーティーのように百名山の頂上を踏むことだけを目標に登っているような登山者を多く見るようになりました。確かに百名山にはすばらしい山が多いと思います。しかしそれ以外にもいい山は多く、また縦走もピストンの数倍感動的であることを知っていただきたいと思います。

 北岳に登った時も多くの登山者は北岳で下りていかれますが、塩見岳までの縦走(ほんとに歩いている間に誰にも合わないほど人気がない)がとても楽しかったです。熊の平小屋も北岳肩の小屋と比べようないほどすいていて快適でした。縦走の楽しさはルートから見える風景の移り変わりでしょう。北岳の山頂から小さく帽子のように丸く見える塩見岳が歩くにつれて大きくなって行くのも当たり前だけれどわくわく感動します。


 あと5日で出発となりました。出発までに片付けることがいろいろあり半年休でも取れればと思っていましたがやはり無理でした。今日は簡単に仕事の引継ぎをしたり、たまっている書類を片付けたり、10月に迫った講演会の用意等ばたばた過ごしました。思いがけずいろいろな人が助けてくれてラッキーなこともあり感謝。


 11月が本番のコンサート、私は友人たちの歌の伴奏をすることになりました。歌手は大学時代のテニス部の同級生と後輩です。テニスで一緒にいい汗を流した友人と今度は本番で冷や汗を(かかないように練習します)。曲目はモーツアルトのオペラからソロ2曲、デュエット2曲で、素人のことですのでやはり簡単には合いません。考えていることも微妙に違うことが感じられました。次回は友人の声楽の先生にみてもらう予定なので何とか本番までに修正できるでしょう。


 今日もアイポッドへの詰め込みの続きですでにCD60枚以上詰め込みました。数ヶ月の航海でもOKと言う感じになってきました。でも実際船の中で何が聞きたくなるかはその時にならないとわかりません。今日入れたアルバムの中で久々に聞いて良かったのはジェシーノーマンとジェフリーパーソンのライブ(1987年)、井上陽水のゴールデンベスト、シフのバッハフランス組曲など。何年も聞いてなかったCDって聞き始めるとやめられなくなり時間がたつのを忘れます


 8月15日から1ヶ月の予定で出張します。大学洋上セミナーのスタッフとして参加することになったのです。大学洋上セミナーとは大学生対象のセミナーであり、船でオーストラリア、シンガポール、広州を訪れ、学生は船内で講義を受け、訪問国では種々の交流活動を行います。学生にとっては非常に貴重で有用な経験になると思われます。私は10年以上前にもスタッフとして参加しているので今回が2回目です。前回いろいろと貴重な体験をさせてもらい また諸大学の先生と親しく交流させていただき いまだに同窓会が行われています。船と言う特殊な閉鎖空間ですので初めて知りあった人でもまるで以前からの知り合いのようにすぐに親しくなります。前回も30日の旅ということでいろいろと用意しましたが、まだアイポッドなるものもなく携帯CDプレーヤーに小さいスピーカーと厳選CD約10枚持ち込んだのを覚えています。どのCDを持っていこうかかなり迷ったのを覚えています。今回出張が決まって真っ先に購入したのがアイポッドです。現在CDを詰め込む作業に追われているのですが悩まず何枚でも詰め込めるのがありがたいです。しかし前回厳選CDを船の中で繰り返し繰り返し聞いたのもいい思い出です。今回もいい旅になることを祈って今作業を続けています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。